油温確認

2010/06/27


シンワ 棒状温度計 30cm 200度

Amazonでこんなの買いました。
今なら送料無料で¥336です。
さっそく、油温計の指示温度と実際の温度とを比べてみました。

油温計を取り付けた当初にも実測していて、油温計指示値との違いをなくすためにセンサーとアースの間に抵抗をかませて調整していました。でも100℃までの温度計だったので、オイルが完全に暑くなった状態で計るのが怖くて、あんまりじっくりとは計ってませんでした。今回は200℃まで計れる温度計なので、じっくりと測ってみました。

まずはちょこっと走って油温計70℃の状態から。停止してエンジン止めて、すみやかにオイルゲージの穴に温度計をつっこみます。68℃くらいでした。なかなか正確なようです。

次に油温計80℃の状態から。こちらも77℃くらいとまずまず。

最後に50分くらい走行した後の油温計95℃の状態から。(うちの油温計は12時のところが95℃なんです)
計ってみると92℃。おぉー、なかなか正確だった。計測はいずれも差し込んだ長さからバッフルプレートの奥のオイルパンの底付近と思われます。その後、少し手前に戻してバッフルプレート上で計ったら97℃くらいになりました。その直後にエンジン再スタートしてちょっと走ると油温計は95℃弱と、なかなか。

お安いシンプルなガラス棒温度計ですから、+-数度の狂いはあるとしても、目安としては十分です。あとは、高速巡航時100℃ちょいくらいと思われる、油温計12時の方向を少し過ぎたところで何度くらいかを計ってみたいです。そのあたりより油温計の針が高い温度をさしたことはまだないので、今までで最高に熱くなった時の温度がどれくらいなのか分かることでしょう。

コメントでもご指摘いただいたとおり、どんな状態のエンジンかも分からずオイルの評価をするのはナンセンスだったと反省する次第ですが、少なくともオイルの温度が100℃前後でもはっきりとパワーダウンしてるのは間違いなさそうです。その温度でも一定時間走るとヘロヘロにパワーダウンしますから......(^^; なにが問題なんだろう.....

George"bb"Sundayさんは長距離を飛ばしても90℃くらいらしいのですが、うちの子の通勤50分程度の走行で90℃以上というのもどうなんでしょう?
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
油温
またまた面白い検証しちゃいましたね^^

カバ吉のオイルパンにはたっぷりのオイルが入っているのに、油温が結構早く上がってしまうんですね…

基本エンジンオイルの量が多いと冷却作用があるのかと思ってました。。違うのかな〜
なかなか計算どおりにはいきません
shigemixさん

オイルの量が多くても、ある温度までの到達時間がゆっくりになるだけだそうですよ。
ただ、うちのオイルパンはバッフルプレートといって、オイルパン内を上下に仕切る板が入っていて、さらに板の下側=外気でより冷えたオイルを優先的に吸い上げるようなオイル吸い取り口をつけています。だから、なんにもないよりオイルの温度が多少は低くなるはずなんですがねぇ......(^^;

まぁ、どこかになにか問題があるのは間違いなさそうです。
うちも・・・
ホットさん、こんばんわ。

ウチのチンクも油温上がり気味です。

先日、京都会でお話したとおり110℃ぐらいに・・・

油温計が壊れてると思い、別の油温計に付け替えてみたのですが
やはり高速では100℃は軽く超えますね・・・

原因不明ですが、やはりエンジンに問題ありなんでしょうか・・・

悩む所です。。。
悩みは尽きず
かずやさん

お互い悩みはつきませんね。
100℃越えで走っててパワーダウンは感じますか?

まぁ、OHしたての完調エンジンで乗ってる人なんてわずかでしょうから、みなさんそれぞれなにがしかの問題をかかえて走ってたりするものなのかな?
一度、NUTECとかの高級オイルを入れてみてどうかを試してみたいところですが、4Lで¥20000もオイル代に使う余裕がないのが悲しいです......(^^;

管理者のみに表示