ちょっと買い物に行くと

2013/05/26

朝から最近再開してるインラインスケート&フリーラインの練習。すっかり月2〜3回ペースです。しかも中腰スタイルで滑るのですぐに足がプルプルして筋力的に休憩込み1時間の練習が精一杯......(^^;トシダ
いったいいつになったら基礎技をマスターできるのやら。先は長いです。


さて、今日は練習場所の大泉緑地でフリーマーケット開催の日でした。家内と合流してちょこっとショッピング。戦利品は3枚100円のCDくらいでした。あとは暑い時間帯は練習疲れを癒して少し日が傾いた頃にバイク用品店へと走りました。




出発前にLINEの南大阪カブコレダ会の板に二輪館へと行く旨をアップすると、昨日に続いてメンバー全員集合でした(笑)
高石チンクさんのK50がシート張替え中でなければ山手に走りにいきたかったですねぇ。それは来週あたりのお楽しみかな?




そんな南大阪カブコレダ会メンバーのroadkingさんは、暖機後の低速息つきにお悩み中で、いろいろ試してかなり改善された様子。その過程で取り付けられたのは可愛いリトルカブの車体にがっつり自己主張しているこのマフラー。なかなかのいかつさですが、おかげでかじわじわと伸びのある加速が魅力です。2ストのアドバンテージで出だしで引き離しても、きっと最終的にはついていけないだろうなぁ。




さて、今日の二輪館での戦利品はこれ。といってもちゃんとお金出して買ったものですが(笑)
スズキのバイクなのでスズキのギアオイル。という安易な選択ではなく、これが一番安かったのでした......(^^;703エンナリ


こういう小さな金額で小さな喜びとそこそこの変化を楽しみながら、また一歩前進するコレ吉でした。




そんなコレ吉の今日のプラグチェック。アース側の周辺電極が黒いですが、おおむねこんなもんかちょっと濃いかな?ってとこでしょうか?


夏だし、ほんのちょっと薄くしてみたくも......


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コレ吉、リアブレーキの清掃

2013/05/25

リアブレーキを強く踏むと「ブブーッ!」っと鳴いて振動が出る症状が気になって、リアブレーキをばらして見ました。こんな作業は以前の僕だととても不安でやる気にならなかったでしょうが、チンクいじりでメカに対する苦手意識も少しは緩和されて、バイクでもなんとなくいじれそうな気になるから不思議なものです。




バラすにあたっては一応ブレーキシューをヤフオクで買っておきましたが、1000円ちょっととリーズナブルなところがありがたい。今注文しているチェーンも似たような値段だし、こういう金額で少しづつ整備していい状態に持っていく作業は楽しいものです。特にこういうミニバイクは作業もお手軽で効果も分かりやすくて♪とにかくなるべくお金をかけずにコツコツ自分でというのが今回のコンセプトです。




さっそくばらしたドラムブレーキですが、やっぱりそれなりにブレーキダストが出ていました。




けっこう粉っこなです......




ライニングにもダストがこびりついた感じで、このあたりがブレーキの鳴きの原因なのかもしれません。




もしかしてと思っていたライニングの消耗は思いのほか少なく、新品(下)と比べてもそんなに差がありませんでした。これは交換する必要もないのでサンドペーパーとパーツクリーナーでの清掃のみで組みました。


これで懸念材料のブレーキの鳴きも止んで、効きも良くなり安心です。




こちらは先週交換したバッテリー。ヤフオクの格安品ですが......




バッテリーは左のサイドカバー内でこんな感じ固定されていました。




交換後はこのとおりニュートラルランプも日中にも点灯確認しやすくなりました。しかし、方向指示器は明るくなったもののアイドリングでは点灯のみで、少し回転を上げないと点滅してくれません。このあたり、フラッシャーリレーとか問題あるのかな?

まだ充電が足りていないせいもあるかもしれませんが、しばらく乗って充電されても同じならフラッシャーリレーの交換も試してみないといけませんね。




そんな感じで今日はブレーキ清掃後に組み終わったら、試運転がてら高石チンクさんの家に結局使わなかったブレーキシューを届けに走りました。到着したらroadkingさんも来ていて3人でアーダコーダと楽しいトークに試乗大会。そしてシートを張替え中でバイクに乗れない高石チンクさんと2ケツで少しはなれたファミレスで夕食しながらまたダベりました。


これってやってることは完全に高校生ですね......(^^;ソンナノガタノシイノデス




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

タイフェスティバル2013大阪

2013/05/22

土曜日の午後、大阪城公園にトゥクトゥクの隊列。写真をとる人、電話する人、日陰でのんびりくつろぐ人。なんともまったりした時間の流れる空間♪




毎年楽しみにしているタイフェスが今年も大阪にやってきました!


昨年から会場がこの大阪城公園になってアクセスが良くなったせいかものすごい人手で、昨年は楽しみにしていたタイ料理屋台がどこもものすごい行列。おかげでタイ料理の昼食はあきらめて近くのビジネスパークのサブウェイでサンドイッチという寂しい昼食でした。これにこりてタイフェスでのランチはあきらめて軽く昼食をとってからやってきましたが、意外に人手も少なく失敗〜!


それでもチャンビア片手に気を取り直して場内をぐるりと一周。




そうこうしているうちにステージではタイ舞踊がはじまりました。いつもながら綺麗な衣装です。




今回の出し物ではタイの伝統的な衣装の着付けショーが特におもしろかったです。1枚の長い布がスカートになったりズボンになったりかわいい上着になる過程が興味深くて、着終わったら客席からも「かわいい〜」の声が上がっていました。




日タイ友好!


いつまでもいい関係でありますように〜♪




そして一番のお楽しみはタイのアーティストによるコンサート。

今年のタイフェス大阪での1番手はナット・サクダートーン。可愛い系男子ということでおばさんのファンが黄色い声を上げています(笑)安室奈美恵にあこがれて大学で日本語を専攻したと話していましたが、タイ語と日本語を交互におりまぜたコミカルで好感の持てるMCは楽しかった。彼の見た目だけでない可愛い人間性が良かったです。




そしてタイのアーティストといえばファンとの距離感が近いことに驚かされます。歌いながら客席のほうへと出てきてファンとの記念撮影にもにこやかに応対します。時にはファンの肩を抱いたり手を握ったりとサービス満点。しかも歌いながらだから恐れ入ります。その行為のどれもが商業主義の人気取りというよりも人間対人間の関係性、その距離感の近さと感じられます。

そういうことがごく自然に行われて、もう日本では考えられないなと。このナットの直前には日本のアイドルグループ「ベリーズ工房」とやらが前座で歌っていましたが、場内アナウンスではあれ禁止、これ禁止とうざったいこと。挙句の果てには「写真撮影禁止で見つけたらコンサート中止」とかのおどしが流れる始末......(^^;エライチガイヤナァ
そこまでしないといけないくらいファンの質がひどいのか? それもあるのかもしれませんが...... きっと見るほうにも見せるほうにもおおらかさと節度が足りないということなんでしょうか。


それに対してタイアーティストの時間になればこのおおらかさ(笑)お国柄と諸事情があるにせよこんなところにもタイという国のお国柄が感じられて、あの国にいるときになぜあんなにも心がリラックスできるのか、日本にいるとなぜこんなに心が窮屈なのかの理由が少し分かる感じがしました。




さて、2番手は一番楽しみにしていたパオワリー・ポンピモンです。(PAO-Paowalee Pornpimon พรพิมล เฟื่องฟุ้ง)
ルークトゥンというジャンルの音楽の歌手ですが、このルークトゥンは歌謡曲を演歌のようにこぶしを回して歌う独特のスタイルが魅力な音楽です。と言っても実際にはものすごく幅の広い音楽で、懐かしい昭和歌謡のような曲からポップなもの、また時には子守唄のようにゆったりしたものやディスコミュージックっぽいものまであります。もう何がルークトゥンでどこからがそうでないのかもうよく分からないのですが、タイ独特のメロディーのゆったりした曲なんかはほんとうに心に染み入ります。


そして今回は初めて生で聴いた”本物のルークトゥン”でもあります♪ もう最初から終わりまで、感動しっぱなしでした。いつかタイでルークトゥンやモーラムを心ゆくまで聴いてみたいものです。




元気いっぱいで表情豊かなパオワリーですが、オーディションからいきなり映画の主役を射止めたシンデレラガールなんだそうです。しかもその映画がルークトゥンの大スターであるプンプアンの生涯を描いたもので、もうルークトゥン界の後の世代の大スターへの道まっしぐらだとか。

ちょうど今日その映画のDVDがタイから届いたので、週末にゆっくり楽しんでみたいと思います♪ 映画の中で歌うパオワリーが楽しみです!




タイのアーティストはみんなそうですが、ファンに対して本当に気さくに接してくれます。




こんな風に接してしまったら、もうダメですね......

一発でファンになっちゃいますよ(笑)




僕も2日目のコンサートの後に、ほんの少しパオワリーと言葉を交わす機会に恵まれました。といってもCDにサインを求めただけなんですが......(^^;

でも、パオワリーはとっても気さくににこやかに応対してくれて、一緒に写真にも写ってくれました♪

もう感動でした〜(*^^*)




3番手はゲーム・ウィチャヤニー。(GAM-Wichayanee Pearklin,แก้ม-วิชญาณี เปียกลิ่น)

昔、日本にあったオーディション番組のスター誕生のタイ版みたいなTV番組「The Star」の第4期チャンピオンなんだそうです。この番組出身の歌手は名前の後ろに「The Star」の称号がつくそうで、このゲーム・ウィチャヤニーの場合は 「Gam The Star」ということになるようです。


このゲーム・ウィチャヤニーも歌が上手かったです。




もちろんファンサービスも充実です♪




最後はパラポン。2年前にもタイフェス大阪に来てくれました。さすがタイの大スターだけあって貫禄十分。ていうか、ちょっと太りましたね(笑)




もうさらりと淡白に歌っているようでもファンの盛り上がりは相当なものでした。ファンサービスも長くて半分以上は観客の目の前で歌ってたのでは?というくらい。




大阪城をバックにたくさんの観客が楽しみました。




そして日も暮れて、盛り上がりは最高潮に!




2日目の写真から、コンサートに見入る可愛い女の子。




最後には出演アーティスト全員でのパフォーマンス。




いちばんノリノリだったのは元気キャラ全開のパオでした♪




そんな1日目の興奮も覚めやらぬまま、2日目も見に行きました。この日は雨なので人手も少なくタイ料理にありつけました!もう着くなりビアシンとタイ料理でいい気分です♪




今回タイフェスの直前までは2日間とも雨の予報でした。それがずれて1日目は最高の天気だったので、この2日目はおまけみたいなもの。贅沢はいえません。2年前の台風の中でのタイフェス名古屋に比べればまったく問題なしです(笑)




雨でお客も少なめなためか、屋台のタイ人たちも余裕があります。頭にビアシンさしてるのが面白くて写真撮っていいか聞いたら、わざわざもう一人呼んでポーズを決めてくれました!




さて、夕方になってコンサートがはじまります。この雨の中見に来るお客はレインコート着て気合が入ってる人も多いです(笑)

写真はとなりにいたナットのファンの方。ミニ電光掲示板で応援とはすごい!夜にはアーティストからきれいに見えることでしょう。




そして今夜もパオワリーに注目です。

もう可愛いし歌うまいし性格いいし、まいったなぁ〜




この日は雨でカメラを持参しなかったのでiPhoneで撮影です。4Sは暗いところに弱いですねぇ......(^^;












コンサート終了後には、雨で中止になったサイン会の変わりにテントの下でファンサービスしてくれたアーティストたち。僕もパオにお願いしてCDにサインしてもらいました。名前まで書いてもらって感激です♪
もちろんその後はパオと家内と僕との3人で記念撮影。暗い中でiPhoneのインカメラで撮ったので画質が酷すぎて悲しかったけど、ほんとうにいい思い出になりました。


ありがとう、パオ!






さて、そんなタイフェスから数日が過ぎて、YouTubeに動画がいろいろアップされました。そんな動画を今見てみるとあのときの感動が蘇ってきて、家内と聞き入って反芻してしまいます。動画をアップされた方には本当に感謝です!

そして、タイ語が読めない僕はCD買っても曲名すら分かりませんが、「タイ式エンタテイメントの楽しみ方」さんで紹介されていたので転記させていただきました。なんにも知らずに聴いている僕ですが、こちらでは曲の内容とか紹介されていてとても楽しめました。(2013.5.28追記)




1.นักร้องบ้านนอก ナック・ローン・バーン・ノーク(田舎の歌手)

1曲目はもう出だしからその声量とこぶし回しにやられました。





2.กระแซะเข้ามาซิ クラッセ・カオ・マー・シ

いろんなアーティストがカバーしているこの曲はノリが最高で大好きな曲です。





3.กรุณาอยู่ในระยะของความคิดถึง カルナー・ユー・ナイ・ラヤ・コーン・クワーム・キットゥン

これが僕のパオに対するイメージが決まった曲。もう最高に好きな曲になりました。






4.สาวนาสั่งแฟน サーオ・ナー・サーン・フェーン

僕のイメージするルークトゥンとはこんな感じ。もうこぶしが命(笑)





5.ห่างหน่อยถอยนิด ハーン・ノイ・トーイ・ニット

ノリノリのこの曲は昭和っぽい〜





6.สมหวังนะจ๊ะ ソムワン・ナ・ヂャ

振り付けが最高に可愛く元気いっぱいでパオにぴったり♪





最後は4人で。楽しいい時間をありがとう〜




ここからは二日目のコンサート何度見てもいいなぁ〜




1.นักร้องบ้านนอก ナック・ローン・バーン・ノーク





2.กระแซะเข้ามาซิ クラッセ・カオ・マー・シ




3.ห่างหน่อยถอยนิด ハーン・ノイ・トーイ・ニット




4.สาวนาสั่งแฟน サーオ・ナー・サーン・フェーン 




5.กรุณาอยู่ในระยะของความคิดถึง カルナー・ユー・ナイ・ラヤ・コーン・クワーム・キットゥン 




6.สมหวังนะจ๊ะ ソムワン・ナ・ヂャ


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

週末は大阪城公園で2013タイフェスティバル大阪ですよ〜

2013/05/16


YouTube再生回数1千万回突破!HIPHOP×ルークトゥンの話題曲『Splash Out』


Facebookでフォロー中のタイランドハイパーリンクスで紹介されていたものです。もうノリノリで一度見たら目に耳に残って最高ですが、K-POPの「カンナム・スタイル」の路線をパクったかのような奇抜なダンスが売り。





これのPVがなかなかのインパクトで、終盤の女と女の戦いからのダンスバトルの展開がタイのドロドロドラマ「エアホステス 〜天使のラブウォーズ〜」を一瞬思い出させてくれます。

もしご覧になる方がいらっしゃったら是非、最後まで見てください!終盤が最高です♪




さて、そのタイのドロドロドラマの「エアホステス 〜天使のラブウォーズ〜」はタイで2008年に放送され、あまりのドロドロぶりに放送開始直後にタイ国際航空の労働組合からクレームが付き、放送中止の危機になった話題の連続ドラマ。日本でもCSで放映されていて、家内と夢中で見ていたのを思い出します。





話を戻して『Splash Out』のCM動画ですが、同じレーベルのアーティストたちがこの奇抜なダンスを楽しそうに踊っています。なかでもこの動画が停止状態で表示されているシーン。これは昨年のタイフェスティバル大阪に出演していたタイのアイドルユニット「フォー・モッド(Four-Mod,โฟร์-มด)」の片割れのモッド=ナパパット ワッタナーカモンウットとそのお母さん。あのタイフェス以来ちょこっとファンになったので、二人ともInstagramでフォローしていてすごく親近感がわいていたのです。そんな二人がノリノリで踊っているのを見つけて思わず「オォー!」っと声が出ちゃいました......(^^;




さて、前置きはこのくらいにして本題ですが、今年もタイフェスティバル大阪の季節がやってまいりました......(^^;ソレガイイタカッタノデス

昨年のタイフェスティバルの模様はこちら




毎年楽しみにしているタイフェスでのタイのアーティストによるコンサート。

昨年の本格派パーン・タナポーンやブリブリアイドルのフォー・モッド、

台風の中チンクを走らせて見に行った一昨年のタイフェス名古屋でのニコル

と、思い出深いコンサートが続きました。


今年の目玉は↑のパオワリー・ポンピモン。




ルークトゥンというタイの懐メロのような演歌のようにこぶしをまわして歌う音楽の歌手です。ルークトゥンというジャンルの音楽はタイではどちらかというと田舎物が聞くジャンルなのですが、タイで一番のメジャーレーベルであるグラミーがかなり押している大型新人なんだそうです。





YouTubeで予習してみると、かわいいし歌もかなり上手いので期待大です。当日はCD買って一緒に記念撮影してもらって、間違いなくにわかファンになってることでしょう......(*^^*)


タイフェスは土曜・日曜の二日間開催されますが、どちらも夕方からがタイのアーティストによるコンサートです。1日目と2日目では選曲や衣装も違うようなので、今年は連日参加すべく仕事を上司に押し付けちゃいました......(^^;アリガトウゴザイマス


このコンサートはもちろん無料で、お客さんのタイ人の盛り上がりも楽しく一度行くと病み付きになります。お暇な方がいらっしゃったら是非行かれて見てはどうでしょう。ビアシン片手に聞きなれない響きのタイ語に囲まれて過ごすひと時。

あ〜、楽しみ♪



<パオワリー関連情報>

【タイフェス2013情報】快挙!ついにパオ・パオワリーが来日!

【大阪タイフェス直前!】 パオ・パオワリーに歌って欲しい10曲

パオ・パオワリーの1stアルバムには無限の可能性が詰まっている

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コレ吉、初ツーリング絶好調!

2013/05/15

朝から昨日掃除したキャブレターを取り付けるもやっぱりまったく吹き上がらない。最高速度は15km/hのままで......(^^;
もう一度パネルを外してチョークの動きやスロットルの連動を見てみるも問題なさそう。これはまいった。仕方なく家に戻ってネットであれこれ検索すると、マフラーの詰まりが考えられることが分かった。




さっそくマフラー後部の芯を抜いてみると......




だだ詰まりではないですか......(^^;コリャヒドイ!


昨日の引き取り直後はかろうじて穴があったのが、走っているうちにどんどん詰まってわずかに残った穴もふさいでしまったというのが不調の原因だったみたいです。

2スト恐るべし......




ネットで見た対処法は配水管掃除用のパイプクリーナーで洗うとか、焚き火にぶち込んで燃やすとか、金属棒でつつくとか、どれもこれも「そんなんでええの?」と突っ込みたくなる内容です(笑)


しかしこんだけ不調だと背に腹は変えられません。やるしかないでしょう。
まずは、ホームセンターでパイプクリーナーの「パイプユニッシュ」購入。そして手ごろな値段と長さの直径5mmくらいの金属棒も。そして作業です。

まずはこのマフラーの芯をバーベキュー用のバーナーであぶります。焼いて焼いて焼きまくってから金属棒でつついて燃えカスを落とします。すっかり穴も空いて排気の通り道ができました。
さらにパイプクリーナーで漬け置き洗浄すれば完璧でしょうが、それはまたこんど。早く結果が知りたいので。



芯を抜いたマフラーも金属棒でつついてからエンジン始動し空ぶかしすると、ものすごい白煙を吐き出すと同時にススの塊を吐き出しました......(^^;コンナンツマッテタノネ




結果は?


素晴らしい吹き上がりとトルク感に♪あまりに気持ちいい加速と吹き上がりなのでちょっと近くのバイク部品の店に行ったら定休日で、そのままUターンして走ってるうちにこんなところまできてしまいました。




ここは大阪府唯一の村、千早赤阪村です。南河内グリーンロードという気持ちのいいアップダウンのワインディングを流して......




気がついたら滝畑ダムまで来ていました。

コレ吉、よく走るなぁ〜




ダムからは以前チンクで走った堺かつらぎ線。




お化けが出るという心霊スポットのトンネルを恐々と一気に抜けると(笑)




その先はフラットなダートです。




オフ車じゃなくてもゆっくりまったり走れば大丈夫。新緑の色彩と香りが気持ちいい!




その後、roadking邸のすぐそばを通過して2輪用品店へ。そこにはいまいち気に入るヘルメットがなかったので、LINEでroadkingさんが教えてくれた別の新しい2輪用品店があるショッピングモールへ。




店内を物色していると、高石チンクさん登場です♪




買い物に付き合ってもらった後、同じコレダスポーツK50を並べてあーだこーだとダベリング。同じ車種同士なので話すネタはエンドレス。いろいろ教えてもらって参考になったし、なにより楽しかったです。


高石チンクさん、わざわざのお付き合いありがとうございました!




今日の戦利品はこのヘルメット。まさにこんなのが欲しかった!


どうです? 車体カラーにピッタリでしょ♪



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 | HOME | NEXT »