もう1つの下駄

2010/03/20


忘れ去られていた元下駄車、XLR250BAJA。

昔、1ヶ月かけて雪解け後の春の北海道を走ったのはさらに前の下駄車のエリミネーターでしたが、そのときに北海道のダートを走って楽しかったので、その後に壊れたエリミにかわって荷物の載る旅向きオフロード車が欲しいと思い、このバハを買ったのでした。

プリミティブなものが大好きな私にとって、キックオンリーでバッテリーレスの空冷単気筒エンジン車はまさに理想でした。シンプルで壊れなくて、経済的で荷物も載ってと、求めるすべてをこのバハは備えていました。

その後、このバハにフロント・リアのキャリアのほかに、サイドキャリアまでつけて2人分のキャンプ道具と家内を乗せて沖縄は石垣島や西表島を巡ったりもしたものでした。

そんなこのバハですが、チンクを買うまでは、雨が振ろうとどこでも行ってました。おかげでゴアテックスのブーツにレインジャケットにと雨対策万全でしたが、いまではすっかり屋根付きの恩恵に慣れてしまって、そんなもの着る気にもならない......(^^; とまでは言いませんが、着る理由が無いのはたしかです。



たしか一昨年の12月に、約1年ぶりでエンジンかけて近所を一周して以来、先月久しぶりにエンジンをかけようとしたところ、まったくかからず断念。さすがに購入後オイル交換以外まったくのノーメンテで10年近くきているので、いくらシンプルで壊れないバハでもかかるほうがおかしいかも(笑)

本来の私はそんな人間で、機械やモノに対して愛着を持つとかあんまりなかったように思います。ただ実用として使い倒して、ろくにメンテもせず、またはノーメンテに耐えるものを好む。チンクと出会ってからはかなり変りましたが......(^^;



そこでプラグくらい換えようと買ってみたものの、プラグまわりが狭くてレンチが入らず断念。ネットでいろいろググってみると、専用工具でないとダメっぽいみたいで、、先日やっと入手した工具で再挑戦。



入ったー。あたりまえですが......(^^;



外したプラグは......なんですか、これは(笑)



新旧比較すると、朽ちていて笑えます。



新品のプラグに換えると、キック5発目くらいであっさりエンジンが目を覚ましました。

まともに走らせるのは2年と4ヶ月ぶり、慎重に走らせます。ブレーキはOKだけどなんかハンドリングがおかしい。タイヤを見てみるとへこんでます。空気圧を測ったら0.5kg(笑)



タイヤに空気入れてオイルとエレメントを換えて、各部にオイルを拭いて、うまく作動しない方向指示器をバラして清掃してオイル拭いて、軽く車体も掃除して。

おー、なんかリフレッシュ!



そういえば、オイルエレメント、チンクにはないんですよね〜。
こんなちっちゃなのですが、バハにはちゃんとあります。なんか可愛いですね(笑)

一通り終えて軽く30分くらい走らせたところ特に気になるところも無く、なんてタフで聞き分けのいい車体なんだろうと感動です。夏までのバイクにいい季節、チンクばっかり乗ってないで、たまにはこいつも使ってやろうと思いました。



一仕事終えた夕方、小腹が空いたのでいつものコーナンへ。
カバ吉を眺めながら大好きな北海くんコロッケをかじる、充実した幸せな休日でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
軟弱
>石垣島や西表島を巡ったりもしたものでした。
凄いな〜格好いいです!

ちなみに実家には学生時代に乗っていた15年以上前のスーパーカブが眠っています・・・
軟弱者な私は、見てみぬフリです(汗)
BAJA!!
ホットさん夫婦は実にアクティブだったんですね!!
XLRで普通は旅してくれませんよ^^
しかもBAJAってところがかっこよすぎます♪
それとチンクにオイルフィルターが無いとは衝撃的(汗)
理想のバイク
teraさん

スーパーカブ、ある意味究極のバイクだと思います。シンプルで丈夫で荷物が載って経済的で運転しやすい、理想ですね!
いつか私が最終的に乗りたいバイクはスーパーカブの100ccくらいのものです。私が好きなタイではそれがスタンダード。見た目だけはもうちょっと現代風ですが、中身はおんなじ。

こんなのです
http://11.dtiblog.com/f/fiat500/file/100321-13.jpg
http://11.dtiblog.com/f/fiat500/file/100321-12.jpg

でも日本の昔からのデザインのカブのほうが丈夫そうでいいですね。
いつかがんばって復活させてあげてくださいね!
秘密
shigemixさん

普段の生活はぜんぜんアクティブではないんですよ。
基本、山派でも海派でもなく家派ですし......(^^;
旅先でもほとんどなんにもしなかったですから(笑)

家内によるとXLRの後席って、幅があってサスも柔らかで乗り心地いいらしいです。前のエリミネーターの後席がお粗末すぎていつもお尻が痛いと嘆いていたので、それにくらべれば天国だったみたいです(笑)そして乗り心地のよさに家内はよくツーリング中に後席で居眠りしてたらしく、それが心配で運転中に私は家内の手をたたいて、起きてるか確かめながら走っていました......(^^;

BAJAは基本、旅バイクですね。昔、もっとツーリング仲間がいたころにエリミでなくBAJAに乗っていたらなと思います。
でも、BAJAに乗るようになってからまだダートを走っていないというのは恥ずかしい秘密です(笑)
最高のタフな相棒!
このXLRは、僕が長年耐久レースで使用してきた
エンデューロレーサーXRの市販公道(トレール)バージョンです。
この空冷エンジンはとにかく丈夫で、オイルさえ入っていれば
極寒冷地から40度以上の砂漠まで、ライダーの期待に応えてくれました。
アメリカのデザート・レースで生まれたこのXL/XRシリーズは、
極限状態でも信頼できる、本当の鉄の馬ですよ。
もう10年以上ハーレーに乗っていますが、未だにXR600で
レースに復帰したいと考えています!
一度は
roadkingさん

本当にいろんな経験されてますね。
極限状態で乗ることはなくても、極限状態までほったらかしにする私です......(^^;
それでもプラグかえるだけで簡単にかかってしまうエンジン......凄いです。

もはやオンロードタイヤを履いてしまってますが、一度くらいはダートの林道を走っとかなきゃと、急に思う今日この頃です(笑)
ブログなどで、バイクパッカーだった経歴は知っておりましたが。
未だ、現役ではありませんか・・・(笑)
バハとは、ある意味でとっても通な選択ですね(書かれている通りの意味で)
私はバイクに乗ると、直ぐぶん回してしまう方の馬鹿でして
ゆっくりツーリングする事が少なかった事が、残念です。

・・・裏に眠っている、TT250が呼んでいる気がする(汗)
インドネシア
>こんなのです
一昨年に行ったバリ島で、こういうバイクがとてつもないスピードで走りまくっていました!
それも3人乗りとか4人乗りで(爆)
現地で運転するには、かなりのテクニックと根性が要りそうでした。
でも乗ってみたかったです!
速いですよ!
teraさん

バリ島と聞くと、かゆい思い出が頭をよぎります......(^^;

それはさておき、このスクーターカブ、100ccの上がたしか150ccだったと思います。そら速いです!100ccで2ケツでも けっこうな加速してましたよ。

管理者のみに表示