チンク、初めてのオイル交換

2008/11/27


昨日ははじめてのチンクのオイル交換。

盆開けの納車から3ヶ月で2000kmちょい走ったのですが、ショップからは2000kmごとにオイル交換するよう言われています。2000kmごとというのは普通の車と比べるとずいぶん贅沢な話ですねぇ。それにうちの子はオイルパンをノーマルの2Lから4Lタイプに交換しているので、オイル容量が倍、かかる費用も倍ということになります......(^^;
これは正直財布が厳しいですね。

そこで、オイルはクラッシックカー用として高粘度で安価な鉱物油の、BP社のコースクラシック20-60Wを入れることにしました。
オートバックスなんかでは4L缶で¥7,000弱と、恐ろしい値段で売られていますが、なんとかコストを下げるためにネット通販で20L缶¥15,800で買いました。これで1Lあたり¥790ということになります。この値段ならマメなオイル交換でもなんとかなりそうです。

いざ交換してみると、20-60wという粘度がどれだけのものかよく分かります。たとえるなら蜂蜜のようなオイルですね(笑) 色が濃くて、ドロドロです。真っ黒な廃油を抜いて、オイル注入口からこの新しいオイルを入れると、ドロドロとなかなか入ってゆきません。ものすごい粘りです。加減が分からないので、少しづつ入れてはオイルが下がるのを待ち、ゲージで量を測り、またドロドロと少しづつ入れてと、結構時間がかかりました。

交換後に乗った感じは、やはりオイル交換したてのエンジンは滑らかに回ってるような感じで気持ちいいですね。細かなノイズもまろやかに聞こえます。

あとはこの20Lを1年ちょいかけて使用するわけですが、開封して空気に触れた残りの約16Lのオイルがこの先どれだけ劣化するのかがちょっとだけ気がかりです。ネットで調べると、この開封済みオイルの劣化や保存方法については諸説あるようで、なるべく空気に触れないよう小さめの缶に分けて保存するほうがよいとか、気にせずそのまま保管しても問題ないとか人それぞれのようです。風通しのよい冷暗所に保管するのがよいというのは共通の説でした。取り分ける小さめの缶も持ち合わせていないことだし、私は後者でいくことにしました。さて、1年後にどうなってることでしょう。



オイル交換のついでにエアクリーナーの点検です。まだまだ綺麗なもんでした。心配したブローバイガスによる油戻り汚れもなく、まだまだ使えそうな感じですね。

洗車とかもそうですが、ちょっと愛車をメンテするのってなかなか気分のいいもんでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment
おはようございます
ホットさんおはようございます(^^)
自分もオイル交換したかったのですが、15Wにするか20Wにするか悩んでいました。銘柄もどれにするか非常に悩んでいました。オイルパンはノーマルなので、容量は少ないのですが、交換サイクルを考えると安めのオイルを早めに交換するほうがいいかなと思ってました。
オイル選び
たけーさん

オイルの粘度と銘柄、難しいですね。鉱物油で高粘度でそこそこ経済的なものと考えれば、おのずと選択枠は狭まるのでしょうが。
そういうのを考えてやりくりするのも楽しみのうちなんでしょうね。

2Lならちょっといいオイルを入れるのも可ですね。
うちの4Lのオイルパン、冬だけ2Lにならないかなぁ?

管理者のみに表示