チンク車内の小物収納、「100均活用術」

2012/10/27

カバ吉号でヨーロッパを走ってきました......というには無粋な電線が写りすぎ(笑)

ご近所ドライブでよく通る道から見えるゴシックな教会。いつかカバ吉のコクピット越しに捉えて
やろうとおもいつつ、やっとゲットです。



という話じゃなくて、チンクの車内収納の話です。


乗用車として最低限の体裁を整えている車としてはおそらくミニマムであろう二代目FIAT500ですが、その車内での収納力は
標準のままでもまずまずな感じ。ただしこれはFIAT500のLタイプに言えることで、DタイプやFタイプ、最終型のRタイプでもドア
ポケットは付いてないのが標準なようです。


そんなLタイプのドアポケットはイケてます。かなりの大容量で、いつもすぐ使いたいものが満載です。窓拭きクロスに軍手、
ドライバーにタイヤの空気圧計、車検証に信貴スカのパンフレット、超吸水人工セーム皮に雨の友クリンビュー、懐中電灯に
埃はたき。あと、車内時計のスペア電池とかも入ってることでしょう。

どうです? この充実ぶり(笑) 入れすぎですよね......(^^;




標準の収納として、このフロントポケットも重要です。
乗り始めはいろんなものをつっこんでましたが、カーステを押し込んでからはなんにも入らなくなっちゃって......
せいぜいカーステの上の隙間にCDとかを押し込んだりするくらいです。




運転席と助手席のしきりにある小物入れも、このわずかな収納が貴重ですね。それでも100均カップホルダーをのせてるために
あまり使い勝手はよくはありません。




そして今回の収納力増強につかったのが100均で買ったこのポケット。容量も十分で、やはり100均の2kgまで耐えるという吸盤で
後席の両サイドにぶら下げて、帽子やサングラスにマフラーや花粉症マスクなんかを常設です。反対側にはまだまだ入りそう
なので、あと何いれようかなぁ〜




そしてこの吸盤も、ステッカーの裏側につければ外からも目立たない。反対側もなにかステッカー貼ろうかな♪
バックのお店はこれらの商品を買ったおしゃれ100円均一の店「Seria」です。




外から見るとほら、気にならない見栄えです。




さらにリアシート後端部に引っ掛けた100均グッズ。本来は前席のヘッドレストに引っ掛けるものですが、旧車ゆえにヘッドレストなんてものはついてないのでこの位置で使用です。買い物袋なんかがつるせて、コーナーでの横Gでも荷物がしっちゃかめっちゃかにならずに重宝します。




荷物をつるしていないときでもポップなカラーで邪魔な感じはしない?




そして車内収納じゃないけどボンネット内にも荷物が入ります。ここは多少の雨の浸入もあるので、濡れて困るものはナイロン袋
に入れておかないといけません。そして、本来はあんまり荷物をごそごそと入れるべき場所ではないので最小限にと誰かに注意
いただいた場所でもあります。

が、しかし......(^^; ここだけでいったい何キロ分の重量物が入ってることでしょう。

不安と不精が形になったような、そんなカバ吉号のボンネットでした(笑)
中身はと言うと......

スペアタイヤに重量級の工具箱にテスター、タイミングライト、予備パーツ各種、キャブクリーナーやグリス・油等のスプレー、
テープ類、継ぎ足し用エンジンオイル、ブースターケーブルに予備の手回し発電懐中電灯(シガーライター直結可能タイプ)、etc

この4年ちょっとで使わなかったものがほとんどかな?
そろそろ本当に使いそうなものだけにして、ちょっと軽量化しようか思案中です(笑)


あとは後部座席の足元にぴったりの収納が見つかれば完璧かな♪



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
ス・スゴい!!
ご無沙汰しております。スシオです(^-^)/
すごい収納力ですね。思わず笑ってしましました(笑)
私も心配性なので、あれやこれやと部品やツールを詰め込んでますけど、ホットさんにはかないませんね〜。脱帽です!
だけどボンネット内のすき間って結構いろいろ入りますよね(笑)
わらっちゃいますよね......(笑)
スシオさん

お久しぶりです。
どう考えてもこれは入れすぎですよね?
ダイエットしようと思いつつ厳選するのが面倒だったり、エレベーターなし団地の4Fに住んでいるので極力工具とか部材とかも積んでおきたかったり......(^^;

ボンネットの隙間、これはかなりの容量ですよ!
ただし、ワイパーのモータ部近くに物を入れると可動部に引っかかってエライことになりますのでご注意を。
僕は以前そこにナイロン袋に入れた予備のプラグコードを入れてて、それがワイパーリンク?に絡んでぐちゃぐちゃになりました(笑)

管理者のみに表示