ドア落ち対策

2011/03/22

カメラは好きなほうだけど、最近のコンパクトデジカメの性能のよさに満足していて、
なかなか一眼レフが欲しいなどと思うこともなかった。しかし、ついに先月、中古品ながら
10数年振りに一眼レフを手に入れました。

チンクはずっと修理中だったのでほとんど出番もなかったけど、たまに家で弄ってて
ちょっと機能で気になるところがあって、今日は都合よく平日だけど連休働いた分の代休が
取れてたのでメーカーのサービスセンターへ点検してもらいにいきました。


気になる箇所はカメラの仕様の問題だったみたいで、使い方を変えれば問題なく対応できるということが分かり一安心。
前に行ったときもそうだったけど、このサービスセンター、ほんとうに親切な対応で、もう保障期間も過ぎてるのにあれこれ
点検も無料でやってくれる。いまどきありがたい存在です。

カメラはPENTAXというメーカーなんだけど、中学のときに初めて手にしたカメラがこのPENTAXだった。それ以来、なんかこの
メーカーには馴染みがあって、今回どの機種にしようかといろいろ物色していて最初はニコンが候補だったけど、なんだかんだ
で気が付いたらPENTAXを買っていた。デザインもかっこいいし機能もすごく満足してます。

予算の都合でいまどきオートフォーカスでない古いレンズを格安で買ってつけたりしてるけど、写すこと自体が好きなので
操作はある程度面倒くさいほうが性に合う。車の運転と同じだったりします.......(^^;


帰りにオートマイスターに寄って、助手席のドアの落ちをみていただきました。

ドアの落ちの原因では、樹脂カラーの摩耗よりも鉄ピンの入ったドアヒンジBOX側が摩耗するケースが多いらしく、そうなると
けっこう大変だそうです。 作業手順を教えてもらったものの、ちょっと自分では無理そうです。鉄ピンの頭がつぶしてあって、
そこをサンダーで落としてから鉄ピンをたたいて抜くのに、さび付いていてなかなか鉄ピンが出ないことが多くて大変みたい。
ドアに固定されたヒンジ内の鉄ピンをたたくので、ドアをしっかり固定していないとドア自体を痛めてしまうことにもなりかね
ないとか。

とりあえずの応急処置として、下側のドアヒンジとボディーの間にワッシャー2枚をはさんで、ドアの角度を補正していただき
ました。これでなんと、元々の状態よりも閉まりやすくなりました。窓枠上部の隙間も平行になって、しっかり補正されたのが
分かります。

完璧に直すには磨耗したドアヒンジの鉄ピン穴を溶接で元通りにしてとなかなか手間のかかる作業みたいですが、ドア後方の
隙間が無くならない程度まではワッシャーつめての調整でなんとかなるそうです。

hi-koさんに言われたとおり家内のドアマンをしてましたが、これでドアマン失業です.......(^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
Kマウント?
おぉ、ペンタックス!

昔、ペンタ6×7使ってました。

マウントはKマウントかな?
うちに何本かレンズがあった様な・・・

今度お会いする時、持っていきましょう。
Kマウントです!
KAMEOさん

えっ、それは楽しみです!
まだあまり使う機会もなかったし、操作にもなれてなくてコンデジの方がよく撮れたりです.......(^^;

あらら、ペンタ6x7、懐かしいですね。一眼レフのおばけみたいなカメラでしたね。もう時代はデジタルだけど、銀塩の時代が懐かしいです。

管理者のみに表示