韓国 ソウルの旅 <食べた物いろいろ>

2011/08/23

貼りたい写真からペタペタ貼ってたら、なんだか旅行記になってない今回の旅の記録。そしてなにより食べたものの記録も
忘れてるし。

ということで、今更ながら今回は食べ物編として思い出を綴ってみることに。

まずは機内で食べたおにぎりはカルビおにぎり......だったと思う。あんまりおぼえてないなぁ。というのも、今回初めて
機内で耳抜きできずに苦しみました。こんなに痛いものとは......(^^;

結局、これが完全に直ったのは4日目の朝のことで、その間ずっと耳が聞こえにくい状態でなんだかボーっとしてました(T.T)
旅行の1週間前くらいからずっと風邪で、そのまま行ったからそうなったんだと思いますが、やっぱり旅行は体調万全で行きたい
ものですね。


ソウルに到着して、まずは宿にチェックイン。今回の宿も伝統文化の通りで有名な仁寺洞(インサドン)地区で、前回とは
別な安宿の新宮荘旅館。


そんな新宮荘旅館の玄関で最初に出迎えてくれたのは、入口を塞ぐ我が物顔の布団と洗濯物......(^^;

なんかアジアな感じ(笑)


そんな宿の部屋は狭いけど十分快適。クーラーにTVに冷蔵庫にシャワー・トイレがインサイドで2人で¥2700はかなり
リーズナブル。2年前のソウルで泊まった同じく仁寺洞にあるヨンビン荘旅館は同じ値段でさらにバスタブ付きだったけど、
スタッフの感じ良さなんかでこちらの方が居心地いいかも?


そんな宿から最初に向かった遅い昼食は、里門ソルロンタン。仁寺洞のすぐ近くなんだけど移転していて、道で現地の人に
聞いてなんとかたどり着いた。

そんな里門ソルロンタンは開業以来100年もの伝統を誇るお店だそうで、けっこう期待の店。


牛の肉・骨を長時間煮込んで作る、乳白色のシンプルなスープ料理のソルロンタン。

食べてみると、あっさり〜な味。
塩を入れて味を調えて、うん、たいぶ食べれる味に。しかしなんともあっさりな。牛肉の臭みも若干あるような。期待したほどの
味ではなかったかな。肉は柔らかで、麺とご飯が入ってて、まぁ遅い昼食にはちょうどいい感じでした。


ついてきたキムチをはさみでチョキチョキ。こちらの作法ですね(笑)
しかしこのキムチ、お味が......(^^;イマサン


この程度のお昼でも、食べた時間が遅くて間食もしたので、夕食は遅〜い時間に。選ぶ余地もなく宿の近所の韓屋の観光チックな
お店で海鮮鍋。なんかタコが食べたくなって。

お味は釜山で食べたものの足元にも及ばない感じで......


そういえば、初めてのソウル旅行の時にも夕食が遅くなってこの店で食べた記憶が。お店のおにいさんは愛想良く、サービスも
気を使ってもらえてる感じで悪い店ではないのですが、やっぱりもっとローカルっぽい店がよかったなぁ。


翌日、2日目の朝は近所のお粥の専門店に。

風邪が治らないのでアワビと高麗人参のお粥で元気をつける(笑)
しかし、高麗人参マズー!


昼食はドラマ「二度目のプロポーズ」のロケ地にもなったこのお店。
お店の名前は成興冷麺とか言うらしいですが、住所とお店の写真だけをたよりにタクシーまかせで行ったら迷う迷う......(^^;

もう途中からは運転主さんもすごい行列の冷麺屋に行って「ここは有名でうまいぞ、ここにしとけ!」とか言ってるし(笑)
その店もすごく惹かれたけど「ここじゃないよ、ほら、写真と違う!」と諦めない私たちにおじさん、その冷麺屋の人に
道を聞いてるし......(^^;イイノ?

そういうのを繰り返してたどり着いた時にはおじさんとやったね!って(笑)


そんな苦労してありついた冷麺は、もっちり麺が普通の冷麺とはまったくちがった食感で、味付けも超濃厚。

今でも夢に出そうなおいしさでした。


そんなお店は韓屋の中庭に屋根をつけたつくりで、なかなかの建物でした。ドラマで見た風景でもあるので、きょろきょろうろうろ
観察できて楽しかった。


夜は楽しみにしていたサムギョプサル。豚の三枚肉の焼肉なんですが、韓国で焼肉と言ったら牛ではなくてこの
豚の焼肉を指すことの方が一般的とか。


ある程度焼いたら、例によってハサミでチョキチョキ(笑)


サンチュに豚肉乗せて、ナムルに薄く伸ばした餅にコチジャンにと好みでなんでも包んでパクリ!

最高です!


お店はこんなビルの屋上。 ローカルな雰囲気が気分出ます。


3日目の朝は、隣駅にある広蔵市場の「麻薬キンパ」と呼ばれるこの屋台で。


人参とたくあんしか入ってないこの巻き寿司。たしかにおいしいけど病み付きになるほどでは......(^^;ナイナァ


それもそのはず、ここは偽の「麻薬キンパ」だったみたい......(T.T)マヤクキンパッテカンバンニカイテタノニ

次回はきっと本物の「麻薬キンパ」に行くぞ!


そんな広蔵市場、屋台がいっぱいで......(^^;オオスギ


のどかな市場の路地に消えてく出前運びのオバチャン。


今回挑戦できなかったスンデ(豚の腸に、豚の血液や餅米他、いろいろ詰め込んだソーセージ?)

次回こそ......


ここもいちおう江南(カンナム)側というのでしょうか?
地下鉄9号線のノドォル駅から坂を上ると、テレビ画面で何度も見た階段が。


坂の下を眺めると相変わらずの結構な角度の坂......(^^;エライエライ


階段の上にはドラマ「スターの恋人」のキム・チョルスの家が。ロケ地になるだけあって、なんとも雰囲気のある景色です。
ここでチェ・ジウが......なんてことはどうでもいいのですが、やっぱりロケ地ってのはなかなか味がある場所の場合が多くて、
そこに至る過程や景色、街の雰囲気なんかもなかなか面白かったりします。


遠くには漢江(ハンガン)やその向こうの対岸まで見渡せます。


そんな坂を登って下って、お腹がすいても飲食店は1軒しか見当たらないノドォル駅。そのお店に入るとみんな食べてる
見慣れた食べ物が。ボリューム満点でなかなかおいしいオムライスにありつけました。韓国のオムライスとはどんな味がするのか
興味津々で注文したものの、いたって普通においしかった。

しかし、オムライスにもキムチがついてくるとは......(^^;ゼンゼンアワナイ


坂道を行ったりきたりで疲れたら、チムヂルパンでひたすらゴロゴロ......幸せです(笑)

チムヂルパンとは日本で言うところのサウナと健康ランドとネットカフェとカラオケとゲームセンターとスポーツジムと食堂と
仮眠室と......(^^;ナンデモアル などなどなんでもあっていろんな楽しみ方の出来る娯楽施設です。ここではみんな他人の目を
気にすることなくどこでもゴロゴロ、ダラダラすごしてます(笑)

そのダラダラぶりがなんとも気持ちよくて、一度入るとなかなか抜け出せません......(^^;カイカン


まずは大浴場で垢すりと全身マッサージ、そしてゴロゴロ、サウナ入ってまたゴロゴロ、ご飯食べてまたゴロゴロ......(^^;ゴロゴロバッカリ

いやぁ、これが幸せってもんですよ♪


たっぷり汗をかいたらシッケ。もち米を発酵させて作ったジュースですが、これが甘くてキューっと風呂上りに最高!


ひたすらダラダラゴロゴロとしてたら夜になっちゃって、そのままここで夕食もすませる。熱々のスンドゥブ・チゲです。


4日目はゆっくり起きて朝食抜いて、早めのお昼に参鶏湯(サムゲダン)。

元祖の文字に惹かれて......(^^;


ちょうど韓国は日本で言うところの「土用の丑」みたいな時期らしくて、お店は地元の人でごった返していました。
そう、この参鶏湯という料理は栄養満点のスタミナ食なのです。


若鶏が丸々一羽使われています。あっさりスープとトロンとやわらかい鶏肉がもう最高です。


中にはもち米や高麗人参やらが出てきて、いかにも体に良さげ。これで風邪も良くなったんじゃないかな?


夕食は有名な明洞カルククスの仁寺洞店でうどんとマンドゥというでっかい餃子。

これはうまい! 餃子好きの私にはたまりません。


夜の屋台街散歩で韓国おでんを選ぶ家内。食べた食べた!




5日目、最後の朝はカルビタンとキンパッ。朝から骨付き肉にかぶりつきます(笑) しかし韓国のスープ料理はどれも
あっさり味が多くて、朝から食べるのにもほんといい感じです。


空港でのお昼。

最後に気に入ったマンドゥを食べる私とジャージャー麺を食べる家内。

今回の旅もいろいろ食べれて幸せでした!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment

管理者のみに表示