台風の後は

2011/05/31

日曜の名古屋行きであちこちから車内に水が浸入したカバ吉。なんか車内が雑巾臭いので、
今日は陰干しすることに。


久しぶりにシート外してカーペットをめくると、やっぱり濡れてる。


なんか新たな穴があちこちに。また例によってパテで埋めて(笑)


アルミテープで隠して.......(^^;コンナンデイイノカ?


なんてことしてるとご近所のアイドルのミカリンがやってくる。いつも車をいじってると、側まで走ってきてこのポーズ(笑)
ご近所さんが前を通るたびに挨拶に行ってはまた戻ってくる。


そんなミカリンは自転車が苦手。カゴに乗せられると怖くて固まってこの表情(笑)

ほんとにもう可愛くて可愛くて、メロメロです.......(^^;ウチノコニナル?


今日はまたいろいろあったけど、疲れたので温泉銭湯にいってマンゴスチン食べて寝よう.......
マンゴスチン、甘いのもあったけど、全体にちょっと酸っぱい.......(^^;キブンダケ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ニコルに会いたい!

2011/05/30

台風2号の近づく日曜日。

名古屋のタイフェスティバルに大好きなタイの歌手「ニコル・テリオ」がやって来るというのに.......

会場は野外で、雨風が強くなると開催自体も危ぶまれる。前日から興奮して眠れない家内と、日の出前から目が覚める私(笑)

朝の天気予報でどうしようかと迷っていたものの、10時頃にネットでライブの時間を繰り上げるとの情報。
それならいけると喜び勇んでチンクを走らせる。

さすがに梅雨の前線と台風が合体しただけあってかなりの雨。頼むぞカバ吉!


御在所SAまで一気に走ってベタ吉になったカバ吉号.......(^^;
いままで一度も雨漏りなんてしたことなかったのに、この日はさすがに頭に手にと、キャンバスとボディーの隙間から強風に乗って
舞い込んだ雨の雫がしたたる。


それでも快調に走るカバ吉のおかげで2時間半ほどで自宅から180km程の名古屋に入る。

先週の大阪に続いて、やって来ましたタイフェスティバル2011名古屋。

家内の友人と合流してまずは昼食になにをたべようかと物色。


雨脚が止まず、テントが張られたスペースを確保。こういうスペースをあちこちに用意されていて、ほんとうに助かります。


しっかり味のカオマンガイ(鶏の炊き込みご飯)は、タイフェス大阪の時にあにいさんからいただいたコメントで食べたくなった。
そしてムーマナオ(豚肉のレモンソース和え)に、好みの乾燥気味なカオニャオ(タイのもち米)と、満足満足。


さらにホイトート(貝のお好み焼き?)もこれまたおいしかった。本当はもっと早く着いて、早めの昼食でチャンビア付きの
はずだったんだけど、天気予報見てぐずぐずしてたからビールなし.......(T.T)


昼食中も雨脚はぜんぜん弱まらず......


ていうか、強くなってる?


めげずにこんどは買い物。


懐かしいえげつない匂いの元は果物の王様「ドリアン」。
タイへ行くたびに今度こそ食べるぞとおもいつつ、いざモノを目の前にするといつも尻込みしてしまう.......(^^;


あちらでよく目にする果物の中に


愛するマンゴスチン発見。「大粒のマンゴスチン、8個500円〜」という声につられて買ってしまった。
にしてもえらい小粒で.......(^^; 店のおじさんに言ったら苦笑いされた(笑)
雨季のタイだと1kg20〜30バーツ(60〜90円)という値段で毎晩食べれるのに、日本ではたまにスーパーで見かけても
5つで400円とかしてる。皮が分厚くて食べるとこはあんまりないのに.......(^^;

お祭りだし、まぁ、たまにはいいでしょう。


近々、コンビニなんかで売るらしいグリーンカレーパン。ためしに買って翌朝の朝食にしてみたけど、正直言ってちょっと微妙(笑)


こんなものも売られていた。


後ろに乗るばっかでなく、一度運転してみたいなぁ。


チンクが買える値段です.......(^^;

排気量はチンク以上の660ccだそうです。


こんなとこにオイルキャッチタンク?

シートが涼しげ。


このネーミングは絶妙だと思う。


ド派手可愛いなんともいえないこの造形。


そうこうしてるうちにライブの時間まであと1時間。テント下の座席を確保するも雨脚弱まらず、強風も吹いてテントが飛ばされそう。


ステージ上ではスタッフの方が一生懸命にたまった水を掃いてるけど、降り止まない雨でまたどんどん水がたまっていたちごっこに。

ほんとご苦労様です。

そんなスタッフの方々の努力が天に通じたのか、ライブが始まる頃には雨脚もだいぶ弱まった。



待ちに待ったライブの始まり。結婚して子供生んでもやっぱりニコルはアイドル。
もう出てくるなりものすごいオーラを感じる。
10年以上前にタイでかかりまくってたあの曲やあの曲が生で.......もう最高に幸せ。

初めて生で聞いたニコルはCD(当時はカセットテープ)で聞いてた通り、いや、それ以上に
ほんとに綺麗な声。そしてとにかく可愛い。もうめちゃめちゃ可愛い。

もう36歳だっけ? そんなのぜんぜん関係ない!



そしてハプニングが。

台風の近づく中、老体のカバ吉に鞭打って、雨漏りにも強風にもまけずに
走ってきたご褒美か、なんとニコルが.......

歌いながら客席乱入で目の前まで.......w(°o°;)wカンゲキデス

握手してもらう家内。

もう家内とともに「ほんまにめちゃめちゃ可愛いなぁ、アップにも十分耐えるなぁ、
ほんまに来て良かったなぁ」って。


時折テントが飛びそうな突風が吹く中、こんな悪天候のなか来てくれてありがとうって言ってるかのように終始大サービスで
最高のステージを見せてくれたニコル。

ほんとうにコップン・カップ!(ありがとう!)


短い時間だったけど、ライブの後には握手会も。一緒に記念撮影までしてもらって.......もう言うことなし。


またきっといつか、ステージの上のニコルに会いに行こうと心に決めた名古屋での1日でした。


名古屋を後にして雨風強まる中、一気に大阪を目指す。予想通り台風の再接近時間も早まり、見事に強風の中の走行に。
トンネル出た瞬間とか、横風ひと吹きで1m以上横に飛ばされるチンク.......(^^;コワー

そんな中、幸せな余韻に浸りながら今日買ったニコルのCDを爆音で鳴らして帰路に着く。昔にかったミュージックテープは
さすがに伸び伸びで、行きはそんな伸び伸びの音が悪くなったテープをかけながら....あたりまえだけどCDはいい音だなぁ(笑)

と、そんなことしてるから分岐で名阪国道に入り損ねて気がつくと伊勢自動車道を走行中.......(^^;マァ、ドライブドライブ


台風の中の高速巡航では、天井からの雨漏りだけでなくいろんなところから水が浸入するチンクのボディー。
翌日の会社帰りはなんか車内が雑巾臭い(笑)
フロアマット外してカーペットを手で触ったら、しっかり濡れてました。
明日はカーペットはいでしっかり乾かさなきゃ。


山間部に入って風がましになったら、今度は霧で前が見えない.......(^^;

行きも帰りもまったく酷いドライブだったけど、とっても幸せ気分のドライブでした。



走行距離 375km
給油量  20.21L
燃費   18.55km/L
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

古民家カフェ「茶房 あゆみ」

2011/05/27

先日の宇陀松山でふらりと昼食に入った、古民家カフェ「茶房 あゆみ」。


店内にはちょっとした地元産のおみやげ物と、なんとも懐かしいような心地よいスペース。


テーブル席あり、座敷ありで


囲炉裏を囲む席もありと、それぞれ趣きありな店内でした。


普通の民家の居間のような部屋の奥には、これまた懐かしい厨房が見えます。


そんな居間の奥には2階に続く急な階段が。むかしよく行った祖父の家にもこんな急な階段があったなぁ。


薦められるままに階段を上ると、屋根裏部屋のような2階居室が。


築180年の古民家だそうで、壁の材料なんかにも当時そのままのものが残っているかも?

壁にも歴史を感じずにはいられません。





2階からは玄関が見渡せて


下から見るとこんな感じ。うまく取り入れられた自然光が気持ちいい。


急な階段を降りると


途中のスイッチひとつがまた懐かしい


気取らない感じの日替わりランチは、普通の家でいただいてるような家庭的なメニュー。内装とあいまってほんとうに
リラックスしたランチタイムを楽しむことが出来ました。


食後は注文の度に豆を挽いて入れられる珈琲。地元の井戸水を使っているとのことで、まろやかでとても飲みやすい
おいしい珈琲でした。


なんだかんだと見て、食べて、飲んで、まったりしたひと時を過ごさせていただきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

宇陀市松山伝統的建造物保存地区

2011/05/25

宇陀市松山伝統的建造物保存地区にて。


近場でいいドライブコースはと考えてたら、なんか古い町並みを見たくなって宇陀松山に出かけてみた。
道中は初めて走る南阪奈道。高速道路というものにあまり興味がなくて、知らない間に出来ていた道。うちからもICがけっこう
近くて使いでがありそう。高速道路が終わってからも長〜いバイパスが続いてかなり快適に奈良の奥の方までアクセスできた。


宇陀松山の入り口には道の駅「宇陀路 大宇陀」があって、ここを拠点に伝統的建造物保存地区を散策できる。


道の駅には足湯があって、ちょっと肌寒かったこの日は散策前後に体をあたためることが出来た。
足湯はほんどうに気持ちがよくてリラックスできて好きなんだけど、ここのは泉質もかなりいいみたい。つかってる足が
ぬめっとしてきてその後キュッキュッといった感触に。手を浸してみると、あっという間にすべすべに。この泉質はかなり優秀な
美人の湯と見ました。この文章書いてる今も手のひらがスベスベなままです。次回はぜひ大宇陀温泉によってみることにしよう。


道の駅といえば地元農産物の直販が楽しみなうちの家内ですが、ここでもいろいろ物色してます。
レジのおばちゃんは買おうとしたブロッコリーが細すぎるので、硬いかもしれないからやめときって.......(^^;

すごく親切です。


名物のドリンクもなかなか濃い〜い味でイケてました。


道の駅から道路と川を渡ると、そこはもうすでに伝統的建造物保存地区。


たまに古民家を改造したお店があったり。


江戸初期とか中期の建物が多いようで、時代ごとのつくりの違いが比較できるようです。


この建物はお医者さんなんですが、ちゃんと営業されてるんですね。味があるなぁ〜。


看板も由緒正しい老舗感が感じられます。


えべっさんの瓦があちこちに使われてました。


ちょっとだけカバ吉もいっしょに散策。


子供の頃にタイムスリップしたような.......


山も近くて空気も綺麗で、とても静かな落ち着いた街並みがすばらしかった。









お土産にちょうど良さげな和菓子屋がいくつか見受けられました。


どの家も景観を大事にされていて、玄関口にも花を飾ったり気を使っているのが伝わってきます。


ポストまで雰囲気を大事にしてるんですね。





懐かしいポストも街並みにマッチしています。





気持ちの良い散策と、また後ほど紹介しますが落ち着けるランチタイムを過ごすことができました。





散策中につまんだ、銘菓?「きみごろも」


卵の白味を丹念に泡立て、黄味を衣に焼いた上品な菓子です。
甘さ控え目で、皮の部分が焼きプリンの表面みたいでおいしかった!


そんな大宇陀散策を終えて、室生寺方面への林間ドライブ。


目的は片面焼きの入ったよもぎ餅(室生よもぎ餅本舗 もりもと)だったんだけど、お店が閉まってて草餅(室生草もち本舗)に変更。
これはこれで美味でした。


さらに軽快なワインディングを楽しんで。


横目に清流というのが気持ちいい。


山里風景をいくつも抜けて。


今度は道の駅「宇陀路 室生]
川沿いでゆったり出来るスペースが気持ちよかった。


そんなこんなで新しくなった(古いけど)キャブレターでの心地よいドライブを満喫できた1日。スロージェットも53から45に絞って、
アクセルちょい踏みあたりのレスポンスと低速での吹け上がりがすごく良くなったのがほんとに気持ちいい。
帰りの高速でもいろいろ試してみたけど、3速で6000回転、4速で5500回転まで回って力強さも出てかなり調子いい感じ。

この状態が長く続いてくれますように。



走行距離  177km
給油量   9.08L
燃費   19.5km/L
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

うっとり

2011/05/24

.......(^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME | NEXT »