roadkingさんとチンクのセレナーデ

2010/05/31


先週に納車したてのroadkingさんのチンク。

とにかく嬉しくて楽しくて仕方ない様子は、見ているこちらまで幸せな気分になります。他のチンク仲間も同じ気持ちだと思います。

そんな彼とチンクの想い出の動画が撮れました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

京都チンク会 その2 カメロンパン号とともに

2010/05/31


京都チンク会の本編はまだ先になります......(^^;ヘンシュウジカンガナイノデ
今日は往路でのこと。

朝、8時過ぎに家を出て松原から近畿自動車道に乗ると、後方から迫り来るチンクが1台。カメロンパン号ではないですか! 出発してすぐに、もうチンク会は始っていました(笑)
ルーフから手を出して大きく振ると、バックミラー越しに手を振り返すカメロンパンご夫妻が見えます。
しばらくの間、楽しいランデブー走行のあと、摂津南ICからの下道を選択した私は、守口の分岐で京都方面に進むカメロンパン号と別れました。

そして、京都市内を縦断して週山街道に入ったところで、なんと今度は前方にカメロンパン号を発見。またまたテンションが上がりました。



なんと奇遇なことでしょう。1日の始まりから幸運なことが続いて最高に楽しい1日の予感でした。



景色のいい街道道を、パークウェイ目指してまたまた楽しいランデブー走行です。



ニタニタしながら後ろを走ってると、あっという間にパークウェイの高雄入口に来ました。



料金所を過ぎて、まずはトイレ休憩とビデオのセットにいそしむカメロンパンさんと私。しかし、ここでうちのビデオ(Xacti)の電源が入りません......(^^; 
仕方なく断念してカメロンパン号のお尻を眺めながらパークウェイを走りました。この道をチンク同士で走れるなんて、もう最高でした。



後で分かったことですが、私のビデオは電源が入らなかったのではなく、再生モードになっていただけでした。まだ撮影データが無かったので画面が真っ黒なだけでした......(^^;

残念でした!



そんなこんなで、この日は朝から晩までチンク仲間と走ることが出来て、チンク会だけでなくその前後までも楽しめたのでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

京都チンク会 南大阪チンクたちの家路

2010/05/31


行ってきました、京都チンク会。
最高の天気と20台のチンク(+スバル360ヤングSS)、そして最高の同志達が集まって、それはそれは楽しい1日でした。

チンク会の話はとりあえず後にして、まずはその帰りのランデブー走行から。



南大阪方面の方々と一緒に帰ろうということですが、私のリクエストで会場近くの嵐山口からでなく、反対側の高雄口までランデブー走行してから帰ろうということに。

前を行くのは先頭から高石チンク号(名前ないの?)、roadkingさんのちょんまげ号、ファンさんの弟カバ号(カバ吉と同じ青チンクなので)の3台です。



やっぱり前にチンクたちを眺めながらワインディングを走るのは楽しいですね。しかし、みなさん普通に走ってても速い!

下りになると一気に離されるカバ吉号でした......(^^;



途中渋滞にハマりつつも、なんとか離れず隊列を組んで南へ進みます。
こういうときに先頭を走るのはなかなか気を使うものですね。隊列が千切れないよう、車線変更はなるべくみんながスムーズにできるタイミングでとか、変りそうな信号がないかとか、道を間違えないようにとか.......それでいて、バックミラーに写るチンクたちに見とれながら(笑)



なんて考えながらもとにかく楽しいです。みんなも楽しそう!



途中のコンビニ休憩で。
今回も混んでそうな高速を使わず、1号線をトコトコ進みます。



やがて日も暮れる頃、東大阪のカフェに到着。



目的は、仕事を終えたGeorge"bb"Sundayさんと合流しようということですが、 どこで待ち伏せしていたのか我々の到着と同時に現れたGeorge"bb"Sundayさんでした......(^^;



そして、先週納車されたばかりのroadkingさんのチョンマゲ号に釘付けのGeorge"bb"Sundayさんでした(笑)

カフェではまたエンドレスな楽しいチンク談義が出来、ほんとに楽しかったです。
とにかく朝から晩まで楽しみっぱなしの1日でした。

あ〜、堪能したぁ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

FIAT500試乗会

2010/05/29


久しぶりの朝散歩。涼しくてさわやかな朝、大泉緑地の「樹の道」をぐるりとゆっくり歩く。



森の中、なんか上から綿がたくさん降ってきて、なにかと思えば.....



やっぱり綿......(^^;
きれいだけど吸い込んでしまいそうで、避けながら歩く。



膝のリハビリということで、なるべくアップダウンのある丘の道を選んで歩くと、こんなキノコ郡が。



食べられるかな? と家内。いやいや、どうせ毒キノコだろう と私(笑)



そんなアホな会話をしつつ池にたどり着くと、今度は子亀さがし。
この時期の大泉池は小亀があちこちで甲羅干ししていて可愛いです。



そんな散歩を終えるとroadkingさんからメール。昼から会いましょうという事に。

とりあえず午前中にオイル交換を。
なんか細かなスラッジというか、ギンギラのモヤモヤが混ざってます......(^^;

今回初めて使ったスノコの格安オイル、ウルトラGT 20w-50。
高速走行で一気にへたった感があり、その後もちょっと暑いと腰がなくなる感じだったけど、まぁ日常の通勤では涼しい最近の気候だとまったく問題なしで、意外といけるじゃんと思ってたりもした。
でも、今日オイル交換して走ってみて、こんなにパワフルでトルクフルに感じるとはやっぱりかなりへたってたということだろう。替えたてで油温がそんなに上がりきらないうちはなかなか調子いいオイルです。

そのあと洗車して昼食とったら、昼からroadkingさんが来ました。久々にカバ吉をコンパウンド入りワックスで磨きながら待つかと思ってたら、家内から携帯で「ちょんまげ号」来たよって。あいかわらず音ですぐ聞き分ける家内でした。

さて、さっそくちょんまげ号の横に乗せてもらってぐるりと周遊。やっぱりチンクは運転しても、乗せてもらっても本当に楽しいものですね。なんかついつい顔が笑っちゃいます。
コーナン行って、シッグネスゲージやらを買い込むroadkingさん。DIYで整備する気満々なようです。そして駐車場でバックの時だけジャダーがでるというちょんまげ号を、私がハンドル握ってチェック。いろんなパターンでバックのチェックしてみるも気になる挙動は感じませんでした。

大丈夫なんじゃないですか?>roadkingさん

そのままうちまで運転させてもらって、オリジナルの500の乗り味を試させていただきました。まず第一印象は、クラッチミートでよく粘るということ。いつもの習慣でいきなり2速発進でミートしても、スムーズに発進出来ます。このあたりはうちの子よりスムーズかも?
そして、たしかに回転計で簡単に5000回転を越えます。それもべつにエンジンがうなる感じもなくそこまでスムーズに回転が上がる感じです。650と比べて、たしかに回転上昇のスピードは遅いけど、街中の普通の流れには対応できる感じ。それもフルスロットルでしっかり引っぱってという感じで、本来の500が街中で性能を使い切って走る楽しさが味わえる車なんだと、想像通りなことに満足でした。650だと街中で性能をめいっぱい使い切ることはあんまりありませんからね。その点が最近の贅沢な悩みではありますが、George"bb"Sundayさんの言うところの650は楽だというのもよく分かりました。エンジンに関しては思ってたよりも500と650の差は大きいなと思いました。

さらにこんどはちょんまげ号の操作感ですが、シフトノブは本来Lタイプの場合はニュートラル位置でセンターにくるようにバネの力が働いていますが、ちょんまげ号はこのバネが効いてないFタイプ仕様。これはなれないとなかなか不安な感じで、ニュートラルから真上に上げれば3速という感覚でいたので乗りはじめにギアを泣かせてしまいました。ごめんなさい......m(_ _)m シフトの入り具合はすこぶるよかったです。エンジン位置=ミッション位置を後ろに下げてあるうちの子よりも2,4速がかっちり入って気持ちいいです。
ブレーキはちょっと遊びが大きいものの、初期制動のタッチも申し分なくよく効いていました。このブレーキの遊びはなにで決まるんでしょう?パッドの減り?調整可能なのかな?roadkingさんは不満なようですが、私は乗ってみて特に違和感も不満も感じませんでした。

さてそんなこんなでうちまでもどって選手交代です。今度はうちのカバ吉号のハンドルをroadkingさんが握ります。とりあえずroadkingさんもその違いをすぐに体感されたようで、走るなり「これは普通の現代車と同じだ、ズルイ!」と言ってました(笑) おっしゃるとおり、普通過ぎるところが不満です......(^^;

そんな楽しい乗り比べをして、なんやかんやと話したり、ちょこっと電気系がどうなってるか調べたりしてたらあっという間に夕方になってました。ほんと、楽しい午後でした。roadkingさん、また遊びましょう。



明日は京都チンク会です。roadkingさんが帰って、私はカバ吉を夏仕様に衣替えです。

運転席周りですが、青いのはちょっと前につけた運転手専用ファン。羽根がウレタンなので危なくないのがいいです。夏の雨の日には重宝するかもしれません。



そして、なんといっても1番の必需品はこのエアークールシート。



そしてあんまり使わない、半分飾りのリアの扇風機。
なんかこれがついてると涼しげで(笑)



さきほど焼きあがった自家製パン。
明日の京都チンク会での昼食のサンドイッチ用です。楽しみですねぇ〜


話は戻って、うちに来る前に、roadkingさんが2CVとすれ違ったと言ってましたが、それはきっとteraさんだろうと話してました。teraさん、昼にやまたか線で白いチンクエチェントとすれ違いませんでしたか? それはroadkingさんのFIAT500ですよー!
そして、夜になってちょっと実家に用事で行った帰り、発見しましたteraさんの2CV。パリから無事帰ってこられたようで何よりでした。手を振っていただきこちらもクラクションで答えましたが、車線の流れがなければお話したかったですね。まぁ、近所なんでまたいづれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

roadking号とともに

2010/05/23


会いにいってきました、roadking号。(なんか愛称がほしいなぁ......)



昼から三井アウトレットパーク大阪鶴見へ行こうと用意していたら、roadkingさんからお電話。東大阪にいるとのことで、ではむこうで合流しましょうということに。

アウトレットでのお買い物後、携帯で連絡とりながら近畿道で合流。東大阪入口近くの路肩で待ち伏せしていると、もうすぐ通過と携帯で連絡がはいって、すぐに白いチンクが元気に走っていった。
うぉー、roadking号が走ってるー! と、なぜか感動しながら追っかけました。



500ccノーマルのままというroadking号ですが、高速ではメーター読み90kmちょいのいいペースで巡航しています。前評判どおり調子よさそうで、申し分ないかんじでした。



一般道に入ってからもなかなかの加速。通常の街中走行にはまったく問題なさそうな走りです。



うしろでroadking夫妻の乗った旧チンクを眺めながら、私たち夫婦もなんだか感無量ですごく幸せな気分になりました。



給油してるだけなのに、そんなところを見ていてもなんかほのぼの気分。



チンクの給油シーンもなかなか絵になりますねぇ。



この斜めの角度がまたかわいい!
チンクの後ろをチンクで走る、これ幸せの図って感じです。



roadking邸によってワンちゃん下ろした後は、雨なのでとにかく屋根付き駐車場でチンクながめながらゆっくり話の出来るところへということで、いつもの鳳のアリオへ。

2台で堺FIAT500会です(笑)



早朝からmixiでroadking号の話題で盛り上がっていた高石チンクさんやサンデーさんもご一緒できたらよかったのですが......



盟友、roadkingさんとの旧チンク同士でのツーショット、いつか実現すると思ってたけど、まさかこんなに早く実現するなんてほんとに驚きです......(^^;



なかなか精悍な立ち姿。



うちの子に同じくこれからいろいろと飼い主を悩ますことでしょう(笑)



チンク仲間みんなでいっしょに悩みながら、楽しく維持して末永く可愛がっていきましょうね!



いつまでも話が尽きなくて、先に店内に入った奥方たちを待たせてましたが、ようやく合流して夕食に。

なんか最近無性に韓国料理が食べたくて食べたくて、やっと食べられて今日はほっとしました。

スンドゥブ・チゲです。



グッツグツに煮えたぎってうまそう!
今日は肌寒かったので、ちょうどおいしくいただけました。
しかし、帰宅した瞬間からもっと韓国料理が食べたいって感じです。
鶴橋いきたいなぁ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME | NEXT »