チンクのハンドルとマスコットたち

2009/02/28


白ハンドルが欲しい!

これはチンク購入を考えて車を選んでる時から思ってたこと。
欲しい車種はFタイプで、それはベースがLとかRでもかまわなかった。白メーターと白ハンドルにひげ付エンブレムがあればそれで良かった。

しかし、買ったのはLベースのF仕様。Lベースなのでリクライニングシートがついてて、最初から650ccにボアアップされた元気な走りが気に入ったからだけど、なんといってもこの色に惹かれたからだった。違う車が気に入って見積もりもらって帰ったのに、そのときに見た脇役であるはずのこの子がだんだん気になりだした。ただ、唯一白ハンドルではなくてmomoのハンドルがついていたのが残念。それはそれで運転しやすいし、ルックスもスポーティーで気に入ってるんだけど、やはりいつかはクラシカルな白ハンドルが欲しい。しかし、これだけを中古で手に入れるのって難しいんですね。ヤフオクとかでもLのハンドルはよく出物があるのにFの白ハンドルはぜんぜん見ない。

そうこうしてるうちに、かなり格安なLのハンドルが売りに出ていたので、ポチッとしてしまった。今朝つけてみたけど、白メーターとはちょっとちぐはぐ? でも、これはこれで黒い内装のうちの子によく似合ってる。握った感じも細身なところがクラシカルな雰囲気を盛り上げてくれるようで、すごく新鮮な気分になった。

そんなこんなでちゃらちゃらつけて、だんだんおもちゃ箱っぽい雰囲気が出てきたかな?



今朝取り付けた足形アクセルペダル。運転した感じは予想通り面積と高さが増して、ブレーキペダルとの高低差や距離が縮まった分、減速時のヒール&トウがやりやすくなった。



これはブリキのバケツのペン立て。以前参加した大阪チンク会で、渋いDタイプの方が籐のカゴでペン立てにされていたのをマネしてみた。ただうちの子に籐とか木類はあんまりイメージに合わないので、なるべく金属とプラ製でかためようと思った。それもなるべく安っぽいものがいい。



時計とカエルのマスコット。どちらも磁石でくっつくタイプ。チンクは車内あちこちが金属ボディーむき出しなので、けっこう便利だったりする。カエルはだんだんチンクがかわいくなってきた家内が買ってきたもの。車内のあちこちにぺたぺたと張り付いている。



もともとはバスルームのタイル壁なんかに吸盤でつけるタイプの石鹸入れだけど、携帯電話入れとして使っている。ポップなデザインとチープな品質がイケてると思ってる。



これまたカエルのゴミ箱。両面テープでカーペットに立たせてるけど、けっこう位置と口の向きが絶妙で使いやすい。このカエルのゴミ箱はもう一回り大きいものを自宅でも使っている。なかなか和むデザインでお気に入り。



イタリア国旗のティッシュカバーは家内のお手製。こういうのを編んで欲しいと頼んだら、あっという間に出来ておどろいた。編み物とは摩訶不思議な技術だ。

チキンの人形は、握って放すと「ぐぅぇぇぇぇ〜」と悲痛な叫び声をあげる。昨年の台湾旅行で見つけて、チンクに乗せようと買ってきたもの。

だいぶごちゃごちゃしてきたけど、まだまだ序の口。もっとおもしろい物を見つけて、ますますおもちゃ箱度をあげたいものです.....(^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

足形2

2009/02/28


今朝、取り付けてみた。
心配した大きさもなんとかカーペットに擦らないように取り付けることができた。

ルックスは最高! 気に入った!

踏んだ感じは、面積が増えてなかなか踏み心地がいい。減速時にダブルクラッチでブレーキ踏みながらアクセルを吹かすのも、高さが増してブレーキペダルとの高低差が解消されてやりやすくなったはず。

さあ、昼食後に試運転だ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

足形

2009/02/25


あんまり距離走れない分のストレスが物欲に向かっている。

でも、これはかなりのヒットかな。以前ebayで買ったアクセルペダルが紹介画像と違って返品したところ、ちょっとおもしろいデザインのものをヤフオクで見かけてかなり安かったしでポチッと......(^^;

うちのチンクはおもちゃ箱のイメージのような、遊び心たっぷりな感じにしていきたいと思ってるので、これはピッタリ!

ただ、ちょっとサイズが大きいのでうまくつけられるかが問題。

週末が待ち遠しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ドアインナーレバーと巻き取り式シートベルト

2009/02/17


今日は休みなので、チンクでリハビリを兼ねて(という言い訳で)お気に入りのイタ飯屋へ行くも定休日.....(^^;

家内も私も頭の中が完全にイタ飯モードのため、ほかに食べたいものがうかばない。走りながらさんざん悩んで、結局となり町の「三田屋」へ。ここは、自家製ハムに自家製ドレッシングをかけたオニオンスライスのオードブルがおかわり自由でお気に入りの店。ピアノの生演奏を聞きながらボリュームたっぷりのゆったりランチで、まったりとした時間をすごす。



朝から取り付けた運転席側ドアパネル。ちょっと角の丸みが足りないなぁ.....(^^; まぁ、素人仕事なのでこんなもんかな。ドアインナーレバーもなんとかうまく取り付けできた。そしていまはドアパネルクリップがないので(もともとついてなかった)パネル下部がグラグラだけど、ドアパネルクリップを入手したらきっちり固定して完成。しかしドアパネルクリップはどう使うものなのかな?



ドアインナーレバーはやっぱりあるほうがいい。ドアの開け閉めが格段にしやすい。これをつけるまでは、いちいち窓を開けてドアを持って締めていたので、そのたびに窓を開け閉めしていた。窓を開け閉めするメカ部分(ウインドウレギュレーター?)もへったっててギリギリ鳴ったりもするので、あんまり必要以上に窓の開け閉めはしたくなかったので、これで一安心。

しかし写真で見るときれいにも見えるなぁ。
また今度に助手席側も同じようにドアパネルの切り出しとカバー貼り付け、ドアインナーレバーの取り付けをせねば。



そして、かなりてこずった巻取り式シートベルトの取り付け。もともとついてる固定式シートベルトがなかなか外れず、むりに外して壊してしまった......(^^;

そしてこの巻取り式だけど、取説によると巻取機部分をもっと後ろにして、巻取機からベルトがまっすぐに出るようにしないといけないようだ。巻取機自身も水平を保たなければいけない。斜めにするとベルトが出てこない仕様?なので、もっと後ろに取り付けできるようどこかに取り付け穴を開けないといけない。これはちょっと困ったなぁ。



現状だと既存の穴を利用しているが、シートと巻取機が干渉するのでかなりシートを前にしないといけないし、巻取機から斜めってベルトが引き出されるせいか、走行中にベルトがだんだんキツクなって、そのままロックされて苦しくなったりする。

大きな穴を開ける道具もないし、この先はプロにお任せしないといけないかな?
とりあえず今日は運転席側のみで終了。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ドアインナーレバーの取付け穴

2009/02/16


今日は、病院に行った帰りに実家に預けていたチンクを迎えに行った。足の具合も近所のちょい乗り程度は問題なさそうなので、自宅までちょっと遠回りして乗って帰った。今日は暖かくて、ルーフ開けて走るとすごく気持ちよくて、それだけで家内も私もほんとに心のモヤモヤが全部吹き飛ぶから不思議。

帰ってからドアパネルのカバーを張りなおした。これは12月にドアパネルの中のベニア板が腐って崩壊したので、新たにベニア板を切り出して、カバーを適当にホッチキスで止めていたものだけど、ホッチキスの針が見えるのがやはり気になったので、今日タッカーを買ってきちんと張りなおした。あたりまえだけど、この方がぜんぜん見栄えがいい。というか、やっと普通になった。

ついでに1月に届いたドアインナーレバーを取り付けようと、ネジのサイズを見てみたら、ドア側の穴はM5サイズだった。あれれ、レバー側の穴ってそんなに大きかったかな? と、不安になる。
そして、予感的中! 穴、ちっちゃー! マジですか? 仕上げが汚いだけでは済まなかった。 いゃぁ、びっくりです。

仕方なく穴を広げた。上の画像の右が加工前、左が加工後。ぜんぜん穴のサイズが違う。
たまたま、うちに道具があったから良かったけど、ない人はこんなの買ったら困りますね。

そんなこんなで、今日はここまで。明日はドアパネルに穴あけて、レバーを取り付けるところまでいきたいなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME |