FIAT500で嵐山・高雄パークウェイを走る

2009/06/29


毎月第二日曜に開催される高雄サンデーミーティング(TSM)の会場となっている、嵐山・高雄パークウェイ。前回のTSMに向かう道中の映像です。

京都市内を抜けて、風光明媚な嵯峨野地区から周山街道に入り、景色が山っぽくなってきたらパークウェイのゲートはすぐそこ。ゲートをくぐればそこは旧車のパラダイス。きれいな山の景色とおいしい空気をルーフからたっぷり吸い込んで、保津川を眼下に望みながらグリーンのトンネルをくぐる。よく整備された走りやすいワインディングです。

参加したことのない方も、ぜひ1度ここを走ってみませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
ドライブいいなあ
いつもご夫婦で楽しそうですね。全画面表示で見てると、私も後部座席に乗って一緒に
ドライブしているような気分になりました。チンクの音をよく聞きたかったので、BGMの
音量はもう少し低いほうがよかったかな。
でも、チンクの乗り心地には、うちの女房なら30分で音を上げるかも。うちのチンク、マンホールの
段差とかを乗り越えるだけでドカンとショックがきますから。
まあ連れ合いはどうでもいいんですが、こっちは最近休日になると雨が降ってくるので、
なかなか乗り出せません。ちょっと不安だけど、早く遠出してみたいです。
ところで、最後のテロップに「FIAT500F」と出ていましたが、お宅のチンクは確か「L」じゃ
なかったですか?!
FかLか......(笑)
hi-koさん

動画ビデオでいろいろ遊んでます。なかなか思うようにいきませんが、これはうまく写りました。BGM音量は会話を打ち消して、なおかつエンジン音が聞こえる程度にしたいのですが、たしかにちょっと大きかったかもしれませんね。

チンクの乗り心地、サイズから考えるとかなり良いと思いますが、現代車とくらべると比較にならないくらい地面の影響をうけてしまいますね。でもうちの家内はギャップとかより風で疲れるみたいです。

ご指摘のとおりうちのはF仕様のLと思われるのですが、車検証ではFなんです(笑) 顔もFルックなんでFということに......(^^;

管理者のみに表示