美術館と 芦屋洋菓子工房

2009/08/28


行って来ました、兵庫県立美術館。

一昨日から「だまし絵」と題して、「視覚のトリックを巧みに利用して見る者の目をあざむく仕掛けをもった作品」を集めた企画展をやっています。



ちょうど今朝のTVで紹介されているのを見て思いつきでいってみたけど、なかなか楽しかった。特に最後のあの作品は、20分くらい行ったり来たりと眺めまくって、他のお客さんとあーだこーだ話して(笑)、十二分に楽しんだ。

でも、道中の湾岸道路をチンクで走るのは、もっと楽しかったけど......(^^;



芸術の後は、JR芦屋駅裏のお店、 芦屋洋菓子工房に。
駅からすぐ裏にはいっただけで、なんとも閑静な雰囲気。



テラスで憩いのひととき......と言いたいところが蚊の襲来で落ち着かないケーキタイムだった......(^^;

お店の方、蚊取り線香を炊いていただきましてありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

窓からチンクが〜

2009/08/26


さきほど夕食前に、家内が「チンクの音だ!」と言って窓に走り寄った。いっしょに見てみると、たしかに黄色いチンクエチェントだった。あわててビデオをとってきて撮影、間に合った〜! 

再生してみると、まるでUFOでも目撃したような映像に.......(^^;

しかし、なんて可愛い音なんだろう。
そして、なんて愛らしい姿。
もう、こうしてほんの一瞬見れただけで幸せな気分になる。

家内は私が毎朝通勤で出かける音や、返ってきたときの音を聞いてるうちに、他の車と聞き分けられるようになっている。
そして先日、「うちの前をよそのチンクが通ったよ!」と言っていた。黄色でうちの子よりも音が静かだったらしい。その子が今日見たチンク。

うちの前は大通りから裏に入った公園通りで、あんまり地元以外の車が通らなそうな道。しかも、うちの町内のほうに曲がっていった。このあたりの地理に詳しいか、地元の人、あるいはその知人ということになる。時間的にも平日の帰宅タイムなんで、ご近所さんだといいなぁ 。

そして、いつかお会いできればいいなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

秋の気配? もう?

2009/08/24


今日の帰りの車内温度。
この温度だとルーフと三角窓全開ではちょっと肌寒いです。

窓を閉めると、久々にチンクのエンジン熱があったかく感じました.......いつもは暑苦しいのに(笑)


今日の通勤では、なんかエンジンが力強い感じ。プラグを替えただけなのに。掃除したプラグと汚れたプラグの違いなのか? 番手の違いか? はたまたレジスター有り無しの違いか? ???
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

すだれとクラクション修理

2009/08/22


昨日、車体の外側につけてみたすだれはすごく不恰好だった。

そこで今日は車内側にコンパクトにすだれをつけてみようと、幅の狭いすだれを購入。740mm幅でぴったりだった。夏も終わりでセールで¥78と格安!

前側はサンバイザーにはさんで、クリップでルーフ固定金具にはさんだ。後ろ側は折りたたんだキャンバストップに挟み込んだ。

車内側から見てもかなりすっきりした。



外から見ても、先日のような不細工なでっぱりがなくなっていい感じ! あとは風鈴でもぶらさげたいなぁ。



先日気付いたクラクションが鳴らない不具合。
まずは単体で問題ないかのチェック。

テスターで計ると+側はちゃんと常時DC12Vが来てるので、そのままアース側端子と車体を短絡してみる。プゥィーっといつもの情けない音が(笑) どうやらホーン本体は壊れていない模様。



ホーンの端子部分。ピンクの線が常時DC12Vで、緑黄線がアース。このアース線が車内のコラムスイッチの方まで引っ張ってあった。



ホーンのアース線をたぐっていくと、車内に入る手前でギボシ端子で接続されている部分があったので、そこで外して車体アースと短絡してみる。やはりプゥィーっといつもの情けない音が(笑) ここまでは問題ないようだ。



車内に入ってハンドルを外すと、ホーンのアース線がここまできていた。ハンドルの軸と短絡すると、やはりきちんと鳴る。しかしまたハンドルをつけてホーンボタンを押しても鳴らない。なんでやぁ?



ハンドル側を見てみると、グリズがぎっとり。これをふき取ったら鳴った。グリスも付きすぎると導通を妨げるんだなぁ。すこしさらっと目のスプレーグリスを一振りしてハンドルを取り付ける。
直った直った!



弄りついでにプラグをチェック。うーん、白い.......(^^;
最近は通勤とちょい乗りばっかだからかな? 

とりあえずプラグを6番から5番に戻してみた。すると、なんか静かだった回転がちょっと元気にというか、ちょっと荒々しくワイルドになったような気が。音もだいぶ違うような。プラグの番手でそんなに変化あるものなのかな?違いは番手だけでなくて、6番は抵抗ありのBPRで、5番は抵抗なしのBPだ。以前どこかで性能的には抵抗なしのほうが良いとあったけど、その違い?

でもなんかスムーズさには欠ける感じ。でも少し力強いかも?
アイドリング時の回転計の振れはあいかわらずブレブレ。
だんだん、なにがいいのか、なにが正解なのか分からなくなってきたなぁ.......(^^;



試運転であちこち走り回った後は、久々の Le Grand Chariot へ。



なんでもJ-COM TV で季節限定のこの「いちじくのコンポート」が紹介されてたとか。それを見た家内がちょうどここに来たかったとかで、なかなかタイムリーだった。 



カスタードをいちじくとゼリーでつつんだその味の感想を、「なんか芳香剤を溶かしてゼラチンで固めたような味」と言ったら家内に怒られた.......(^^;

だって、そんな味なんだもん(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

チンクにすだれ

2009/08/21


まずはマスコットが増えたので.......(^^;



まえから入手していたものの、固定用のよいクリップが見つからなくて使えなかったすだれ。もっとかっこよく固定したかったんだけど、クリップで盛り上がってなんか不恰好......(^^;
どうやったら綺麗に凸凹なくつけれるんだろう?



前をクリップではさんで固定。ダイソーで見つけたクリップは、はさむ部分がビニールコーティングされていて、車体にやさしい。でもぼっこり出っ張ってしまう。

後ろはたたんだキャンパストップにはさんだだけ。

外側からの見た目は取り付けが凸凹でイマイチだったけど、車内からの見た目は涼しげで最高。そしていい香りが。日本の夏だぁ〜



それでも車内はこの温度。
せめて体温くらいまで下がると涼しいんだけどなぁ。

今日は会社帰りが一番暑い時間になったので、すだれのテストにはよかった。使ってみた感想としては、すだれの隙間からでも日差しが入ればツライということ.......(^^;

「FIAT500 ONLINE-MANUAL」のマネをした、キャンパストップを少し開けた状態で固定する↓の方法の方がはるかに涼しい。
http://fiat500.dtiblog.com/blog-entry-34.html



まだオイル交換からそんなに走ってないけど、最近は熱ダレしてるのか、時々OILランプが点灯する。主に通勤の渋滞時なんだけど、昼間はちょっとした信号待ちでも.......(^^;
パワーの落ちを感じるのもやたらと早かったし。

オイルは昨年11月にネット通販で買ったBP社のコースクラシック20-60W。20L缶だったので、開封してから9ヶ月たっている。開封済みオイルの劣化については諸説あるようだけど、オイル交換間なしからコレだと劣化の可能性も考えられるような。

次は1本320円とさらに安いけどそこそこ評判良さげなシェブロン 20W50 でも試してみようかな? これだと1Lパックでも安いから開封後放置による劣化の心配もないし。

あと、アイドリング時の回転計の振れがまた激しい。同時点火とプラグケーブルの交換で安定していたところ、アーシングでまた不安定になって、そのアーシングをやめたんだけど、いったん安定(以前の完全ほどではないけど)に戻ったのがまた暴れだした。走り出してからは針も安定するし、回り方の感触もスムーズなんだけどなぁ。

なんだろう?

それから、春以降の悪かった燃費が、お盆休みの空いてる市内の通勤でちょっと戻った。だいたい春以降の通勤燃費は12km/L台だったのが、14km/Lに。お盆の通勤3往復+平常通勤2往復での計測。ほとんどすべてが大阪市内の通勤で、空いてるお盆では30分でいける距離を、普段は行きは50分、帰りは1時間くらいかけての通勤になってしまう。悪くて当然かもしれないけど、さすがに12km/L台が続くといろいろ考えてしまう。運転が悪いのか、どこか不調なのか? 
でもその間で和歌山にいったときは高速+一般道の長距離で17.5km/L走った。ほとんど高速メインだったので、もうちょい伸びて欲しい気もするけど、エンジンが不調ということはなさそう。
それが今日、けっこう燃費が戻ったんで、いままでの燃費の悪さはやっぱり渋滞とか市内の悪い流れの影響だったと言えそう。

贅沢な話だけど、混まない快適な通勤路が欲しい!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME | NEXT »