サイドブレーキの調整をしたら.....

2009/09/22


今日は久しぶりのチンク弄り。

最近サイドブレーキの効きの甘さが気になってた。通勤路のバイパス途中で信号待ちになったときに、サイドブレーキをノッチ4段まで引いてもゆっくり下がってくので調整してみたんだけど、なかなか難しい。というか、車がちゃんとしていればかなり簡単な作業のはずなんだけど、うちの子の場合は何事も一筋縄ではいかない。



チンクを買ってから初めてタイヤを外した。
すぐにサイドブレーキのアームが見えた。



サイドブレーキアームとケーブル。



そして、ここが調整箇所。 FIAT500 ONLINE-MANUALで見たとおりだ。

いざ、調整してタイヤをつけてチェック。空回りさせても引きずってないし、車体を押してみても調整前よりしっかり止まってる感じ。

反対側も少し強めてみたら、こちらは空回りさせるとちょっと引きずる感じ。というか、アームの戻りが悪いような。リターンスプリングが弱ってるのかな? 仕方ないので右側は元に戻して試運転。

近所のショッピングセンターの登りスロープでテストすると、サイドブレーキ4段まで引いてもまだゆっくり下がってく。駐車場で右側を少し強める。帰りの下りスロープでテストしてOK。

あとは、サイドブレーキアームの戻りをスムーズにしなければ。まずはリターンスプリングを新しいものに交換してみよう。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その1。

ドライブシャフトスリーブの固定ボルトが手で回る.......(^^;
しかも4本中2本も(笑)

いやいや、これは笑えないです。
たまにチェックしないとマズイなぁ。
これからは月1のチェック必須です。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その2。

納車整備のときに、エンジンルームと車内の仕切りが錆びて腐り落ちそうとのことで、溶接補強してもらったけど、これはその下側だと思う。ここを溶接しようとすると、かなりいろいろ外さないと無理だもんなぁ。仕方ない。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その3。

なんかカブってる。
プラグは抵抗あり6番でスムーズだったのを、抵抗なし5番に替えたら感じがパワフルになったんだけどスムーズさがないような気がしてた。そこで今日はまた抵抗あり6番に戻して走ってたけど、なんか前に感じたスムースというより、トルクが遅れて来るような、踏み込むと軽くノッキング気味のような、単にフィーリングのレベルだけどそんな感じがした。

ショッピングセンターで抵抗なし5番に戻したら、やっぱりなんか右足にダイレクト反応してるというか、タイヤに伝わってるようなフィーリングに感じる。もはや気のせいに限りなく近い違いなんだろうし、思い込みも多分にあると思うんだけど、精神衛生上の問題でこのまま様子見。カブってる原因は分からないけど。



まだまだ続く、今日の作業で見つけた嫌なもの、その4。

ビデオで撮ると、なんか恐ろしい音に録れてるけど、こんなに大きい音ではない。でも、気になるなぁ。なんかグリスが切れてるだけとかならいいんだけど......原因調べなきゃ。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その5。

これはカメロンパンさんがいろいろ紹介されていて、またお店のほうでも実演して見せていただいたのですが、うちの子もしっかり変な動きしてました.........(^^;

うちの子は納車数ヶ月後の嵐山山中でスプライン舐めてドナドナしてるので、このあたりは非常に不安だったんですが、あまり良い状態ではないみたいです。まぁ、このままでは寿命は短いのかもしれませんが、庶民の実用車としてそこそこ持ってくれればヨシとしなければってとこでしょうか。もう、あれこれ次々と問題が見つかってキリがないから.......(^^;



今日の作業で見つけた嫌なもの、その6。

リアタイヤを空回りさせてみると、惰性でどのくらい回るものでしょうか? うちの子の左リアは、異音が鳴るし、ちょっとなにか抵抗があるような感じ。



今日の作業で見つけた嫌なもの、その7。

右も同じく。異音はほとんどないけど。


最初にどういう状態の車体を手にするかなんでしょうけど、多かれ少なかれ、つぎつぎと出てくる問題とどう付き合うのか? 
FIAT500という車は、というか旧車というものは、乗り手のスタンスが問われる車ですね。いろいろ目をつぶって実用面で付き合い、自分で出来る部分は極力がんばって、どこかでお金をかけてしっかりプロにお願いするしかないかなぁ。

当面は模索と貯蓄かな(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
いろいろあるね
ホイールの回転ムラはデフの回転も関係してるので特におかしく思いませんがドライブシャフトのミッション側の真円のでていない回転は異常あるようにみえますね。異音もミッションの中からしているのでしょうか。そうならば矛盾しますがホイールの回転むらも異常?シャフトが芯がでてないからボルトも緩んでくるのでしょう、むずかしいですね。
ほんとに
ほとんどの方が、ここまで気づかずに乗っているんでしょうね。

一番最初の画像でホイルのリムに歪みがありますね。
ホイルの振動もドライブシャフトのガタに影響すると思いますが・・・

意外とホイルバランスは重要ですよ〜

あと、空転の止まり方もなんかブレーキシューを引きずっている様な抵抗のある止まり方のような・・・気がします。

どこかでチンクのブレーキはバックで思い切り踏むと自動調整されると読んだ様な記憶が・・・
はずしてたらゴメンナサイ。


ウチのチンクもジャッキアップしなければ、キングピンのガタに気づかなかったと思います。

チンクと永く付き合うには、こまめなメンテが重要ですね!
異音は
高石チンクさん

今日、もう一度もぐりこんで音をよく聞いてみたら、異音はミッション側ではなくてジョイント側でした。昨日はサスが伸びてる状態で負荷があったから異音がでてたのかと期待もしましたが、サスに荷重かけての空回しでも同じ異音が出ました。
ほんとにむつかしいです。
観察は大事ですね
かずやさん

リムの歪みはうちの子にはあちこちにあります.....(^^;
ホイルバランスって、納車整備でやってくれてるのかなぁ?

空転の止まり方は、今日の日記のように改善されたというか、空転のさせ方がマズかっただけなのか? 他の車体だとどうなのか知りたいですが......こんなヒマなことする人も少ないでしょうかね(笑)

ほんと、いろいろ観察するのが大事ですね。(知りたくないことまで分かっちゃいますが......)
怖い音ですね
ホイールの歪みやホイールバランスはほとんど影響が無いと思います。F/L用ホイールを10本自分でレストアして100キロまで加速してテストしても大丈夫でした。
チンクのホイールボルトはピッチが広いので、とのことだそうです。
100キロ以上出すなら別だと思いますが、そんな車では無いと思いますけど(笑)
カメロンパンさんが言われるようにドライブシャフトは大事ですよ。
私もヒントをいただいて調整やってますが、ものすごーく大変です。この連休中にやっと納得いくレベルに達したところです。約2年がかり〜。
定期的な増し締めは必要ですね。締めすぎてナメルこともしばしばですが(爆)
ナメるの怖い
nuova51onoさん

うちの子では出しても95kmくらいまでです。それ以上で巡航することはないでしょう。

ドライブシャフトの調整まで自分でされてるんですね。すごいなぁ。
私にはちょっと自分では触れなそうな部分です。
調整はともかく、いつか分解やグリスアップくらいは挑戦してみたいのですが.....今日も開けてみようかと思ったりもしたけど、まだまだ怖いです。でも、そのうちにジョイントの交換が必要になりそうです。

定期的な増し締め、締めすぎには注意しますね(笑)

管理者のみに表示