下開きリアフードの効果と油温

2010/07/12


リアフードを下開きにしてから、熱的に少し楽になった感のあるカバ吉号ですが、昨日の京都行きでは高速を使って巡航したので、どのくらいの温度か楽しみにしていました。

しかし、針の刺す位置は最終的には以前と変わらずといった感じでした。しかし、なぜかオイルがへたった感がない。以前ならもう十分にパワーダウンしているはずなんですが、そのままノンストップで高雄まで走り、パークウェイを登っても、いつもみたいなヘロヘロ感はありませんでした。



さらに驚きなのは、以前だとここまで上がった油温は休憩でもしないかぎりはほとんど下がること無かったのに、高速降りて京都市内を抜ける間に少しづつ油温計の指示値は下がり、パークウェイ走行中にはここまで下がりました。
そして、TSM会場に着くなり油温を実測してみましたが、オイルパンの底の冷えてるところで85℃度くらい、バッフルプレート上の高いところでも94℃と、自宅から1時間半の走行後でも問題ない温度でした。

この結果をいろいろ想像してみるに、もしかしてもともとの状態でもオイルの温度に問題は無かったのかも? そして、パワーダウンの原因もオイルは関係なかったりして? そしてさらに想像するに、パワーダウンの原因はオイルでなく点火コイルの過熱だったりはしないだろうか?

今回のリアフードの下開きで一番恩恵を受けそうなのが、マフラーの側でいつもは過熱してそうな点火コイルでは? あんまり熱くなり過ぎると性能に影響が出るとも聞いたことあるし。もう1度もとのフードに戻して、点火コイルの位置を涼しいところに移して試してみたいなぁ。まぁ、冬までにはリアフードを戻すつもりなので、来年の春に実験してみるとしよう。

あ〜、でも気になるなぁ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
なるほど・・・
ご無沙汰してます。フード下開き、効果ありですか。。。

エンジンの熱ダレの原因は???コイルという発想はありませんでした。

そういえば、カメロンパンさんのコイルはエンジンルームの上のルーバー?
カバーの中にありましたね!

何気なく見てて、その時は雨大丈夫なんだろうか?と・・・

実験君お願いします!
だれか実験してー!
かずやさん

下開きフードをいったんやめて、カメロンパンさんみたいにコイルの位置を変えて試してみたいですね。でも、ちょっと最近そういう元気がありません......(^^;

熱だれを感じてる人、だれか試してくれないかなぁ? 

たとえば高石チンクさんとか(笑)

管理者のみに表示