チンクで近所をドライブ

2008/07/15


長距離走ると家内がグッタリするので、近所まわりをぶらぶらと。
チンクでそこそこ走ると二人とも汗びっしょりになる。そのタイミングで入ったカフェで、出された水をガブ飲みするのが最高です。
カバ吉の見える席を選んで座りパフェを食べてると、隣の熟年夫婦がうちのカバ吉見ながら話が弾んでる様子。「かわいい」とか「スバル360みたい」とか聞こえてくる。

いえいえ、スバルではありませんよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

チンクのエンジン音と燃費

2008/07/15


うちのカバ吉はちょっと、というか、かなり立派な音がする。家の前で空ぶかしするにはちょっと気が引けて遠慮がちになるくらい。
走り出すとブォー、アクセル戻すとパンッ、パンッ、パンッっとバックファイヤー音がする。パタパタパタというイメージだったチンクの音と違いやんちゃ系な音?誰かに運転してもらって、自分のチンクがどんな音出してるのか外から聞いてみたいが、家内にチンクを運転させるのは無理。

今日は、チンク内部のぞうきんがけと、各部の現状の写真をパチパチ撮った。こういうときにデジカメは便利だな。フィルム代気にせず、隙間に突っ込んで撮りまくり。頭を突っ込めない箇所も画像で見れる。撮った写真見ながら、各部の名称とか役割とか、少しづつ勉強するとしよう。

2回目の給油をしたので、初めて燃費データが出た。結果は16.07km/Lとなった。ほとんどがストップ&ゴーの多い市街地走行で、ところどころ渋滞ありの条件としては、期待以上。1回目の給油でどこまで入れたかをしっかり覚えておいて、そのイメージどおりにいれたので、そこそこ正確だと思う。もっと空いてて信号の少ない田舎道ならどれだけ伸びるんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

チンク、激励される

2008/07/15



大阪のドライバーはせっかち。 カバ吉に乗り出して、1日1回以上はクラクションを鳴らされ、いやがらせのような抜かれ方をされたりする。ちょっともたついただけで、すぐに動こうとする挙動は見せてるのに。
そうやって抜かれる方の心理としては、「こんなかわいい車に嫌がらせするなんて、なんて心の狭い人たちなんだろう。」という自分本位なもので上から目線(笑) 頭膿んでます....(^^;
納車整備でクラッチ直すまでは大目に見てください。(クラッチ焼けててジャダーが出るので、出足がかなり恐る恐るなもんで....)

そんななか、ホームセンターで買い物を済ませてわがカバ吉のもとにもどると、まじまじとカバ吉を眺める御仁が。近づくと、満面の笑みでこっち見て無言でカバ吉を指差してる。こちらも満面の笑みで無言でうなずく。
なんでも最近までビートルではないカクカクした古いワーゲンのオープンに乗っていた旧車ファンの方だそうで、子供が生まれそのワーゲンを最近手放したとことか。チンクのことも乗りたいと思ってたとのことで、初対面なのにお話が弾みました。

こんな出会い、素敵ですね。
別れ際には「がんばってくださいね」だって(笑)
初対面の方にそんな風に激励される車って、チンクくらいではないでしょうか???
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

うちのチンクはカバ吉

2008/07/12


↑チンクを止めたコインパーキングでパチリっ!両隣が4WDの大型車だったので、まるでトリック写真のようにチンクが小さく見える。
---------------------------------------------------------------------------

今日はチンクで約90kmほど走った。

昼前のスタートだったけど、すでに外気は32,3度くらいだったんじゃないだろうか。熱くてシートに座れないし、ハンドルももてない。
そんな中、少し走ると汗だくになったので、目的地へ向かう前に近所で冷やしうどんを食べる。熱いうどんは無理.....

その後、約1時間半かけて目的地の神戸の岡本周辺へ。ここは芦屋に隣接したおしゃれな学生街で、かわいい雑貨屋巡りとチンクに乗って出かけること自体が今日の目的だ。
とにかく運転していて楽しく、助手席の家内もご機嫌だ。
しかし覚悟はしていたけど、さすがに暑かった。三角窓からの風で汗が乾いて気持ちいいけど、風に当たり続けるのは結構体力を消耗するものだ。運転してる私はいいけど、家内はちょっとお疲れモード。
道中はとにかく汗をたくさんかいたので、到着後まずカフェに入って水とアイスコーヒーをがぶ飲みした。

岡本の街ぶらを楽しんで、次の目的地のパン屋で買い、ちょっと小腹がすいたのでベンチで食べようとしたら雨....。
仕方なく出発すると、けっこう雨足が強まり初のワイパー起動。ちゃんと動いて二人で拍手(笑)動いて当たり前なんだけど、そんなことでうれしくて、楽しいのがチンク。

しかし、夏の暑い日の雨の走行はけっこうつらいものでした。窓は開けれないし、ルーフはもちろん。そして、雨なのに晴れてる変な天気で日差しは容赦なく入ってくるし.....

帰りは道を間違えて、うっかり高速に入ってしまった。短い距離だったけど、とりあえず95kmくらいまで出してみた。ホイールベースが短いせいか、少しハンドル操作に過敏に反応する感じで、安定感は弱い。あくまでも普通の日本車にくらべてで、危ないといった感じではなかった。

まずは無事にトラブルもなく帰ってこれてよかった。家内は下手な運転による挙動と、風と暑さのため、ちょっとグロッキー。
チンクの調子はいたって快調で、うちの子の癖とかもたいぶ分かってきたし、扱いも少し慣れてきた。

チンクのおかげでほんとに楽しい1日でした。

ところで、うちのチンクの愛称が「カバ吉」に決まった。
なんか見た目を動物にたとえるとカバみたいだから。特に上から見下ろすと良く似ているような....

----------------------------------------------------------------------------
↓ラッパーズのオーダーメード・ボディーカバーをはじめてかぶせてみた。さすがにサイズがぴったりで、縛り紐でしっかり固定できるのが気持ちいい。  http://www.wrappers.co.jp/wrappers/top.htm



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

チンクで走る!

2008/07/11



今日はチンクの仮納車。

ショップで取り扱い方法や注意事項のレクチャーをしっかり受けた後は、緊張の路上教習。
まずは助手席に座って代表の運転で、その後は横に乗ってもらって私がハンドルを握ってと、安心のケアをしていただき、いよいよ一人で大海原へ漕ぎ出した。
ショップを出ると、まずは渋滞。おかげで一人になった不安も、すこしの緊張感へと変わりだいぶリラックスしてきた。しかしなんて楽しいんだろう。意味もなくニヤケてしまい、ちょっと気を抜くと声をだして笑い出してる。はたから見るとなんて不気味な光景なんだろう....でも止まらない。

大通りに出て、ちょっと回してみる。結構流れに乗れる加速とエンジンの音、三角窓からの風とルーフの開放感が爽快。約40分間の運転でチンクにだいぶなれた頃、自宅前の道路を通過。予想通り窓から家内がこっちを見てる。
家の正面に回ると、お出かけ準備完了の家内が外に出てきてこっち見て笑っている。「ちっちゃい車に大の大人が乗ってるのがコミカルで笑える!」だそうだ。

さっそく二人で、チンクで最初にいく場所と決めていた近所の31アイスクリームへ。このポップな店舗で、駐車場に止めたチンクを眺めながら、キャンペーン中でお安くなってる3段アイスを食べる。いままでこの情景を何度空想してみたことだろう。

これは最高! 夢かなって最高に幸せです!

その後も、暗くなるまで走り回りました。
とにかく運転してて楽しかった。いまどきの良く出来た車とは正反対にやることはいろいろあって、慣れてないからよけいに新鮮でもあって。明日もまた楽しみです。

さて、だいぶ暗くなって家に帰って、エンジンルームやボンネットを家内に開けて見せる。と、ここでファーストトラブルがやってきた。
ボンネットをあけようとレバーを引いたら、ブチッ.....ワイヤーが切れました。そんなに力入れた気はないんだけどなぁ。
幸い切れた場所がレバー近くだったので、家からペンチを持ってきてワイヤーの切れ端をつまんで引いたら、無事ボンネットは開きました。とりあえず給油が出来ると、一安心。

今度はボンネットを閉めると二つ目の不幸が.....
ゆっくりいたわりながらしめたんだけど、ボンネットのガタで位置がズレてたのか、ボンネットを引っ掛けるツメの部分がクシャっと潰れた....(涙)
ポキッといかないよう慎重に曲げ戻す。なんとか元に戻りました。

いやぁ、いきなり冷や汗でした。 そして、「いきなり壊すかぁ?」と家内と大笑い! ほんと壊れたというより壊したと言った方が正確です。
明日、ショップに報告と、ワイヤーの交換をお願いしておかねば。

そんな感じでチンクの初日は終わりました。
家内の感想は、「なんか遊園地の乗り物みたい! はやくまたチンク乗りたいね!」だそうで、一安心です。今日は比較的涼しかったし。

私はと言うと、「ほんと生きてて良かった、ありがとう。」と家内に何度も言いました。



↑クシャっと潰したボンネットを引っ掛けるツメ


↑翌日、電工用の圧着端子で応急処置....(^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
« PREV | HOME | NEXT »