2012 Coppa del lavoro Italiano (イタジョブ杯) 参戦記 その3

2012/11/13

今回はゲスト枠としてイタリア車以外にも参加車両がありました。
このエスハチとその後ろのエラン、かっこよかったなー!

でもエランの写真はメモリートラブルで消えてしまっていました......(T.T)



古い日本の旧車では、チンクとは空冷2気筒つながりでヨタハチことトヨタスポーツ800に乗りたいとずっと思ってた僕ですが、
このエスハチも乗りたい車の候補に(笑) そんなのがどんどん増えていくから困ったものです。




というのもとにかくコンパクトで高性能なものが好きな僕、しかもオープンカーにあこがれてるもんだから、当然このエスハチ
もまさにジャストミートです。




いままで置き系イベントでは見たことあるものの、やっぱり走ってるところを見れるのがこのラヴォイタのおもしろいところ。
しかも全開走行ですからたまりません。この場でしか聞けそうに無いエスハチの咆哮。これにはしびれました。




今回のゲスト枠のおかげでそんな音と走りを間近に見れて、ぜひ次回にも設けて欲しいと思います。エスハチだけでなくエランの
全開走行もかっこよかった〜(ますます乗ってみたいぞ!)




ぶっちぎりで速い!

第1回から春のオープン戦、そして今回も優勝のこのジュリアスーパー。もうめちゃめちゃに速くて速くて......




なんかこの車だけ違った理論で走ってるように思えます。




この大きなロールがなにを意味するのか?

それを考えてなにかカバ吉号での走りにいかせないのか? 悩ましいです。




いつも会場でもっとも戦闘的フォルムの温泉さんのX19。




遠目にもその立ち姿にはやられっぱなしです......(^^;カッコイインダモン




MRにとって不利な雨の中、




固めた足をここまで沈めて、




このライン、




かっこよすぎます!




行っけーって感じで(笑)



やっぱり、いいっ! X19は!




FIAT124 Spider 、これも速かった!




FIAT勢ではカメロンパンさんのコルサ号についで2番手です。




FIATの車としてはけっこういかついデザインでしょうか。迫力ある姿ですね。




ZYさんの真紅のスパイダー、エレガント〜。

でもめっちゃ攻めちゃってます(笑)



うわぁ〜、めっちゃ厳しいライン! どうりで速いわけだぁ。

僕も次回はここまでライン取りを極めてみたいです♪




一気に加重移動! かっこいい!




いっけぇー!




おおっ、ここにも会心のショットが♪




レーシーだけどかわいいアウトビアンキ!




これはminiにも対抗できるのでは? 今回はゲスト枠でminiがエントリーしてくれるのを楽しみにしてたのですが、残念ながら
1台も来なかった。もし来てたらこのA112と競り合ってたことでしょう。




黄色の車も大好きです。A112は派手目の色が似合うなぁ。




おもわずtakeさんの黄色いチンクとツーショット♪




いつも熱い走りのロドキンさん。




前回のラヴォイタではチンクのチョンマゲ540で走ってたんだよね。でもすっかりロドキンさん=白蛇号です。




愛車との時間をもっとも濃く過ごしてる印象です。




思いっきり派手なカラーリングが似合うヤンシロウさんのジュニア。今回は走行中写真がなくてごめんなさい。




魅力的サウンドのGTV6は、なんかデザインが落ち着きを感じさせてくれます。




僕が勝手にランチアに抱いてるイメージに近い印象です。




こんな感じでほんとうに楽しくリフレッシュできる1日。

次はまた春のオープン戦になるでしょうか? もうめっちゃ期待してますし、微力ながらまた楽しんでお手伝いさせていただいて、
末永く続いていって欲しいと思います。


ではでは皆さん、また次回に♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2012 Coppa del lavoro Italiano (イタジョブ杯) 参戦記 その2

2012/11/12

コースインのスタッフしてるときにスマホでパチリっ! 乗りのいいポーズをありがとうございます♪

その2はそんなちゅうじさん特集!


というわけではないけどなかなか会心のカットがいくつか撮れたので並べてみます。以下ほとんどすべての画像はクリックで
かなり大きくなるので、お持ち帰りの際はそちらからお願いします。




アップでもブレてな〜い♪




ドライバーのあごを引いたフォームがかっこいい。




この水しぶき! 走るのには......だけど、写真撮るには雨が降ってるほうがかっこいいものですね。
会心のショットが撮れました。これは今日イチ♪




写真班スタッフで走り回られてた京都白鼠さん。



                                                                   [Photo by にゃおえ]

出走が僕の前なので写真は撮れないところですが家内がおさえてくれていました。



                                                                   [Photo by にゃおえ]

2Fから撮ってるので少し見下げた角度が新鮮ですね。



                                                                    [Photo by にゃおえ]

軽い流し撮りで止まってる! やるな。




やはりスタッフで大忙しだったtakeさん。




最近オートマイスターでオリジナルローダウンスプリングを入れました。これは低い!




最後に運転させていただいたらこれはすごい。なんともしっかりした足。重心が低いのもこれまた不思議。

慣れてないとこれで攻めたらうちのカバ吉よりもいきなりテールがクルンと行きそう。乗りこなすには腕を要求する、そんな車に
感じました。




それでもtakeさん攻めてますねぇ。この水しぶき! ここでそこまでぎりぎりに寄って走る......本気ですね♪

しかし下から軽々と力強く加速するエンジンはいいなぁ〜 軽量ビッグバルブかぁ〜




KITさんは125タイヤでの出走。このあとオートマイスターさんでいよいよ145履けるようにあれこれと。ついでにさらにあれこれと
しちゃってたりして?




おおっ、止まったー! この日の流し撮りはかなり控えめにシャッター速度1/60秒でした。そのぶん流れは少ないけどなん
とか使えるショットがちらほらと。




でもいい角度の写真に限ってブレブレのボケボケだったりして......(^^;




う〜ん、次回がんばります(笑)




漫画タッチなこの一枚(笑)

なんか流し撮りしながらズーミングもしてたのかな?




ぼくらの強い味方、カメロンパンさんです。




このチンクはスタートから音がぜんぜん違います。もうもりもり力出ますよ〜って音(笑)




そして走りもすごい! 連続写真や動画なんかで見ると、ライン取りとかものすごく参考になります。

クラス優勝、おめでとうございます!



                                                                   [Photo by にゃおえ]

こちらもクラス優勝のmanjiさん。



                                                                    [Photo by にゃおえ]

出走順が僕の後ろだったのですが、またもや家内がおさえてくれてたよ♪



                                                                    [Photo by にゃおえ]

もうちょっとアップでお願いします......(^^;



                                                                    [Photo by にゃおえ]

最もノーマルな状態のチンクで、それでも果敢に攻めてのこの結果でしょう。そのあたりがここには載せれない失敗写真のライン
取りみてると伝わってきます。

すごい!

おめでとうございます!




コントロールタワーではスタッフの方々が計測係やアナウンスや記録といろんな仕事をこなし
続けてくれてます。その準備までかんがえたら大変な労力でしょう。そのおかげで僕らは
楽しい1日を満喫できたというわけですね。ほんとにありがたいことです!

そんなタワー前を通過するのはニワさんのジャンニーニ。




アバルトもいけどこのジャンニーニの独特のカラーリングはイケてますね。そして速い。ドライだったらもっとけちょんけちょん
に離されてただろうなぁ......(^^;




もう一台のオーバーフェンダー。これも迫力ですね。正面からの絵が低く広くてかっこいい!




最後に相棒DAPさんがすっかりトレードマークになったムル狼さん。




ウエットコンディションに苦戦されてたようですが、DAP650のほうもどんどん進化中だからきっとそのうち頭角をあらわして
くるでしょう。




テスト走行の時の動画がありますので、またそのうちこっそりアップしときますね♪



まずは500仲間の写真から並べてみましたが、出走順や旗振り等の関係、そしてまたまた発生したメモリーの中身が消える不具合で
撮れてない方がたくさんです。きっとスタッフのプロカメラマンの写真班さんが押さえてくれている筈なので、そちらに期待です。
(僕も♪)

ほとんどすべての画像はクリックでかなり大きくなるので、お持ち帰りの際はそちらからお願いしますね。
(そっちはナンバー消しなしです)

また、ご希望があれば何かの折にでも原版データお渡ししますので、遠慮なくお申し付けください!




つづく
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2012 Coppa del lavoro Italiano (イタジョブ杯) 参戦記 その1

2012/11/11

1年で最もリフレッシュできる1日。 2012Coppa del lavoro Italiano 略して
ラヴォイタ、別名イタジョブ杯が今年もやってきました。

3月のオープン戦と同じく生憎の雨の中の開催でしたが、主催・スタッフ・協賛の
みなさんのおかげで雨なら雨なりに、目いっぱい楽しめた素晴らしい1日でした。

ほんとうにありがとうございました!




まずは僕と我が愛車カバ吉号との1日を綴っておこうと思います。




現場でする事を減らすため事前にある程度の準備をしていたのと、家内の全面的バックアップのおかげで朝の準備もいたって
スムーズに出来ました。ゼッケン貼りからビニテでの灯火類バッテン、荷物の積み下ろし、写真の撮影と、もうなにからなに
までフォローしてもらえて助かりました。

本当にありがとう!




今回は前半4本は助手席にタイヤを積んで重しにして走りました。これで右コーナーでの右側荷重の無さを補ってコーナリング
を安定させようとの作戦でした。

結果は......


残念ながら下ろしたほうが速かった......(^^;パワーナイカラカルイホウガイイ




ここからは家内が撮影した画像でライン取りの確認です。けっこう自分の中での攻め方が定まってきたような感じ。




最初のおおきなポイントだと思っている第4コーナー。僕は次のコーナーの進入を楽にして、さらに次のコーナーの脱出スピード
を最優先したい。そのためにアウト・イン・インに近づけたいと思っています。




いかに早めに向きを変えておいて次のコーナーへのアプローチを極力アウトからできるように心がけてます。




もう少し奥から回り込んでクリッピングを奥にもって行きたかった......




あれ、こんなもんでよかったのかな? ちょっと滑ってちょうど良くなったのかな?

分からん......(^^;




一番スピードを殺したくない第6コーナーへの進入をなるべくアウト寄りから行きたい。

この周回はまずまず。




しかし家内の流し撮り、なかなかです♪




おおっ、水しぶきがかっこいい!




ここから泥の水溜りを目指して一直線(笑)




泥の上を......




これはおそらく5本目か6本目の走り。八の字の反対側のコーナーがようやく奥の方からアプローチできるようになった頃かな。
ここはついつい手前から回ろうとして、そして目いっぱいアウトに寄らずに横着かましたラインで走ってしまっていて綺麗な
ラインがなかなかとれませんでした。

ほんと難しいなぁ〜




これでも僕としてはましな位置を走ってる方です。




ここは皆さんほんとにズルズル滑りまくってましたね。スピードに乗って曲がろうとするともうハンドル切ってもぜんぜん車が
曲がってくれません。そのくせ立ち上がりではいきなりお尻が外へ出そうになるので、もうハンドル戻すタイミングを早め早め
にかなり神経使って操作しました。

ほんとここは攻略できないなぁ......




グリップ取り戻して遠心力を殺しきれた頃にはもうこの位置です......(^^;カベガコワイ




でもチンクなら遅いからここからノーブレーキで加速しながら泥だまりの最終コーナーに突っ込めます(笑)




パワーのある車だときっとここは怖いんだろうなぁ......




ここで遠心力が死んでいればもう怖いものはありません。




最短距離でゴールラインを目指すのみ!

この考えがいいのか悪いのか、また次回も試行錯誤を繰り返して少しでもタイムアップしたいな♪



カバ吉、今日は1日ごくろうさん。 お前は本当にすごい車だよ!
素人の僕でもまったく何の不安も無く走れる車。
ノーマル足はここからが危険だよって早めに教えてくれるし、固めた足みたいにいきなりお尻がでたりもしないし。暴れるとき
もあくまでそろりそろりと(笑)限界は低いかもしれないけど、技術が無くても扱いやすい本当にいい車です。


今日は久々にエンジン絶好調でゼロスタートからの加速も6200回転くらいまで回りました。ここまで回ったの初めてじゃないかな?





そんなカバ吉のがんばりで総合22位、850cc以下クラスで3位に入りました♪

850cc以下クラスの1位はカメロンパンさんのコルサ号で、2位はニワさんのジャンニーニ。そこから
1.5秒遅れの3位なので僕としてはかなりの上出来でした。


動画は残念ながらベストラップの一つ前の6本目。タイムは52.30秒。
ベストが出た7本目の映像は残念ながら途中でバッテリー切れで写っていませんでした......(T.T)




今回のベストタイムは52.08秒! 前回の同じく雨のオープン戦の時は53.18秒だから、目標どおりきっちり1秒縮まりました。
さらには昨年のドライでの本戦のベスト51.79秒までもあと0.4秒ほど。これは次回ドライならベスト更新はいけそうです!

またまた楽しみが増えたなぁ〜




写真は全員に渡るうれしいトロフィーに家内セレクトの素敵な賞品。欲しかったOkanステッカーもゲットです。これはカバ吉に
貼ろうっと! 家内も喜んでました♪




賞品の一つのiPhoneケース。 家内はかなり気に入ったようで、さっとく取り付けていました(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ユーロカップ2012 第2戦 エキサイティングランでの動画

2012/04/22

                                                         [Photo by kumikumiさん]

先日のユーロカップ2012 第2戦でのスナップ。ちょうど朝一に車内の荷物やシートを下ろして、空気圧を調整しているところ
です。roadkingさんの奥様が撮影してくれていた写真ですが、こういう自然なスナップを本人も気付かないうちにおさえていた
だけてるというのは本当に嬉しい限りです。構図も素晴らしいし写りも綺麗で♪

kumikumiさん、ありがとうございます!





                                                         [Photo by kumikumiさん]

こちらは午後の走行枠でのまさに出走しようとしているところ。ホームストレートをはさんで反対側のメインスタンドから撮影
していただいたようです。スナップを撮るときにはついつい横着してその場で広角でというのが多いですが、こうして距離を
とって望遠で写した写真は広角みたいに車体が変にデフォルメされることなく自然な形に写ります。もちろん広角レンズで
デフォルメした写真は迫力あってかっこいいのですが、やっぱり自然なフォルムではないです。そういう意味でもこういう写真
ってめったに撮れないので貴重ですね。そして車仲間とともにという写真も。





                                                         [Photo by kumikumiさん]

これは朝一の1回目走行時の第3コーナーでしょうか。縁石ギリギリに走るカバ吉がなんか凛々しく見えます(笑)

ここの走行シーンが↓




                                                [Photo by kumikumiさん]

なんてかっこいいシーンを撮っていただいたんでしょう! これは永久保存版です♪
普段聞くことのないカバ吉のエキゾースト・サウンドがかっこいい! roadkingさんの言うとおり、レシプロ戦闘機の
ようなサウンド(かなり褒めすぎ?)が最高です♪





                                                         [Photo by kumikumiさん]

こんどはF105LさんのFIAT850との貴重なランデブーショットですが、このとき既にカバ吉は白煙吹いてスローダウン中でした....

それでも午前では一緒に走っていなかったF105LさんのFIAT850とのショット。この写真があるだけでもいい想い出になります♪

ほんと、kumikumiさん最高です!





そのF105Lさんが午前の走行時に撮影してくれた最終コーナーのカバ吉。

コニーのショックでちょっと硬めになってるカバ吉の足ですが、やっぱり基本ノーマルのままなのでロールが激しくて、
なんか見ていて危なっかしいというか、ぎりぎりで回っててぜんぜん余裕がないというか、もうコース幅目一杯で限界
って感じ......(^^;

そしてストレートに入るなり気持がいいほどズバズバっと抜かれまくってます(笑)

ほんとうに貴重な映像を撮っていただけててめちゃめちゃ嬉しいです! F105Lさん、ありがとうございました!






最後は車載映像から。すこし抜かれ方がうまくなったかな?

こうして映像で見てるといろいろ反省点が思い出されてきて、すぐにでもまた走りたくなります。






こちらは完全版。ウォーミングアップランが終わった2週目からチェッカーがふられるまで。画面のユラユラが思った
よりひどかったなぁ。固定具を考え直さないと......(^^;



それにしても......あ〜、はやくまた走りたい〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ユーロカップ2012 第2戦 エキサイティングラン

2012/04/15

早朝のコンビニに集結した3匹の......なんだろう......(^^;



目的地はここ、セントラルサーキットです。
そう、今日は楽しみにしていたユーロカップ2012第2戦のエキサイティングランを走ってきました。

今回の目標は、昨年はじめてこのセントラルサーキットを走った前回(ユーロカップ2011第5戦 エキサイティングラン)のベスト
LAPの2分19秒513を上回ること......なんていう謙虚な気持は表向きで、何の根拠もなく2分15秒切りを目標に据えてい
ました。そしてそれが達成できたら経済的にも愛車にも厳しいサーキット走行に一区切りつけたいなと。

それは前回のベストLAPから4.5秒以上も一気にタイムを縮めようという、サーキット初心者としては無謀な目標なのかもしれません。
でも、最近のカバ吉の調子や若干の改善などから路面コンディションがよくてまあまあなクリアラップさえ作れれば、感覚的に
いけそうな気がしてました。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そんな根拠の無い自信というかやる気というか愛車への信頼というか、そんなものを胸に秘めて、想定外の朝一の走行枠で
いきなり走ります。もちろん目標達成できなかった場合の2回目走行を念頭においてということです。しかしゲートオープンから
そんなに遅れていない時間に到着したものの、エントリーして荷物を下ろして、スピーカーやウーハー、後部座席なんかも
段取り悪く現場で取り外すという横着ぶりから時間がギリギリで、出走直前に朝から走ることを決めて、慌ててコースに飛び出し
ました......(^^;

当然、前回立てた「1番にコースインしてクリアラップを作る」という作戦は無理(笑)

頭を整理する間も、ましてや前回みたいに入念にイメトレする間もありません。それでも路面コンディションも前回より格段に
いいことだし、とにかくコーナリングスピードだけはなるべく上げようと攻めてみました。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そんなんでは当然綺麗な走りが出来るはずも無くライン取りがめちゃめちゃでした。でも、前回で思ったことの一部は思い出して
ある程度試せたり、完全に忘れたまま終わったり......(^^;

写真はこのコースで僕が一番怖い立体交差をくぐるコーナー。下りながらスピードに乗せて曲がる、なんとも恐ろしいコーナー
です。このコーナーの2つ手前のヘアピン立ち上がりからは、侵入のきっかけ以外になるべくアクセルを戻したくはなかったのに、
やっぱり怖くて戻してしまった。下って加速の勢いに乗りながら抜けていくので、カバ吉のポジキャンのリアが他のコーナーより
もさらにガクンガクンと悲鳴を上げて......ちょっと怖いです。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そんな恐ろしいこのコーナーですが、立ち上がりでは毎回「なんや、もっと全開でいけたやんっ!」って......(^^;

結局1回も満足行くスピードとラインで走れませんでした。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

最終コーナーを回るカバ吉。けっこうロールしてますねぇ。もうズリンズリン・ガクンガクンって感じで、このコーナーはどう
回るのが良いのか分かりません。



走行後の右リアタイヤ。なぜか内側の溝が無い......しかも、溝の無くなった部分のエッジが立ってるし......(^^;アトドレクライツカエル?

ポジキャンのカバ吉では、おそらく普段の日常走りではつかうことの無さそうな部分でしょうか。


で、結果は......


2分15秒切りまであと1.1秒......惜しい!
前回から3.5秒縮まりました。


あれだけラインめちゃめちゃで、ブレーキングポイントも毎回適当で、まだまだもっと踏めるはずなのに踏めてないところだらけ
な状態で。


またまた根拠のない計算ではじき出したカバ吉の予想(妄想)ポテンシャルは、一気に2分10秒台近くまでアップしました。
もちろん僕が乗ったのではそんなタイムはぜんぜん無理だろうけど、目標の2分15秒切りならば僕でもすぐそこに見えてます。

プロのレーサーがカバ吉で走ったら、今の仕様でいったいどれくらいで走れるんだろうと、妄想が膨らみます。走れたからなんだ?
っていったらなんの意味もないんだけど、なるべく車体はノーマルに近い外観・構成のままの”普通のチンク”のままで、どこ
まで走れるものなのか、そんなところにロマンを感じてしまいます。



1回目走行を終えたら昼からの2回目までの長〜いまったりタイム。車のチェックしたり、椅子ならべてダベって写真撮って、
気になる車があったらウロウロしたり(笑)この間がなかなかいいもんです。

走行を終えたカバ吉はオイルパンに雫が多数......
あちこち覗いてみてもどこからか分からずで新たにたれてくることも無く、ちょっとパッキンがゆるい感じでガタガタしてきた
オイルレベルゲージから吹いたのかも? というとりあえずの安易な希望的結論に(笑)



気温も上がってきて気持の良いまったりタイム。そんな和やかな空気の中、向かいには本気のロータス。こんなので走ったらもう
最高だろうなぁ。



ベストラップの出た最後の周回で、なんかリアからいままで経験のないガクンガクンした挙動が出たのが気になったのと、
オイル漏れとで2回目は止めようと思ってたのに、なぜか助手席まで外したカバ吉がいます(笑)

あのリアのへんな挙動はなんかエンジンミッションのあたりがヤバイ感じな印象を一瞬もったけど、後になって考えればあの時は
エンジンが吹き上がって頭打ちのガクンガクンと、コーナーの立ち上がりでリアの足がヘナっとなったガクンガクンが共振したの
かなと。そんなことがあって悪いと思ってたあのラップがベストラップだったというのも不思議だけど、それだけ攻めてたのと
その後は壊しそうで怖くなって丁寧に走ったのが逆によかったのかも?

まあ、そういう理屈は抜きにして、受付で2回目のエントリーをするroadkingさんの背中を見て我慢できずに僕もエントリー
しちゃったのでした......(^^;



突然の、バタバタの出走はばらばらの出陣だったけど、2回目は3台そろってエキサイティングランの直前の決勝レースがはじ
まると同時に入り口に並んで出走を待ち構えました......(^^;ハヤスギルヤン

このタイミングは受付でちゃんと確認したし、悪いことではないんだけど、その決勝レースの1週目で2台がクラッシュし、
飛び散った部品の回収やコース清掃でレースはいったん休止。かなり時間がかかってようやく再スタート。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そしてレースが終わってピットロードに並んでからがまた長かった。事故車2台のレッカー回収。熱いしじれるし、ちょっと
やな感じ。でもその時間を利用して前回の反省点や今回の攻め方を少しイメトレできました。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

さて、ようやくコースインです。ウォーミングアップの1週目最初の1コーナーで、いきなり「しまった......」って。
ついたままだった1回目から今回外した助手席シートですが、あの10kg前後くらい?の違いがこんなに影響あるなんて......

「右コーナーがものすごく不安定!」

ちょっとでもさらに軽くしてあと1.1秒を楽に縮めてという作戦は裏目に出ました。もうコーナリング中の挙動が何倍もシビア
になって、かなり集中力がいる感じです。もう右側の加重が足り無すぎて、自然と身体がハングオンしてしまいます(笑)

しかもセントラルサーキットは主要なコーナーはすべて右コーナーなんです。良く考えてみたら左は楽なコーナーばっかり(笑)
「外すんじゃなかった〜 ていうか、今度は右に重り乗せて走ろう!」とか考えながら走ります......(^^;モウジカイノハナシカ


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そんなウォーミングアップの最終コーナー、なんか白煙吹いてません?


                                                                   [Photo by なゃおえ]

タイム計測の始まった2週目、おっ、F105LさんのFIAT850とのランデブーです♪


                                                                   [Photo by なゃおえ]

おいおい、カバ吉どこへ行く???



あれれ?もう終わりですか?



こういうことでした......(^^;

なんか2週目あたりから車内が臭い。これはもしやカバ吉の匂い?とバックミラーを注視してみたら、やっぱり白煙が上がって
いました。

ジ・エンド......

というよりカバ吉、大丈夫か?

しかしスローダウンして白煙は吹けどエンジンの回り方に変化はまったく感じられないし、エンジン壊した系じゃないような....
と、思いっきり希望的分析をしながらコースの外へ。ピットロードで停止してスタッフに白煙吹いてるから降りてエンジンを
チェックしたい旨を伝え、車外に出てエンジンリームを確認すると......ボタボタとお漏らししてました。

これは即リタイア決定です。



漏れ箇所をチェックしても止まった状態では新たに出てくる気配もなく、いったんオイルで汚れたところを綺麗に拭いて様子を
みると、オイルパンの上は新たに漏れることなく、されどオイルパンに伝ってたれてくる。

これは......

で、オイルパンをよーく見てみると、あるはずのものが無い......(^^;
そしてあってもすべて目で分かるくらい緩みまくってる......(T.T)

この原因を見つけた瞬間、小躍りしたい気分でした。世界が明るくなったような(笑) カバ吉のエンジンは無事だった♪
2回目は1回もタイム計測できず、無駄にお金だけ使ったけども価値はあった。この原因が分かったことと、助手席側の軽量化は
まずいということがわかったことと。これはこれで成果はある(笑)


でも......15秒切りたかった〜


こんなことが言えるのも愛車が無事だったから。それがなによりな今回のサーキット走行でした。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

今回ご一緒させていただいた、F105LさんのFIAT850。止まってる姿もうっとりだけど、やっぱりスポーツカーは走っている姿が
一番美しい!

一緒に走れたときにはすでにカバ吉は白煙吹いてましたね(笑)動くシケインしてしまってごめんなさい。リタイア後はカバ吉が
心配でFIAT850の雄姿は見れませんでしたが、家内ががんばって写真撮ってますので、なにかの手段でお渡ししますね。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そして見事にコースと自分におとしまえをつけることが出来たroadkingさん。リベンジおめでとうございます。これで晴れて気分
スッキリ、本当の意味での再スタートが切れますね!


お二人とも、楽しい1日をご一緒できて幸せでした。また、きっと一緒にはしりましょう!



そしてカバ吉よ、ごくろうさんだったな。お前は今のままでも、もっともっと速く走れる。
今日はそれが分かって嬉しかったよ!もうサーキットは控えようかとも思ったけど、
まだまだぜんぜん納得いってないよな?

よしよし、きっとまたサーキットに戻ってきて今日のリベンジしような!



その後はオイルパンの残ったボルトを締めて、みんなと別れて高速
には乗らずに一般道をなるべくゆっくり、というか普通に走って帰りました。

サーキットからチェックしていたカフェに向かう道中、いつものように「往路と同じ道は
走りたくない」とばかりにナビに逆らって反対向いて走り出すと、途中の景色が素晴ら
しくて素晴らしくて。もうこのあたり、山を背景にあちこち桜が満開で最高でした。
そんな景色の中で偶然見つけたカフェの看板に、吸い寄せられるようにわき道に入ります。
(お腹が空きすぎてたとも言う......)

これが大正解の素晴らしいカフェで、そのあたりの話はまた後日にでも。



そんなカフェでたっぷりまったりすごして、時々オイル漏れのチェックをしつつ、さらに寄り道フォト
ストップの旅を続けました。いやぁ、セントラルからの帰り、一般道ありですよ。宝塚手前までは渋滞
しらずの快走路だし、景色が素晴らしいし、高速乗るのがもったいないようないい道でした。次回には
この途中のカフェをチェックして寄ってみたいな。


そして無事に自走帰宅。充実した1日でした。



本日の走行距離:272km
燃費:17.15km/L (サーキット走行25分とかなりの渋滞含む)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME | NEXT »