和泉葛城山

2010/11/29


先週のツーリング以来、またバイクの楽しさを再認識したところで、今日もまた和歌山方面に走り出してみた。といっても大阪と和歌山との県境の大阪側を楽しんでみようということで、和泉葛城山に登ってみることに。

紀泉高原スカイラインから和泉葛城山までは、昔に走ったことがあったけど、今回は府道40号から和泉葛城山までの区間が楽しそうな林道で登れるようなので、そちらのルートで走ってみた。



登り始めると、すぐにけっこうな勾配に。そしていきなり気温がぐっと下がるのを感じた。もうヘルメットの中のあごやらほっぺやらが冷たくて痛い痛い。濃い〜い、山緑の香りと冷気とで森林浴気分が出る。

バイク故にフォトストップも煩わしくて、また道も狭く勾配がキツくてと止まれる場所もそうはなく、道中の写真がぜんぜんないんだけど、ほんとに気持ちいい道でした。意外にもよく整備されているというか、いつもの堺かつらぎ線みたいに岩がゴロゴロとか、じめっと湿った落ち葉がぎっしりとかではまったくなくて、前半部分はすぐ横を流れる透明な渓流の景色と適度な暗さ、狭さと勾配と、そしてけっこうな長さで林道気分は満点でした。大阪府下でもこんなに楽しい道があるなんて、南大阪のこの地域はまだまだ魅力あるところがたくさんありそうで、しばらく通ってみたくなります。



林道牛滝線かぁ、今度はチンクで走ってみよう!



その林道牛滝線が終わると、そこは和泉葛城山の山頂近く。



案内にしたがって紀泉高原スカイラインに入り少し走れば、



360度パノラマの展望台。



残念ながら今日は霞みがかかって、あんまりきれいな見通しではなかったなぁ。それでも遠くに関西空港が確認できました。



こちらは和歌山方面。もっと見通しのよい日にまた来てみたいものです。



紀泉高原スカイラインを下って下界に下りてからも、適当にわき道にそれながら走ってたどり着いたのは永楽ダム。上から見る限りはなかなかの透明度で、そこまでの道中も走って楽しい里山の風景。



そんな感じでたくさん寄り道してたどり着いたのは、またしてもここ「花菜(はなな)」



今日は道路側のカウンター席で。



家内は「花菜弁当」。目でも楽しめる内容で、ボリュームも十分だった用です。



私が選んだのは、「おにっ子」。

メインがチキンのハーブに漬けに有機玄米を包んでオーブンで焼き上げたものだそうで。



パカッと割ると、こんな感じで玄米が出てきます。
けっこうあっさり薄味ですが、ほのかにハーブの香りと独特なソースが素材の味を引き立てていました。



最後に、前回見落としていた焼き物オブジェを。





このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
遅コメ申し訳ありません!
スミマセン・・・気付くのが遅くて。
また行かれたんですね〜! 南大阪〜和歌山方面にはイイトコいっぱいありますよね。
確かに寒いっちゃあ寒いですが(笑)、まだまだ楽しめますよ。
明日明後日はお仕事ですよね。またご都合が良い時、教えてくださいね!
また行かなきゃ
roadkingさん

ほんとこのあたりは魅力的です。大阪府下というのが信じられないです(笑)
日曜はシューティングの予定なんです。でも、あれ?チンク会でしたよね?
楽しんできてください。で、レポート、楽しみにしてますよ!

管理者のみに表示