高級なミッションオイル入れました!

2010/04/30


オートマイスターさんでミッションオイルの交換をお願いしてきました。入れてもらったのは高級オイルのNUTEC。注入量は1.05L〜1.1Lくらいとのことですが、1Lピッタリでも特に問題ないそうです。このオイルはなめらかなシフトフィールが長持ちするとのことで、1年後が楽しみです!



今回交換をお願いしたのはこの工具を持って無いからと、まずはプロの作業を見学させてもらって勉強しようということでした。



チンクのミッションオイル注入口のボルトを外す工具なんですが、六角でなくて四角なんです。そのうえ奥まっていて、他のユーザーさんのブログとか検索してみてもここを外すのは注意が必要とのことでした。

次回交換までにはこの工具を入手せねば。というか、1年に1回程度のことだからこれからもお願いしたほうがいいような気も......(^^;

いろいろためになる楽しいお話も聞けることだし♪



そんなこんなで作業を見学させていただきました。



外したドレンボルトはやはりスラッジがたっぷりくっついていました。



そして摘出されたオイルはこんな色。肉眼では銀色の細かなスラッジ粉がいっぱい混ざってるのが分かります。



そしてオイル注入口ボルトは外す段階からちょっと過去に舐めてるとの指摘が......(^^; ここは慎重な作業を要するようです。



抜けきるまでのあいだはドレンプラグをきれいにして、コーヒーいただいてオイルの話など。

そしていよいよ新しいオイルの注入準備です。いろんな方法があるようですが、この自作の注入道具で自重で注入するようです。この方法だと時間はかかれどオイルを最後まで使い切ることが出来るとか。なるほどー!



落ちないように針金で車体に固定。



ホースの先は注入口に刺さってます。まわりの白いのはペーパーウエスです。ドレンボルト取り付けて準備完了。



ドローリと薄い色のNUTECが注がれていきます。さすがに粘度が高くてなかなか下へは落ちていきません。
入れきったら注入口のボルトを締めて完了です。

その後の走行ではシフトフィールもすごくよくなって、ちょっと押すとコロッと吸い込まれるように入ります。やっぱりこういう操作系の感触がよくなると、運転もより楽しいものですね。

そしてオートマイスターさんでは楽しい時間が過ごせたし、なによりいい勉強になりました。どうもありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
そんなにタッチが・・・
NUTECに変えると、そんなにタッチがスムーズに
なりますか〜! 参考になります!
それにドレンは四角・・・参考になります!
いい感じですよ。
roadkingさん

NUTEC、すごくタッチが軽いんです。軽くて柔らかな感じです。コロンッってシフトが入りますよ。操作感にヌットリ感がないんです。それがちょっと意外でしたが。

ところで、コメントの文面から「新旧2台体制計画」の臭いがしますよ......(^^;

管理者のみに表示