FIAT500の本いろいろ

2009/10/02


チンク購入を決めたときからチンクを特集した雑誌なんかをすこしづつ買っていたら、けっこうな量になってきた。
マニュアル的なものや、資料的なもの、読み物としておもしろいもの、いろいろ。もう分かってることを書いてるだけのものでも、たまに読み返してみるとけっこう楽しめたりします。



右上のI LOVE FIAT500は最初に買ったチンク本。これはほんとに何度読み返してもたのしめます。

中央下のパーツリストは最も使用頻度の高い1冊。



500マガジン、早く次が出ないかなぁ。



松本葉さんの本はかなりお気に入りです。



出版物ではないけど、ホームページ「FIAT500 ONLINE-MANUAL」はまさにチンク乗りのバイブル。もっとも使用頻度が高いです。いつも助けられているし、勇気をもらっています。なんとなく眺めても楽しい。製本してよかったなぁと。



さらにインターネットで集めた資料を製本したもの。ほんと、作者の方々、データ提供されている方々に感謝です。

なにか、チンク関連で面白い本があれば教えてくださいね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
雑誌さしあげます!
ホットさんにお会いしたら是非差し上げようと思った雑誌があったんです!

大昔に買った雑誌なんですが、チンクが出ておりま〜す^^

ボクが持ってるよりチンク乗りに差し上げた方が絶対いいはず!!

Eメール蘭にアドレス記入したのでメールくだされば住所交換してお送りしますよ〜♪

古い雑誌なんて、楽しみです。
shigemixさん

大昔に買った雑誌.....当時の状況とかがかいまみれそうで、面白そうですね。
なにぶんもう退役して長い車体なんで、なかなかそういうのを知る機会もないですからすごく貴重ですよ!

今年はTSMとかもなかなか都合が合わなくて、お会いすることもかなってませんが、いつかのときのお楽しみというのもいいですね(笑)
でも、早く見たいような........(^^;

勤務明けたらメールしま〜す(笑)
チンク関連本
もうお買い求めかもしれませんが、まず
「なごみ自動車大図鑑」ネコ パブリッシング刊
“なごみ”なんて、いかにもな書名が気に入りませんでしたが、中身はチンクをはじめ、魅力的な旧車の写真がいっぱいで、たのしめました。
次は「徳大寺有恒といくエンスー・ヒストリックカー・ツアー」 二玄社 刊
国内のいろんな旧車屋さんのイラスト付きレポートですが、チンクチョップとして有名なオンタリオのことも紹介されてます。もっとも徳大寺御大は、チンクを「歯がゆいくらいノロいから」所有したいとは思わないと仰ってますが。
最後にクルマ漫画家・西風のムック本「GTroman STRADAL」のVol.6と12ですかね。
まだまだいろいろありますねぇ
hi-koさん

さすがにチンク、たくさんありますねぇ。
「なごみ自動車大図鑑」、ほんと楽しそうなタイトルでチンクにぴったり。

なにかの機会ででも少しづつ入手できるようチェックしてみますね。

管理者のみに表示