須磨海浜水族園へ

2009/07/22


今日は昼から高速でひとっ走り。太陽が出ていないのでルーフ全開が気持ちいい。

道中流れで95kmまで出たところで、さらに踏み込んで同時点火と赤いコードの効果を確認。メーター読み105kmまで元気に加速し、そのまま4500回転の頭打ちでガクンと落ち込んだ。加速の感じだとまだ力はあるけどそれ以上回れないという感じ。以前だとメーター読み100kmが限界で、頭打ちまで回転も上がらなかったんで、たしかにパワーUPしているようだ。



今日の目的地はここ。
新型インフルエンザの流行での風評被害から立ち直ろうとのキャンペーンで、なんと7/17〜8/16まで無料開放中。ほかにも六甲山牧場やポートタワーや立王子動物園などが同様のキャンペーン中とか。そんなわけで、園内はなかなかの人手。



ここでの若い頃からの一番のお気に入りは、アマゾン館のピラルクーという魚。古代魚の面影と、チンクよりでかい巨体がすごい迫力でかっこいい。さすが世界最大の淡水魚。



そして須磨といえば長ーいビーチ。
水族園のすぐ裏に延々と続く海の家に沿って散歩すると、天候に恵まれないにもかかわらずそこそこの海水浴客で、お姉さんがたの水着姿もまぶしい。



こういう掘っ立て小屋を見ると、日本の夏って感じ。



帰りの車窓から見た須磨海浜水族園。
出来た当時はおおって感じの独特の建物だったけど、今でもなかなか新鮮なかたち。

帰りの高速は景色を楽しむために、神戸線からわざわざ湾岸線に乗り換えて帰る。やっぱりチンクでのドライブは気持ちいい。



地元に戻って、堺区にあるDREAM COFFEE(大阪府堺市堺区櫛屋町東2-2-24)という台湾スイーツのお店へ。在日20年の台湾おかみが、中国系の方独特の愛嬌ある日本語(しかも超大阪弁)でなじみ客と大声で話している。



そんな会話を聞きながら食べたのは、雪花冰(シュェファーピン)というフカフカ氷の杏仁豆腐味と、愛玉子(オーギョーチ)というぷるぷるゼリー。

雪花冰は口当たりが滑らかで、すごく密度の濃い細かい氷で体の芯まで冷えた(笑) 愛玉子もプルプル感とさっぱりとしたレモン味でいけました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment

管理者のみに表示