タイフェスティバル2013大阪

2013/05/22

土曜日の午後、大阪城公園にトゥクトゥクの隊列。写真をとる人、電話する人、日陰でのんびりくつろぐ人。なんともまったりした時間の流れる空間♪




毎年楽しみにしているタイフェスが今年も大阪にやってきました!


昨年から会場がこの大阪城公園になってアクセスが良くなったせいかものすごい人手で、昨年は楽しみにしていたタイ料理屋台がどこもものすごい行列。おかげでタイ料理の昼食はあきらめて近くのビジネスパークのサブウェイでサンドイッチという寂しい昼食でした。これにこりてタイフェスでのランチはあきらめて軽く昼食をとってからやってきましたが、意外に人手も少なく失敗〜!


それでもチャンビア片手に気を取り直して場内をぐるりと一周。




そうこうしているうちにステージではタイ舞踊がはじまりました。いつもながら綺麗な衣装です。




今回の出し物ではタイの伝統的な衣装の着付けショーが特におもしろかったです。1枚の長い布がスカートになったりズボンになったりかわいい上着になる過程が興味深くて、着終わったら客席からも「かわいい〜」の声が上がっていました。




日タイ友好!


いつまでもいい関係でありますように〜♪




そして一番のお楽しみはタイのアーティストによるコンサート。

今年のタイフェス大阪での1番手はナット・サクダートーン。可愛い系男子ということでおばさんのファンが黄色い声を上げています(笑)安室奈美恵にあこがれて大学で日本語を専攻したと話していましたが、タイ語と日本語を交互におりまぜたコミカルで好感の持てるMCは楽しかった。彼の見た目だけでない可愛い人間性が良かったです。




そしてタイのアーティストといえばファンとの距離感が近いことに驚かされます。歌いながら客席のほうへと出てきてファンとの記念撮影にもにこやかに応対します。時にはファンの肩を抱いたり手を握ったりとサービス満点。しかも歌いながらだから恐れ入ります。その行為のどれもが商業主義の人気取りというよりも人間対人間の関係性、その距離感の近さと感じられます。

そういうことがごく自然に行われて、もう日本では考えられないなと。このナットの直前には日本のアイドルグループ「ベリーズ工房」とやらが前座で歌っていましたが、場内アナウンスではあれ禁止、これ禁止とうざったいこと。挙句の果てには「写真撮影禁止で見つけたらコンサート中止」とかのおどしが流れる始末......(^^;エライチガイヤナァ
そこまでしないといけないくらいファンの質がひどいのか? それもあるのかもしれませんが...... きっと見るほうにも見せるほうにもおおらかさと節度が足りないということなんでしょうか。


それに対してタイアーティストの時間になればこのおおらかさ(笑)お国柄と諸事情があるにせよこんなところにもタイという国のお国柄が感じられて、あの国にいるときになぜあんなにも心がリラックスできるのか、日本にいるとなぜこんなに心が窮屈なのかの理由が少し分かる感じがしました。




さて、2番手は一番楽しみにしていたパオワリー・ポンピモンです。(PAO-Paowalee Pornpimon พรพิมล เฟื่องฟุ้ง)
ルークトゥンというジャンルの音楽の歌手ですが、このルークトゥンは歌謡曲を演歌のようにこぶしを回して歌う独特のスタイルが魅力な音楽です。と言っても実際にはものすごく幅の広い音楽で、懐かしい昭和歌謡のような曲からポップなもの、また時には子守唄のようにゆったりしたものやディスコミュージックっぽいものまであります。もう何がルークトゥンでどこからがそうでないのかもうよく分からないのですが、タイ独特のメロディーのゆったりした曲なんかはほんとうに心に染み入ります。


そして今回は初めて生で聴いた”本物のルークトゥン”でもあります♪ もう最初から終わりまで、感動しっぱなしでした。いつかタイでルークトゥンやモーラムを心ゆくまで聴いてみたいものです。




元気いっぱいで表情豊かなパオワリーですが、オーディションからいきなり映画の主役を射止めたシンデレラガールなんだそうです。しかもその映画がルークトゥンの大スターであるプンプアンの生涯を描いたもので、もうルークトゥン界の後の世代の大スターへの道まっしぐらだとか。

ちょうど今日その映画のDVDがタイから届いたので、週末にゆっくり楽しんでみたいと思います♪ 映画の中で歌うパオワリーが楽しみです!




タイのアーティストはみんなそうですが、ファンに対して本当に気さくに接してくれます。




こんな風に接してしまったら、もうダメですね......

一発でファンになっちゃいますよ(笑)




僕も2日目のコンサートの後に、ほんの少しパオワリーと言葉を交わす機会に恵まれました。といってもCDにサインを求めただけなんですが......(^^;

でも、パオワリーはとっても気さくににこやかに応対してくれて、一緒に写真にも写ってくれました♪

もう感動でした〜(*^^*)




3番手はゲーム・ウィチャヤニー。(GAM-Wichayanee Pearklin,แก้ม-วิชญาณี เปียกลิ่น)

昔、日本にあったオーディション番組のスター誕生のタイ版みたいなTV番組「The Star」の第4期チャンピオンなんだそうです。この番組出身の歌手は名前の後ろに「The Star」の称号がつくそうで、このゲーム・ウィチャヤニーの場合は 「Gam The Star」ということになるようです。


このゲーム・ウィチャヤニーも歌が上手かったです。




もちろんファンサービスも充実です♪




最後はパラポン。2年前にもタイフェス大阪に来てくれました。さすがタイの大スターだけあって貫禄十分。ていうか、ちょっと太りましたね(笑)




もうさらりと淡白に歌っているようでもファンの盛り上がりは相当なものでした。ファンサービスも長くて半分以上は観客の目の前で歌ってたのでは?というくらい。




大阪城をバックにたくさんの観客が楽しみました。




そして日も暮れて、盛り上がりは最高潮に!




2日目の写真から、コンサートに見入る可愛い女の子。




最後には出演アーティスト全員でのパフォーマンス。




いちばんノリノリだったのは元気キャラ全開のパオでした♪




そんな1日目の興奮も覚めやらぬまま、2日目も見に行きました。この日は雨なので人手も少なくタイ料理にありつけました!もう着くなりビアシンとタイ料理でいい気分です♪




今回タイフェスの直前までは2日間とも雨の予報でした。それがずれて1日目は最高の天気だったので、この2日目はおまけみたいなもの。贅沢はいえません。2年前の台風の中でのタイフェス名古屋に比べればまったく問題なしです(笑)




雨でお客も少なめなためか、屋台のタイ人たちも余裕があります。頭にビアシンさしてるのが面白くて写真撮っていいか聞いたら、わざわざもう一人呼んでポーズを決めてくれました!




さて、夕方になってコンサートがはじまります。この雨の中見に来るお客はレインコート着て気合が入ってる人も多いです(笑)

写真はとなりにいたナットのファンの方。ミニ電光掲示板で応援とはすごい!夜にはアーティストからきれいに見えることでしょう。




そして今夜もパオワリーに注目です。

もう可愛いし歌うまいし性格いいし、まいったなぁ〜




この日は雨でカメラを持参しなかったのでiPhoneで撮影です。4Sは暗いところに弱いですねぇ......(^^;












コンサート終了後には、雨で中止になったサイン会の変わりにテントの下でファンサービスしてくれたアーティストたち。僕もパオにお願いしてCDにサインしてもらいました。名前まで書いてもらって感激です♪
もちろんその後はパオと家内と僕との3人で記念撮影。暗い中でiPhoneのインカメラで撮ったので画質が酷すぎて悲しかったけど、ほんとうにいい思い出になりました。


ありがとう、パオ!






さて、そんなタイフェスから数日が過ぎて、YouTubeに動画がいろいろアップされました。そんな動画を今見てみるとあのときの感動が蘇ってきて、家内と聞き入って反芻してしまいます。動画をアップされた方には本当に感謝です!

そして、タイ語が読めない僕はCD買っても曲名すら分かりませんが、「タイ式エンタテイメントの楽しみ方」さんで紹介されていたので転記させていただきました。なんにも知らずに聴いている僕ですが、こちらでは曲の内容とか紹介されていてとても楽しめました。(2013.5.28追記)




1.นักร้องบ้านนอก ナック・ローン・バーン・ノーク(田舎の歌手)

1曲目はもう出だしからその声量とこぶし回しにやられました。





2.กระแซะเข้ามาซิ クラッセ・カオ・マー・シ

いろんなアーティストがカバーしているこの曲はノリが最高で大好きな曲です。





3.กรุณาอยู่ในระยะของความคิดถึง カルナー・ユー・ナイ・ラヤ・コーン・クワーム・キットゥン

これが僕のパオに対するイメージが決まった曲。もう最高に好きな曲になりました。






4.สาวนาสั่งแฟน サーオ・ナー・サーン・フェーン

僕のイメージするルークトゥンとはこんな感じ。もうこぶしが命(笑)





5.ห่างหน่อยถอยนิด ハーン・ノイ・トーイ・ニット

ノリノリのこの曲は昭和っぽい〜





6.สมหวังนะจ๊ะ ソムワン・ナ・ヂャ

振り付けが最高に可愛く元気いっぱいでパオにぴったり♪





最後は4人で。楽しいい時間をありがとう〜




ここからは二日目のコンサート何度見てもいいなぁ〜




1.นักร้องบ้านนอก ナック・ローン・バーン・ノーク





2.กระแซะเข้ามาซิ クラッセ・カオ・マー・シ




3.ห่างหน่อยถอยนิด ハーン・ノイ・トーイ・ニット




4.สาวนาสั่งแฟน サーオ・ナー・サーン・フェーン 




5.กรุณาอยู่ในระยะของความคิดถึง カルナー・ユー・ナイ・ラヤ・コーン・クワーム・キットゥン 




6.สมหวังนะจ๊ะ ソムワン・ナ・ヂャ


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

週末は大阪城公園で2013タイフェスティバル大阪ですよ〜

2013/05/16


YouTube再生回数1千万回突破!HIPHOP×ルークトゥンの話題曲『Splash Out』


Facebookでフォロー中のタイランドハイパーリンクスで紹介されていたものです。もうノリノリで一度見たら目に耳に残って最高ですが、K-POPの「カンナム・スタイル」の路線をパクったかのような奇抜なダンスが売り。





これのPVがなかなかのインパクトで、終盤の女と女の戦いからのダンスバトルの展開がタイのドロドロドラマ「エアホステス 〜天使のラブウォーズ〜」を一瞬思い出させてくれます。

もしご覧になる方がいらっしゃったら是非、最後まで見てください!終盤が最高です♪




さて、そのタイのドロドロドラマの「エアホステス 〜天使のラブウォーズ〜」はタイで2008年に放送され、あまりのドロドロぶりに放送開始直後にタイ国際航空の労働組合からクレームが付き、放送中止の危機になった話題の連続ドラマ。日本でもCSで放映されていて、家内と夢中で見ていたのを思い出します。





話を戻して『Splash Out』のCM動画ですが、同じレーベルのアーティストたちがこの奇抜なダンスを楽しそうに踊っています。なかでもこの動画が停止状態で表示されているシーン。これは昨年のタイフェスティバル大阪に出演していたタイのアイドルユニット「フォー・モッド(Four-Mod,โฟร์-มด)」の片割れのモッド=ナパパット ワッタナーカモンウットとそのお母さん。あのタイフェス以来ちょこっとファンになったので、二人ともInstagramでフォローしていてすごく親近感がわいていたのです。そんな二人がノリノリで踊っているのを見つけて思わず「オォー!」っと声が出ちゃいました......(^^;




さて、前置きはこのくらいにして本題ですが、今年もタイフェスティバル大阪の季節がやってまいりました......(^^;ソレガイイタカッタノデス

昨年のタイフェスティバルの模様はこちら




毎年楽しみにしているタイフェスでのタイのアーティストによるコンサート。

昨年の本格派パーン・タナポーンやブリブリアイドルのフォー・モッド、

台風の中チンクを走らせて見に行った一昨年のタイフェス名古屋でのニコル

と、思い出深いコンサートが続きました。


今年の目玉は↑のパオワリー・ポンピモン。




ルークトゥンというタイの懐メロのような演歌のようにこぶしをまわして歌う音楽の歌手です。ルークトゥンというジャンルの音楽はタイではどちらかというと田舎物が聞くジャンルなのですが、タイで一番のメジャーレーベルであるグラミーがかなり押している大型新人なんだそうです。





YouTubeで予習してみると、かわいいし歌もかなり上手いので期待大です。当日はCD買って一緒に記念撮影してもらって、間違いなくにわかファンになってることでしょう......(*^^*)


タイフェスは土曜・日曜の二日間開催されますが、どちらも夕方からがタイのアーティストによるコンサートです。1日目と2日目では選曲や衣装も違うようなので、今年は連日参加すべく仕事を上司に押し付けちゃいました......(^^;アリガトウゴザイマス


このコンサートはもちろん無料で、お客さんのタイ人の盛り上がりも楽しく一度行くと病み付きになります。お暇な方がいらっしゃったら是非行かれて見てはどうでしょう。ビアシン片手に聞きなれない響きのタイ語に囲まれて過ごすひと時。

あ〜、楽しみ♪



<パオワリー関連情報>

【タイフェス2013情報】快挙!ついにパオ・パオワリーが来日!

【大阪タイフェス直前!】 パオ・パオワリーに歌って欲しい10曲

パオ・パオワリーの1stアルバムには無限の可能性が詰まっている

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

タイフェスティバル2012大阪

2012/05/20

毎年楽しみにしているタイフェスティバル。去年はATCで開催されたタイフェス大阪だけでなく、台風のさなかタイの元アイドル
歌手のニコルが来るということで翌週の名古屋のタイフェスまで追っかけた
のが思い出深かったです。

最近のタイフェス大阪は開催地が一昨々年の天王寺公園一昨年と昨年のATCときて、今年は大阪城公園と町の中心に移った
ためかなりの盛況が予想されましたが、遅い昼食といった時間に到着すると飲食ブースにはこの行列が......(^^;アカン

これはもう完全に食いっぱぐれ間違いなしです。



そして、タイフェスで昼間っからビアシンやチャンビアとタイ飯でうーい計画は無残にも崩壊し、
なぜか近くのOBP(大阪ビジネスパーク)でサブウェイのサンドイッチをかじるという結末に。
春のOBPもオープンテラスだとなかなか気持ちいいもんだなぁと、やはりタイフェスで食いっぱぐ
れた他の面々もサンドイッチをかじるのでした。



大阪城公園に戻って、伴奏はイケてるのにボーカルが酷いイカ天バンドを横目に、
最近の若い人たちは機材がすごいなぁ〜と感心しつつ、太陽の広場の会場に戻り、
物販ブースをぐるりと巡回。日本とタイのかかわりに関するパネルのブースを興味
深く見学した頃には一番の楽しみのタイからのアーティストによるコンサートも
近づいてきたので、最前列座席のさらに前に御座敷いて座り込むツワモノたちの間に
こじ入って準備完了......(^^;

のんびりタイ舞踊を楽しみながらコンサートを待ちます♪



いつ見てもタイ舞踊というのは綺麗で和みます。動きのテンポがゆったりまったり
なものが多いからなのか、なんとも見ていて気持がよかったり。動きが身体のライン
を綺麗に見せてくれて、なんとも綺麗。


芸術性が高いといわれる有名なバリ島の舞踊よりも、こちらの方が好きだなぁ〜



しかも、今回は美人揃いなんではないでしょうか?



なんか日本人っぽいお顔立ち?



素晴らしい踊りをありがとうございました!



さあお待ちかねのコンサート。トップバッターはクン・スティラートです。なかなかタイ的な男前!歌も上手です。



このコンサートの面白さの一つはタイ人のお客さんの反応を見ること(笑)
体中でコンサートを楽しんでいるのが見て取れます。
そして喜び方もとてもストレートで大胆......(^^; このあとさらにほっぺにブチューっとやっちゃってました(笑)



おにいさんもノリノリで大喜びです。



途中からは妹のヴィラダーも一緒に。もうブリブリのアイドルダンスにびっくりしました。
(日本の親父達の盛り上がりが怖かった......)

後で調べてみると、このクン・スティラートとヴィラダーは兄弟で、リケーと呼ばれる
タイの大衆芸能が本職だとか。さらに2人の姉はジンリートカオ・ウォンテーワン
という有名な歌手だそうです。ほんとに芸能一家なんですね。



そんな二人の映像は昨日の初日のもの。YouTubeで見つけましたがこのヴィラダー
のブリブリなダンスが凄い(笑) 歌のほうも最近のノリノリなHIT曲もカバーして歌って
くれましたが、POPなものは苦手なんでしょうか?
かなり音痴になっちゃった二人でした......(^^;



さて2番手にはフォーモッドというアイドルユニット。YOUTUBEで予習はしたものの、
そんなに期待していなかったのですが、出てきた瞬間からものすごいオーラが......

もう映像で見ている100万倍綺麗で可愛い......(^^;

顔ちっちゃーい、足ながーい、カワエーっ、ブリブリダンスが見ているこっちまで
恥ずかしくなるーって家内とあーだこーだと(笑)



でもでもおじさん、不覚にもこの子の笑顔にやられちゃいました......(^^;ウミヨリフカクハンセイ



しかし、頭につけてるそれはなんですか(笑)



もう日本では消滅したブリッコダンスをさらに容赦なくパワーアップした振り付け。
限度を知らないというか、限度無用というか、そんなアジアンなところが思春期に
アイドル全盛期を過ごした我ら親父世代にはぐっとくるというか、新鮮なんでしょうね。
彼女達を見てると巷で今流行ってるということになっている(いったいどこで?)
K-POPアイドルユニットのセクシーダンスなんてくそ食らえって感じです......(^^;ヤバイヤバイ



これはYouTubeで見つけた前日の1日目の映像。

見よ! この超ブリブリな振り付けを(笑)



ちょっとそこの人、いいのか? そんなことしていいのか? うらやましいじゃないか!



そんなフワフワした気持を一瞬でぶった切ってくれたのはこの人、パーン・タナポーン
です。タイでは超有名な実力派な歌手なようですが、全然知らずコロコロとよく太った
おばさんが出てきたなあ、この人がトリかぁ?くらいに思っていたのが歌いだすなり
度肝を抜かれました。



事前にYOUYUBEで見たPVでは歌の上手さは伝わってたものの、映像の凄さ(笑)の
印象のほうが強く残ってしまっていました。それが第一声からズコーンとハートに直撃!!
もう鳥肌モノでした。



圧倒的なパフォーマンスとはきっとこういうことを言うんだ〜



これはYouTubeで見つけた1日目のパーンのパフォーマンス。



こちらは2日目。

最高の盛り上がりでした♪



タイ人のおばさんももうノリノリでトランス状態です......(^^;



もう、参りました〜



あ〜、来てよかった〜



そんな中、大盛り上がりのタイ人たち。もうノリノリで反対側の観客とコール&レスポンス(笑)



おいっ、腹をしまえよ親父ー! 最前列の僕達のすぐ後ろはこんな状態です......(^^;



毎年この人たちを見るのも楽しみの一つ。 もう最高!



そしてトランス状態のおばさんは、この直後に地面にへたり込みました......(^^;ノミスギ、ハシャギスギデス



そしてファンサービスもタイアーティストの良さ。もう客席まで来て歌ってくれます。
これされるとものすごく親しみ湧いてにわかファンになっちゃうんだよなぁ......



おっさんもいい味出してます(笑)



最後は出演者みんなでフィナーレ。 ほんとうに楽しませていただきました!

ありがとー!



にわかファンはCD買ってアーティストと記念撮影♪

帰りの車内でウーハー効かせて大音量で聴きながら帰りました(笑)

いつかタイでこの人のコンサートに行ってみたいなぁ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ニコルに会いたい!

2011/05/30

台風2号の近づく日曜日。

名古屋のタイフェスティバルに大好きなタイの歌手「ニコル・テリオ」がやって来るというのに.......

会場は野外で、雨風が強くなると開催自体も危ぶまれる。前日から興奮して眠れない家内と、日の出前から目が覚める私(笑)

朝の天気予報でどうしようかと迷っていたものの、10時頃にネットでライブの時間を繰り上げるとの情報。
それならいけると喜び勇んでチンクを走らせる。

さすがに梅雨の前線と台風が合体しただけあってかなりの雨。頼むぞカバ吉!


御在所SAまで一気に走ってベタ吉になったカバ吉号.......(^^;
いままで一度も雨漏りなんてしたことなかったのに、この日はさすがに頭に手にと、キャンバスとボディーの隙間から強風に乗って
舞い込んだ雨の雫がしたたる。


それでも快調に走るカバ吉のおかげで2時間半ほどで自宅から180km程の名古屋に入る。

先週の大阪に続いて、やって来ましたタイフェスティバル2011名古屋。

家内の友人と合流してまずは昼食になにをたべようかと物色。


雨脚が止まず、テントが張られたスペースを確保。こういうスペースをあちこちに用意されていて、ほんとうに助かります。


しっかり味のカオマンガイ(鶏の炊き込みご飯)は、タイフェス大阪の時にあにいさんからいただいたコメントで食べたくなった。
そしてムーマナオ(豚肉のレモンソース和え)に、好みの乾燥気味なカオニャオ(タイのもち米)と、満足満足。


さらにホイトート(貝のお好み焼き?)もこれまたおいしかった。本当はもっと早く着いて、早めの昼食でチャンビア付きの
はずだったんだけど、天気予報見てぐずぐずしてたからビールなし.......(T.T)


昼食中も雨脚はぜんぜん弱まらず......


ていうか、強くなってる?


めげずにこんどは買い物。


懐かしいえげつない匂いの元は果物の王様「ドリアン」。
タイへ行くたびに今度こそ食べるぞとおもいつつ、いざモノを目の前にするといつも尻込みしてしまう.......(^^;


あちらでよく目にする果物の中に


愛するマンゴスチン発見。「大粒のマンゴスチン、8個500円〜」という声につられて買ってしまった。
にしてもえらい小粒で.......(^^; 店のおじさんに言ったら苦笑いされた(笑)
雨季のタイだと1kg20〜30バーツ(60〜90円)という値段で毎晩食べれるのに、日本ではたまにスーパーで見かけても
5つで400円とかしてる。皮が分厚くて食べるとこはあんまりないのに.......(^^;

お祭りだし、まぁ、たまにはいいでしょう。


近々、コンビニなんかで売るらしいグリーンカレーパン。ためしに買って翌朝の朝食にしてみたけど、正直言ってちょっと微妙(笑)


こんなものも売られていた。


後ろに乗るばっかでなく、一度運転してみたいなぁ。


チンクが買える値段です.......(^^;

排気量はチンク以上の660ccだそうです。


こんなとこにオイルキャッチタンク?

シートが涼しげ。


このネーミングは絶妙だと思う。


ド派手可愛いなんともいえないこの造形。


そうこうしてるうちにライブの時間まであと1時間。テント下の座席を確保するも雨脚弱まらず、強風も吹いてテントが飛ばされそう。


ステージ上ではスタッフの方が一生懸命にたまった水を掃いてるけど、降り止まない雨でまたどんどん水がたまっていたちごっこに。

ほんとご苦労様です。

そんなスタッフの方々の努力が天に通じたのか、ライブが始まる頃には雨脚もだいぶ弱まった。



待ちに待ったライブの始まり。結婚して子供生んでもやっぱりニコルはアイドル。
もう出てくるなりものすごいオーラを感じる。
10年以上前にタイでかかりまくってたあの曲やあの曲が生で.......もう最高に幸せ。

初めて生で聞いたニコルはCD(当時はカセットテープ)で聞いてた通り、いや、それ以上に
ほんとに綺麗な声。そしてとにかく可愛い。もうめちゃめちゃ可愛い。

もう36歳だっけ? そんなのぜんぜん関係ない!



そしてハプニングが。

台風の近づく中、老体のカバ吉に鞭打って、雨漏りにも強風にもまけずに
走ってきたご褒美か、なんとニコルが.......

歌いながら客席乱入で目の前まで.......w(°o°;)wカンゲキデス

握手してもらう家内。

もう家内とともに「ほんまにめちゃめちゃ可愛いなぁ、アップにも十分耐えるなぁ、
ほんまに来て良かったなぁ」って。


時折テントが飛びそうな突風が吹く中、こんな悪天候のなか来てくれてありがとうって言ってるかのように終始大サービスで
最高のステージを見せてくれたニコル。

ほんとうにコップン・カップ!(ありがとう!)


短い時間だったけど、ライブの後には握手会も。一緒に記念撮影までしてもらって.......もう言うことなし。


またきっといつか、ステージの上のニコルに会いに行こうと心に決めた名古屋での1日でした。


名古屋を後にして雨風強まる中、一気に大阪を目指す。予想通り台風の再接近時間も早まり、見事に強風の中の走行に。
トンネル出た瞬間とか、横風ひと吹きで1m以上横に飛ばされるチンク.......(^^;コワー

そんな中、幸せな余韻に浸りながら今日買ったニコルのCDを爆音で鳴らして帰路に着く。昔にかったミュージックテープは
さすがに伸び伸びで、行きはそんな伸び伸びの音が悪くなったテープをかけながら....あたりまえだけどCDはいい音だなぁ(笑)

と、そんなことしてるから分岐で名阪国道に入り損ねて気がつくと伊勢自動車道を走行中.......(^^;マァ、ドライブドライブ


台風の中の高速巡航では、天井からの雨漏りだけでなくいろんなところから水が浸入するチンクのボディー。
翌日の会社帰りはなんか車内が雑巾臭い(笑)
フロアマット外してカーペットを手で触ったら、しっかり濡れてました。
明日はカーペットはいでしっかり乾かさなきゃ。


山間部に入って風がましになったら、今度は霧で前が見えない.......(^^;

行きも帰りもまったく酷いドライブだったけど、とっても幸せ気分のドライブでした。



走行距離 375km
給油量  20.21L
燃費   18.55km/L
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

タイフェスティバル2011大阪

2011/05/22

今年もやってきましたタイフェスティバル。


仕事が予定通りに終わらなくてやきもきしながら家内を会社まで呼び寄せて合流、なんとかライブに間に合うようチンクを
走らせた。会場に着いたらすごい人で、もう2人目の歌手が歌ってる。


物産品のブースをもざっと流して


フードコートにもめもくれず.......というわけにもいかずざざっと串焼き系のおかずともち米買って、見難いけどあいてる
ベンチを見つけて


さあ、たのしいライブです。

歌手はナムチャ。
ちょっと音程が辛い.......(^^;


ノリはいいです。


一番期待したパラポンはやっぱり歌がうまかった。会場ももうノリノリ状態で、舞台の左右袖部分ではタイ人の客たちが踊りまくり。
ほんと、楽しいライブをありがとうって感じでした。


今日出演したアーティスト達。パナットダーとテーシンのライブは残念ながら間に合わず。どんな歌手か知らないんだけど、
最初から見たかったなぁ。

来週はタイフェスティバル2011名古屋で、大好きなニコルのライブ。
これはなんとか行きたいなぁ.......


ライブが終わる頃には海風が冷たくて、大好きなカオソーイであったまる。今日のはなかなか辛くて甘くて酸っぱくて、
そしてコクがあってとおいしかった。


その後、寒いのにカキ氷を食べるという家内.......(^^;

お店のおねえさんがワイ(合掌)してるところがまた可愛い。(*^^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME | NEXT »