久々の好燃費

2009/09/27


家を出て階段を下りるとチンクがこんな感じで見える。
う〜ん、やっぱりかわいいなぁ。

今日は京都の方まで出かけた。
家からひたすら一般道をすいすいと走り、帰りはちょっと渋滞したけど往復140km程の快走だった。

気になったのは、もうだいぶ涼しくなってきたにもかかわらず、走行時間が1時間を越えるとなんか熱ダレしてるような、パワーが出ない感じ。走り始めから1時間くらいまではすごく元気なのになぁ.........(^^; 
軽い登りでもなんかパワーが逃げてる感じ。油温はだいたい90℃前後ではなかろうか。
オイルはBPコースクラシック60Wだけど、交換から1200kmくらい走ってる。このオイル、1000km走るともうダメな感じ。良いオイルだと違うものなのかな?

最近は大阪市内の通勤ばっかりで、燃費も14km/L前後だったけど、今日はさすがに17.6km/Lも走った。やっぱりそれなりに空いてる道だとコレくらいは走るんだな。ちょっと安心。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

おっ、

2009/09/25


仕事で客先へ向かう道中、前方に見えた白いちっちゃい車体は.......

高速の登り勾配も苦にせずかなり元気に走ってたなぁ。
いやな仕事の始まりだったんだけど、おかげでなんか気分のいい1日の始まりになったみたい。
社用車でなかったら、並んで走りたかったなぁ......

自分がチンクに乗りはじめる前はほとんど見かけることもなかったんだけど、ここ1年、ほんとによく見かけるようになったのは縁だろうか?

あんまり近くで見れなかったけど、いつかお会いしましょうね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

久々の林道ドライブ

2009/09/23


今日は朝から、昨日のサイドブレーキ調整で気になったことの確認。
調整を強めると、はたして本当にブレーキを引きずってるのか?



初めてドラムを開けてみたら、いきなり1本目のボルト緩めたとたんになにかの破片がポロリ......

ワッシャーが折れてる.......初っ端から縁起悪いなぁ......(^^;



カバーを外すとそこは侘び錆びの世界だった〜
錆びの粉で粉っこな〜(笑)

納車から1年でこんなになるとは......恐るべきFIAT500



そしてカバーも粉っこな〜



角に溜めるとこんなにも.....



反対側はなぜか綺麗。

本題に戻って、ブレーキを引きずる原因の検証。
いろいろ弄って観察してるうちに、これは車体後部でジャッキアップしていてサスが伸びきってるせいでは?との考えが。さすが伸びきってる状態は、シャフトのジョイント部分にも一番負荷のかかる状態だし、サイドブレーキのワイヤーも伸びた状態になるはず。

そこで、3輪を接地して残りのリアアームからジャッキアップして、サスに荷重をかけた状態でサイドブレーキ調整すると、おっ、ブレーキを引きずらない。これだっ!

昨日のタイヤを空回りさせたときの回転の悪さも、サスが伸びきってて微妙にブレーキ引きずってたんだ。



だいぶスムーズに回ってる感じ。



こっちはかなりいいんでは?



今日の作業で見つけた嫌なもの、その1。

ドライブシャフトのジョイントからなにかはみ出してる......



中のゴムだな.......

これも替えないといけないんだろうなぁ......



とりあえず、ブレーキの引きずりも大丈夫なことが分かったんで、ドライブドライブ!
久しぶりの滝畑ダム。やっぱり山は気持ちいいなぁ。
こっちに向かってる途中、目的の山々の上だけ雨雲がぎっしりだったけど.......



すぐにこうなった......やっぱり......
お気に入りの堺かつらぎ線だけど、なんかますます荒れてきてるような.....雨のせい?
でっかい飛び石がチンクのお腹にガコガコ当たってる音がするような.....(T.T)

雨の暗〜い峠道はちょっと不気味。ルーフも開けられないから開放感もないし、せまっ苦しくて蒸し暑い。やっぱりルーフ上を木々が流れるのが最高なんで、ちょっと残念。そして、前にはチンクより遅い恐怖のサンデードライバーが......ギアが合わないからもう少しだけスピード出してほしいなぁ......



なんとか雨の暗〜い山道をのろのろと抜けたら絶景が。

途中の分かれ道で変なほうに進んだみたいで、ナビでは道無き山を走る我がチンク。おかげでこんな景色にめぐり合えた。



柿を運ぶため? これはなんていうんだろう?
ケーブル? じやないな。



少し下ると民家がぽつぽつ。遠くに見えるのは茅葺屋根。
大阪から一山越えただけでこんなところがあるんだ。



さっきの絶景ポイントからはるか麓に見えてたところまで来た。
新米の季節だー!



山を下るとまたまた雨。こんどはかなりの豪雨。
最近洗車してなかったから、雨が止んだら綺麗に拭いて洗車代わりということにしておこう(笑)



今日の〆は、洋ナシのパイとアイスショコラ。
なんか洋ナシのシロップ漬けって好きだなぁ。ここのは格別でした。



お店は、菓子工房 T.YOKOGAWA 和泉中央本店(http://www.t-yokogawa.com/)
TVチャンピオングランドチャンピオン大会で優勝した経歴を持つ横川哲也氏の洋菓子店だそうです。

このお店はまだまだ食べたいものがたくさん。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

サイドブレーキの調整をしたら.....

2009/09/22


今日は久しぶりのチンク弄り。

最近サイドブレーキの効きの甘さが気になってた。通勤路のバイパス途中で信号待ちになったときに、サイドブレーキをノッチ4段まで引いてもゆっくり下がってくので調整してみたんだけど、なかなか難しい。というか、車がちゃんとしていればかなり簡単な作業のはずなんだけど、うちの子の場合は何事も一筋縄ではいかない。



チンクを買ってから初めてタイヤを外した。
すぐにサイドブレーキのアームが見えた。



サイドブレーキアームとケーブル。



そして、ここが調整箇所。 FIAT500 ONLINE-MANUALで見たとおりだ。

いざ、調整してタイヤをつけてチェック。空回りさせても引きずってないし、車体を押してみても調整前よりしっかり止まってる感じ。

反対側も少し強めてみたら、こちらは空回りさせるとちょっと引きずる感じ。というか、アームの戻りが悪いような。リターンスプリングが弱ってるのかな? 仕方ないので右側は元に戻して試運転。

近所のショッピングセンターの登りスロープでテストすると、サイドブレーキ4段まで引いてもまだゆっくり下がってく。駐車場で右側を少し強める。帰りの下りスロープでテストしてOK。

あとは、サイドブレーキアームの戻りをスムーズにしなければ。まずはリターンスプリングを新しいものに交換してみよう。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その1。

ドライブシャフトスリーブの固定ボルトが手で回る.......(^^;
しかも4本中2本も(笑)

いやいや、これは笑えないです。
たまにチェックしないとマズイなぁ。
これからは月1のチェック必須です。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その2。

納車整備のときに、エンジンルームと車内の仕切りが錆びて腐り落ちそうとのことで、溶接補強してもらったけど、これはその下側だと思う。ここを溶接しようとすると、かなりいろいろ外さないと無理だもんなぁ。仕方ない。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その3。

なんかカブってる。
プラグは抵抗あり6番でスムーズだったのを、抵抗なし5番に替えたら感じがパワフルになったんだけどスムーズさがないような気がしてた。そこで今日はまた抵抗あり6番に戻して走ってたけど、なんか前に感じたスムースというより、トルクが遅れて来るような、踏み込むと軽くノッキング気味のような、単にフィーリングのレベルだけどそんな感じがした。

ショッピングセンターで抵抗なし5番に戻したら、やっぱりなんか右足にダイレクト反応してるというか、タイヤに伝わってるようなフィーリングに感じる。もはや気のせいに限りなく近い違いなんだろうし、思い込みも多分にあると思うんだけど、精神衛生上の問題でこのまま様子見。カブってる原因は分からないけど。



まだまだ続く、今日の作業で見つけた嫌なもの、その4。

ビデオで撮ると、なんか恐ろしい音に録れてるけど、こんなに大きい音ではない。でも、気になるなぁ。なんかグリスが切れてるだけとかならいいんだけど......原因調べなきゃ。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その5。

これはカメロンパンさんがいろいろ紹介されていて、またお店のほうでも実演して見せていただいたのですが、うちの子もしっかり変な動きしてました.........(^^;

うちの子は納車数ヶ月後の嵐山山中でスプライン舐めてドナドナしてるので、このあたりは非常に不安だったんですが、あまり良い状態ではないみたいです。まぁ、このままでは寿命は短いのかもしれませんが、庶民の実用車としてそこそこ持ってくれればヨシとしなければってとこでしょうか。もう、あれこれ次々と問題が見つかってキリがないから.......(^^;



今日の作業で見つけた嫌なもの、その6。

リアタイヤを空回りさせてみると、惰性でどのくらい回るものでしょうか? うちの子の左リアは、異音が鳴るし、ちょっとなにか抵抗があるような感じ。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その7。

右も同じく。異音はほとんどないけど。


最初にどういう状態の車体を手にするかなんでしょうけど、多かれ少なかれ、つぎつぎと出てくる問題とどう付き合うのか? 
FIAT500という車は、というか旧車というものは、乗り手のスタンスが問われる車ですね。いろいろ目をつぶって実用面で付き合い、自分で出来る部分は極力がんばって、どこかでお金をかけてしっかりプロにお願いするしかないかなぁ。

当面は模索と貯蓄かな(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

漏れてるの?

2009/09/21


先週末、会社についてちょっと音が気になってエンジンルームを見てみると、タペットカバー上にオイルしぶきらしきものが......
オイルフィラーキャップがちゃんと閉まってなかったのかと閉め直し、汚れを拭き拭きしておいた。

翌日には旅行だったので、帰るまでチンクはそのまま会社に置いてたんだけど、旅行から帰って電車で出勤して、チンクに乗って帰ってチェックしてみると、タペットカバー周りは無事だった。

そして昨日、出先の駐車場で目視できないエンジンの裏側を写してみたら、こんなオイル溜りが.........(^^;



位置的にはタペットカバーのパッキンからでしょうか?

増し締めしてダメならパッキン交換かな?
タペットカバーの締め具合って、どのくらいまでOKなんだろう?

ついでにもっかいタペット調整しておこうかな♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME | NEXT »