台湾のチンク

2008/09/08


台湾に行ってきた。

残念ながらむこうでチンクを見かけることはなかったけど、そのかわりにチンクを使ったポスターを見つけることができた。ルーフから飛び出した女性が大きすぎておばけみたいで笑えるけど、センスは台湾風?

台湾は人が優しくて親日的で、なんとも居心地の良い国だった。買い物ひとつしても、すごく気持ちよく接してくれる人が多い。それはこちらが地元人でも外人でも関係なく。日本にはない人と人のいい距離感が見ていても気持ちいい。本当に楽しませてもらった。またいつか機会があれば行ってみたい。



チンクは見かけなかったけど、カバ吉用にお土産を買った。シガーライターソケットに直接さして使う扇風機。羽根がウレタンで出来ていて、回ってる最中に触っても平気。

その名も「汽車弾速安全扇」。 汽車とは自動車のことです。

しかし、安全ではなかった。

まず、取り付けて回してみると逆回転....(^^;
そして、抜き差しの時に中途半端な位置のタイミングでチンクのエンジン回転数が下がる。「なんで?」と思って回転下がる位置にして確認してたらショートしてるのか煙が出た(笑) 
「えっ、燃えた?」ってソケットを触ったら火傷しましたよ、まったく....

もしや大陸製? と思ってパッケージ見たら台湾製でした。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
火傷しました
同じタイミングで火傷しました(笑)
あらら、ほんとですね。
見事に同じタイミングですね。
半田のほうが熱そうです.....(^^;

私のほうは、扇風機の差込部を分解したらすぐ原因が分かりました。
差込中にショートする設計になってました......(^^;



管理者のみに表示