2013年台湾の旅 その5 <2日目 台南編> 安平樹屋

2013/04/08

二日目の朝は近所の市場へとお目当ての食べ物を求めて歩き始めます。道を歩けばとにかくスクーターばかり(笑)




そして行く手を阻むのもスクーター......(^^;ホドウニナッテナイ!




なんかものすごくそそる地下街ですが、まだ朝なのでどこも閉まってました。




そうやってきょろきょろしながらたどり着いたローカルな市場にはこの店が。

”小吃”(シャオチー) ちょっと食い?  なんともいい響きです。




そんな今朝の小吃は”餛飩意麺”

大好きなワンタンスープに平たい麺が入ってます。さっぱりスープで朝食にぴったり! あ〜、また食べたい!




朝食の後は、今日の観光目的地である”安平”に移動。そこで台湾の伝統的な庶民のデザート”豆花”をいただきます。




ツルツルふわふわの食感がここちいいのですが、ようするにやわらかい豆腐に甘いシロップかけたりいろんなトッピングをしたデザートです。つるんと喉を通る感触がたまりません。今回はいけなかったけど、マンゴーや苺なんかのフルーツとミルクで味付けした豆花のお店が台北にあるようで、次回は絶対行きたいなぁ。




たまには観光らしいこともします(笑)




ここは安平樹屋といって、元はイギリス人経営の貿易商店だった建物がガジュマルの木に覆われつくしてしまったのを観光用に公開したもの。




さっそく中に入ってみましょう!




中は安全のためか、骨格だけ残した建物が鉄骨で補強されていました。




しかしなんともいえない見え方ですね。




場所によってはガジュマルのトンネル状態(笑)




ちょっとオドロオドロした雰囲気も......(^^;




しかしこの生命力には驚かされます。完全に壁と同化してるし......




そして見やすいように空中廊下がしかれています。




上から見ると、どんな風にガジュマルに侵食されているかがよく見えます。




















しかし、歩いててなんか見たことある風景のような、なにかを連想させるような......なんなんだろう?








この風景もなんか見たことあるような......




離れて見て分かりました。これは小さな ”天空の城ラピュタ” ですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment

管理者のみに表示