発電機の不具合、ついに

2011/04/28


カバ吉の別荘です。露天の自宅よりも立派です.......(^^;



今朝はそんな別荘に着くなり頭から突っ込んで.......


店開き.......(^^;

今朝の通勤は走り出して約20分間ジェネレーター警告ランプが消えなかった。つまり20分間バッテリーからの電気のみで点火
して走ってたということだけど、点火に必要な電力ってどの程度なんだろう?バッテリーの電気だけではたしてどれだけ走れるもの
なんだろう?

そんな実験をしたわけでは決してないんだけど、20分は問題ないことが分かりました(笑)

職場に着くなりバッテリーの電圧を測ったら10ボルトちょいだった。今にして思えばその状態でセルが回るのか? エンジン始動可能
なのかも試しておけばよかったんだけど、すぐにバッテリー外して充電しちゃったから不明。

そう、充電器積んで走ってます.......(^^;

あ〜、明日からGW前半は仕事だけど、走りだしてすぐにジェネレーター警告ランプが消えなかったら電車通勤したほうが
良さそうだな.......


本当は今日28日にユーザー車検に行く予定だったんだけど、前回の車検の有効期限を勘違いしていて、実は明日29日以降
でないと車検が受けれないことにギリギリ気づいたのでした。(車検は有効期限の1ヶ月前から.......)
そんなわけで予約を5/2(月)に変更したんだけど、こんな状態ではちょっと無理かなぁ? 当日発電の調子が良ければなんとか
なるかもしれないけど、ダメだとしたら検査場までの間にバッテリーがヘタってライトの照度で落ちそうだし、一度エンジン
止めたらセルが回らないかも?

よりによってこんなタイミングで.......参りました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ジェネレーター不具合、その後

2011/04/27

ジェネレーターランプが消えない問題のその後だけど、朝の通勤時はエンジン始動後わりとすぐに消えるけど、帰宅時はなかなか
消えないことも。昨日も走り始めて15分くらいでやっと消えた。

今日なんかは15分くらい走ったところで発電電圧を測るとこんな感じ。
で、あ〜あと思いつつ走り出すとすぐに消えた.......(^^;

完全にカバ吉におちょくられてます(笑)


ランプが消えてすぐに計ったアイドリングでの発電電圧はこんな感じ。

とりあえずイタリアのeBayでジェネレーターのアーマチュアコイルを落札。nuova51onoさん に教えていただいたものだけど、
かなり安くてラッキー! でも、送料の方が高かった.......(^^;

さて、無事に着いてくれるだろうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

仕事帰り、いろいろ

2011/04/25

定時で仕事を終えると明るい間に走れます。これは気持ちいい!

仕事のストレスを大音量の音楽で吹き飛ばしたり、たまには上司のminiを追いかけたり.......
しかし、スーパーチャージャー付きだそうで200馬力越えとか.......(^^;
チンクの10倍のパワー。

ルーフから見える明るい空と、お気に入りの音楽と、まわりにかわいい(またはかっこいい)車が走っていれば、それだけで気分爽快!


たまにはこんな車も見かけたり。

もちろん全力で追っかけます(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

雨が上がったので

2011/04/23

さて、親亀に乗って楽チン帰宅したカバ吉号ですが、夕方になって雨が止んでさぁ、作業開始と着替えて外に出ようとしたら
また雨.......というようなことを3回程繰り返したら、本当に雨が止みました(笑)

まずは、いちばん簡単なところからチェック。ヒューズケースのフタをぱかっと空けると.......いきなり飛んでるのが1本(笑)
こんなときのためにと積んでる予備に交換してセルを回すもかからず。


コイルに電気行ってるの? ってことで計ると、弱ってるながらもまずまず電気は来てる模様。


雨の日に移設したコイルの状態を見るのは初めてだけど、しっかり濡れていた。


抵抗の端子も。これはなにか対策考えないとなぁ.......

とりあえず今日のところはここは見なかったことに.......(^^;


次に手っ取り早いのがコンデンサー。カバ吉初めての、そして深夜のドナドナは、このコンデンサーの不具合だった。
それ以来、これも予備を積んでいるので交換してみることに。


で、今ついてるのを外して見たらなんか変。


ディストリビューターに配線が残ってるし.......(^^;


なんとも簡単な原因でした。


楽しみだった和歌山行きは中止になったけど、何度もいやがるカバ吉を無理やり走らせて行っても本当になんかありそうで
気持ち悪いし、これはこれでよかったんだということで。

おまけとしてヒューズ切れてるのにも気づけたし、おかげで鳴らなくなってたクラクションが直ったし!


最後には運(糞)もついたということで(笑)

昨日のいい加減にかけたワックスもよく効いていたので、ざっとボディーを拭いて、試運転と風通しに家内と近所をドライブ。
カバ吉もご機嫌が直ったようで快調!ジェネレーターランプも1500回転くらいで消えるようになったし、これで明日も元気に
走れそうです。

あとは明日少し早起きして、高石チンクさんからのアドバイスでジェネレーター端子の接点を磨いてみることに。
これで改善したらうれしいんだけどなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

カバ吉、ぐずるの巻

2011/04/23

ジェネレーターの端子で計った発電電圧、14.85ボルト。

今日は雨だけど、和歌山ラーメンを食べたいという家内のリクエストで朝から家を出発。ついでに和歌山のパラレルワールドを
ぶらぶらし、花山温泉につかって帰ろうという計画。

しかし.......

最近ジェネレーターの調子が悪くて、ジェネレーターランプがしばらく走らないと消えなかったり、普通は1100回転くらいから
消えてたランプが2000回転近く回らないと消えなかったりしていた。今日も5kmほど走っても消えなくて、ちょうど高石チンクさん
の職場前路肩で停止。おっ、いるいる高石チンク号が。案の定、カバ吉の音に気がついて出てきた高石チンクさん(笑)
さっそく高石チンクさんにも手伝ってもらってジェネレーターの発電電圧計ったら、アクセルあおって回転上げながらでも
2,3ボルトしか出ない.......(^^;ダメダ

仕方なくあきらめて高石チンクさんといろいろ立ち話。今日はこんな予定だったとかいろいろ話して、それはそれで楽しい時間
だったけど、ちょっと気が重くもなりつつ帰路につく。
しかし、引き返してたら途中でランプが消えて、その場でまた発電電圧計ったら14ボルト以上ちゃんと発電してたり
.......なかなか不安定です。

先月までの入院でジェネレーターのブラシも交換してもらっていて、退院直後1週間は問題なかったけど、しばらくしてから
こんな症状が出ていて、カメロンパンさんに相談したりするもジェネレーター自身古くなってきていて、ブラシ交換だけでは
なかなか完調とはいかない場合も増えてきているとか。とりあえず様子見してたところ。

困ったなぁ〜


ドライブ中のコンビニストップではありません.......(^^;

とりあえずよくなったことだし、「ふりだしに戻る」を引いてしまっただけということで気にせず再度和歌山に向けて出発.......(^^;
順調に走り、さっきの折り返し地点の高石チンク号前も快調に通過!

しかし.......今度はエンジンストール.......バスッバスッバスッ.......

なんか火花が飛ばなくなったような感じで、「プラグコードも新しくてすっぽ抜けることもなさそうなのになぁ〜」とか考えながら、
右側車線から惰性で路肩のほうへ車線変更。すると、なんと目の前がコンビニじゃないですかぁ!これはツイてるとばかりにそのまま
惰性で駐車場に乗り入れ。

いやぁ、うまくいったー、ばんばんざい! って喜んでる場合じゃない(笑)

しかし、このカバ吉のぐずりようはいったい.......とりあえずセルを回すも火がつかない感じ。
家内と「きっとカバ吉が和歌山に行ったら良くないことがあるよって警告してくれてるんじゃないか?」とか、
「カバ吉は霊感強いからなぁ」とか意味不明な会話をしつつ、縁起がわるいのですぐ直っても引き返そうと決めてエンジンフードを開ける。

なんか臭い?(この臭いは近くの臨海工業地帯からのものだろう?という結論に)

とりあえずプラグコードもしっかりささってるし、燃料ポンプも動いてる。さて点火系を一つづつ調べるかと思うも、しかし
雨脚が強まる。どうせ引き返すんなら雨の中あれこれするよりドナドナしてもらおうと、潔くチューリッヒに電話する。
いや、ほんと、いつもお世話になりますねぇ.......(^^;


チューリッヒに電話したのが10時10分くらい、積載車の現場到着が10時35分。なんでそんなに速いのぉ〜
いつも完璧な対応で感謝しているチューリッヒのロードサービスだけど、今回はこれまた最高の対応でした。

まずは車体をチェックして.......


車内養生までしてくれて.......


車内養生はこんな感じ.......そこまでしてくれなくてもいいのに.......(^^;


親亀のそばまでコロコロコロ.......


おにいさん、雨の中すみませんねぇ.......


引っ張るのはリーフスプリングのとこでお願いします〜


ゆっくりゆっくり〜


ほっ、無事乗っかりました!


カバ吉も3度目で慣れてます。この余裕の表情(笑)


高石チンクさん、どのあたりかお分かりですよね(笑)


積載車のおにいさんも老体のカバ吉なのでほんと丁寧に扱ってくれました。こんなところにも保護用にウエス巻いてくれたり。


旧車は強く固定しすぎると簡単にアライメントが狂ったり、弱い部分が曲がったりしかねないとのことで、緩く固定して丁寧に
走るよう心がけておられるとか。こういう分かってる方に対応してもらえるのって、ほんとうにありがたいですね。


さて、楽して家路に。

途中、積載車のおにいさんといろんな話に花が咲きました。最初FIAT500と聞いてNEWのほうだと思ったけどカバ吉見てびっくり
したそうで。でも旧チンク乗せるのも初めてではなく2回目だとか。あとは2CVとか旧ミニとかはよく乗せるとか。
旧車を載せるときは強度面で細心の注意をはらうだけでなく、たとえばサイドブレーキなんかにも気を使うそうです。
うっかりギャってひっぱるとワイヤーが切れるからとか.......(^^; 古いボルボなんかはワイヤーがたまった水に浸かるとかで
ワイヤー錆錆な場合があってそういうのが多いらしいのですが、いろいろ心得てますねぇ。おにいさん自身も旧車が好きで、昔は
キャブ仕様の2ストのジムニーに乗ってたとか。そのあと新型に買い換えて物足りなく感じたといっておられました(笑)


そんな楽しい会話をしてるとあっという間に到着。
近所の人に見られたらちょっと恥ずかしいなぁ.......(^^;


といっても団地の中で音が響くから、きっと見られてるような.......


とりあえず無事、スムーズに帰宅できました。

さて、あとは原因究明だけど、屋根もない青空駐車なもんで雨がやまないとなぁ.......

カバ吉の忠告通り和歌山行きは中止にしたので、帰りがやたらとスムーズだったんでしょう。なにはともあれ無事が一番でした!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME | NEXT »