京都イベント巡り

2012/04/08

車イベント満載の京都の春、まずは嵐山を抜けて久しぶりの嵐山・高雄パークウェイに行って
きました。

ルートは前回同様嵐山経由で。朝だから特に混むこともないし、すこしだけ観光気分で
街を抜けていきます。



今回から有料化されたTSMですが、ロープの中と外にと参加車両と見学者のエリアが別れます。
気軽に車好きがただ集まるという雰囲気が好きでしたが、今回からは毎月コンクールということ
で、入賞者にトロフィーが授与されたり、スペシャルなゲストを呼ぶ企画もあったりだそうです。

特にコンクールに興味はないし、ちょこっと覗いてGeorge"bb"Sundayさんの顔見て、久しぶりの
パークウェイを行ったり来たり。



高雄駐車場でやってるというスーパーカーミーティングとやらを覗きにいくも、それらしい車はラン
ボルギーニ1台だけで、あと途中2台のフェラーリとすれ違っただけでした。走って戻ってみると、
なんとトゥクトゥクがやってきました。横に並ばせてもらってパチリっ!



3つ目のイベント、「TEAM YAMAMOTO クラシックカーミーティング」へと向かう道中、食べログでチェックしたお洒落なカフェへ。
しかし、残念ながらお休みでした。また営業しているときに寄ってみたい外観のお店でした。

その後に寄ってお昼したお店はまた次回にでも。



昼食後、次の催しの会場である丹波ワインに向かう道中の県道78号線(県道19号線かも?)
ですが、すごく景色のいい道でした。で、ついついフォトストップが多めに。なかなか目的地
にたどり着きません(笑)

ここはなんとも懐かしい雰囲気のバス停。



古き良き日本が感じられます。わざわざUターンしてよかった。



そして、これまた道路沿いに古めかしい神社発見。奥の本堂は茅葺屋根で、保存のためかさらに仮設?の屋根をかぶせてあります。



さらには道中の朽ちかけた民家跡。いったいいつの時代からこの状態なんだろうと、家内と近くまで行って眺めてしまいました。



そんな寄り道を重ねてようやく丹波ワインに到着したのはお昼の2時をまわってたかな?到着するなり前は117クーペの団体さん。
見学者も趣味車が多くてこれはなかなかテンション上がります!

そして、どこに停めようかと駐車場を進んでるとroadkingさんから電話。
「あなたは監視されてますよ...」って....(^^;
どうやら高台の上からこちらを確認していた様子(笑) そのまま誘導してもらってお馴染みSさんのジャルディーのそばに。
間にもチンクがいます♪



さたさて会場のほうへと進もうとするのですが、そこまでの間にも魅力的な車がたくさん。もう敷地全体がイベント会場状態です!



こんなクラシカルな車も、普通に駐車場に停まってるから凄い!

よく見ると3輪でザリガニのようなスタイルがユーモラスな1台!



こちらはミニの一団。すごい団結力です。



あっちにふらふら、こっちにふらふらしながらようやく展示スペースに到着。

そこにはなんとも贅沢なカラフルなエランの列が。この水色エラン、いいなぁ〜。こんなのがセカンドカーだったら......



そして大好きなイセッタに遭遇! もう今日一の注目CARです! 家内も欲しい!を連発(笑)



嬉しそうに運転席に座ってるのは誰でしょう?(笑)



一つ目の展示スペース全景。



坂を登ると国産旧車のコーナー。

コンパクトなトラックの旧ナンバーとのマッチングが最高!



この色と形、たまりませんねぇ。



素晴らしいカラーリングのダットサン・ブルーバード。

これはこのままのカラーでサードカーに欲しい......(^^;モウソウモウソウ



渋すぎるトラック。



荷台にテーブルと椅子を置いてくつろがれてたのが印象的。そしてそのまま蚤の市状態。

似合いすぎ〜



ミニのミニカーショップ(笑) これも似合いすぎ〜



こんな旧車越しにながめるバンドライブ。初めて見たスチールギター?の生演奏にちょっと感動!



ショップブースもなかなかの盛況。



懐かしいボンネットバスの展示も。



中も散策できて! う〜ん、運転してみたいなぁ!

シンクロなしのチンク乗りだから、きっと上手く運転できると思うんだけどなぁ(笑)


よくよく考えてみると、展示車両は国産旧車と英国車ばかり。そういうショップなのかな?



久しぶりにお会いできた仲間達。ダベリも楽しかった!

そしてやはり久しぶりのブロンソン。今日も体当たり攻撃で遊んでくれました(笑)



高雄でツーショット撮らせてもらったトゥクトゥクも来てました。



最後に愛車並べて記念撮影。ほんと楽しい時間でした!



帰りは途中まで3台列なって。



そして途中でいつのまにか居なくなっててはぐれたGeorge"bb"Sundayさんを発見。並んで気持ちのいい道を走って帰れました。

いやぁ〜よく走ってよく遊んだ1日でした♪



本日の走行距離:280km
燃費:17.57km/L (ちょっと入れすぎたから実際は18kmいったかな?)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

京都チンク会2011

2011/12/06

[多くの写真はクリックで拡大出来ます]

先日の日曜日に京都チンク会に行ってきました。最大で16台、延べ17台のチンクエチェントに加えてFIAT X19やムルティプラ、
ALFAのジュリアスーパーにNEWビートルと、チンク以外にも多彩な参加車両でまったりとした1日を過ごすことが出来ました。



そんなチンク会の朝は、まだ薄暗い171号線をのんびりトコトコ走ってると、前方にチンクを発見!

撃墜マークがひとつ増えたぜぃ!



同じく嵐山高雄パークウェイに向かうKITさんでした。

ぬぬ、オニューのホイールが光ってますね♪



嵐山での記念撮影に寄り道するまでの間、ランデブーランで楽しかったです!こういう偶然にチンクと遭遇という
のは何度経験しても心ときめく瞬間です。



寄り道した嵐山は、朝から結構な人手。朝だから空いてると思ったけど甘かった......



紅葉もちょっとイマイチ赤みの少ない感じで残念。さっさと記念撮影を済ませて次へ。ちょっとだけ混んでたけど
まぁ、車内から観光気分も悪くないものでした。



TSMの時とは逆に今日は嵐山口から登ってまずは1本高雄口まで。落ち葉をヒラヒラーって吹き飛ばしながら真っ赤な紅葉の
中を走るカバ吉を想像していたけど、路面は濡れた落ち葉の絨毯で危ない危ない......(^^;

ひたすら安全運転で対向車線に次々に現れるロータス7やポルシェにフェラーリにその他の趣味車。これを眺めながら
トコトコと1往復して集合場所へ。

並んでる並んでる(笑)



このブログで参加するよってコメントいただいてた方や、初めてお目にかかる方、ちゃんとお話しするのが初めての方、
ゆるーい時間の流れの中で、まったりしたお話しが出来て楽しかったです。



そして初めて目にするクルマたちも。



ジュリアスーパー、渋いなぁ。



そしてピクニックのような雰囲気に......



なんとSさんご夫妻がみんなにぜんざいをご馳走してくれました。当日は日が隠れると風がびゅーびゅー吹いて寒かった
ので、この熱々のぜんざいでおかわりまでしてあったまりました♪ 

ご馳走様でした!



そんなSさんのジャルディーは調理グッズが満載で、まさにこの車の用途にぴったりの楽しみ方をされてるのがいい感じ。
こんな感じでジャルディーに道具を積んでキャンプしたりもされてます。来年はきっとキャンプご一緒させてください!



ずらりと並ぶチンクをバックにこの雰囲気。最高ですね!



そんな会場の全景をパノラマで撮ってみましたが、写りの歪みが凄くて......



この歪みを修正する方法を白鼠さんに教えてもらったものの、フォトショップからその機能を見つけることが
出来ずにそのままの投稿です......(^^;



いつもと違う点。

今回はみんなで記念撮影! なんかイベントっぽいじゃないですか。
三脚持参で盛り上げてくれたたけさん、ありがとー!
(いつか画像データくださいね!)



参加される旨をコメントでいただいてたレッドラインさんのチンク。となりのCさんのチンクとまるで双子のよう(笑)



同じく先日の関西トリコローレでお見かけしたものの、すでにお帰りになるところで残念がってたら、チンク会に
来られる旨をコメントいただけたしぶたろーさん。

ライト下の髭が......ヌオーバぁ......また後日じっくりと(笑)



バンパーレスでまあるい見栄えのチンクは初めてみた車体。そして温泉さんのX19。スポーティーな2台です。



終盤、山にかかった大きな虹。久しぶりに見れました。



いつも以上に長時間にわたってまったりと楽しむことが出来た京都チンク会。今年は今回の1回だけの開催でしたが、
来年はせめて2回くらい集まりたいですね。



帰りは残った方たちと隊列組んで某所へ。さらにダベリはつづき、ほんと1日堪能できました。

ご一緒できたみなさん、楽しい1日をありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関西トリコローレ2011

2011/11/27

関西トリコローレ2011に参加してきました。

置き系のイタリア車イベントですが、今年が第1回だそうで300台近い?参加があったんじゃないかと言われて
いましたが、ほんとうにものすごい数の参加車両でした。そんな中から特に気になった車やら、会場の雰囲気の
写真なんかを貼っておこうと思います。


まずは、今回見れた車の中で一番興味をひいたのはこのランボルギーニ400GT2+2です。うちの子の近くに
いたのですが、ものすごい強烈な個性のデザインで注目の的でした。ランボルギーニという会社にとっても初期の
車ということですが、この頃から流麗で品の感じられるフェラーリに比べてインパクトというか迫力を感じる
デザインに思えます。これはほんとうに貴重なものが見れました。



ざーっと適当にカメラを向けてもものすごく豪華な顔ぶれが目立ちます。



さらに目を引いたもう1台。アルファロメオジュニアザガート・1600Zという車なようです。このデザインを見ていると、
しっかり ”アルファ顔”というのがあるんだなと思います。独特な表情ですね。全体のシルエットは割とずんぐりして
いるようにも感じますが、この ”顔”のデザインには本当にシビレました。



この ”まぁるいアルファ”はなんでしょう? とにかくどこから見ても丸みがあって。なんかシルエットだけを
見てるとアルファに見えなかったり......



たくさんいたディーノの中でこの色。渋いなぁ。



フェラーリではデイトナが見れたのがうれしかった。



ヌオーバが動いてる〜!

気付いたときにはもうお帰りになるときで......(^^;



バックの現代車がなければ当時のカタログの写真のような......そういう写真等でしかみたことなかったという意味ですね(笑)



いまさらながら ”GTロマン”とかいう漫画を見始めて、このジュリア・スーパーにも目が行くようになりました(笑)

ほんと渋い。



このアルファもよく分からない車種の1台。落ち着きのある色とデザインが芝生に溶け込んで綺麗でした。
しかしよくよく考えるとアルファって種類多いですねぇ。



ひそかにいつか欲しいなんて思ってるビアンキーナ。



これ、今日の ”びっくりさせたで賞”



インパクトでいったら KAMEOさんの ”大五郎”も負けてませんよ(笑)



初めて見たこのチンク。なんとリアウインドが......



お手製のステンドグラスになってました。車内からバックミラーで見るとものすごく綺麗だそうです。



アバルト595も2台来ていました。



出たな、ナラナラ団(笑)

この126にはいきなり度肝を抜かれました......(^^;



途中でこんな感じでウインドウがつけられたかと思うと、帰り際には大勢で幌を取り付け中でした。ものすごい
思い切りよい改造ですね。



エレガント〜



パーツやステッカーやと、いろんなショップのブースが出ていました。



そして期待どおりスーパーカーも並んでいました♪



”ディーノの列” は圧巻です。



家内はカバ吉の側でフリマがしたいといってましたが、KITさんとお友達がミニカーのブースを出されていました。

なんか楽しそうだなぁ。


ものすごい台数!
そんな感じで第1回の関西トリコローレは大盛況だったようです。

参加してみて、このイベントは自然の中の公園で芝生に愛車たちを眺めながら1日たっぷりとのんびり出来る
イベントでした。僕は現地着が10時半くらいだったけど、それでもたっぷりの時間で退屈する間もなく過ごす
ことができました。来年は椅子とテーブルでも持参して仲間たちとダベったり、お茶したり、散歩したりと
さらにまったりできたらなと思います。



例によってビンゴ大会に敗れて記念撮影のあとは、西六甲ドライブウェイを東へと走り、秋のワインディングを
楽しみながら帰宅しました。往路に2台のスーパー7を追っかけながら走った再度山も楽しかったけど、こちらは
勾配がやさしくチンクで走るのがなんとも気持ちのよい道だこと。また走りにきたいなぁ。



さて、来週は京都チンク会。いよいよ秋のイベントラッシュも大詰めですが、気合入れて?楽しむとしましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2011 リエゾンクラシックカー ラリーフェスティバル その3

2011/11/09

あっけなく終わってしまったカバ吉の午後。スーパーカーを眺めて過ごしてそれでも時間が余ってロビーでくつろいでると
ようやく正規にコースを走ったであろう参加者の方々が戻ってこられました。



そんなクルマたちには六甲の山を横断した証がタイヤ周辺に見られました。それに対してカバ吉号の綺麗なこと(笑)



そんなクルマたちをまた眺めて写して。



なかなかゆっくり過ごせる時間が十分にあって、心ゆくまでクルマたちを眺めたり、



現地で知り合った方とのダベりに花が咲いたり、表彰式を待つ間も退屈しません。



思えば旧車イベントというものに行きだしていろんな車が見れたけど、このイベントはとにかく普段見れないスーパーカーに
接することの出来る数少ないイベントかもしれません。それでいて庶民の車に乗っていても一緒に走ったり写真撮ったり出来て。
大の大人が子供の頃の自分に戻って、みんな目を輝かせて(笑)



それでいて渋い車も多数ありの。



車好きのお父さんの影響で、この子もきっとそうなるんでしょう(笑)



そして表彰式。トップ3の方が表彰台でシャンペンシャワー。

いいなぁ〜



そんな僕は賞品に洗車セットをもらいました。これは恒例だそうで......(^^;
これを機に雨上がりに拭いて終わりじゃなくて、ちゃんと石鹸つけて洗車しようと思います(笑)



そんなラリーのリザルト。

なんと優勝された方は設定タイムとの誤差0秒。そんなことがあるんですね。驚きです。カバ吉号はというと、51位だった
みたいです。設定タイムが分からないので、安全運転ペースでゆっくりの方が良かったりするかとも思ったのですが、ぜんぜん
遅かったみたい(笑)来年はもっと速く走ったほうが良さそうです。



表彰式も終わって、日も大きく傾き参加者の方々も徐々に帰っていかれます。



僕にとってはショックなこともあったりした1日でもありましたが、主催スタッフの方々の尽力や参加者の方々とのふれあいも
あって、結果的には十二分に楽しませていただけた1日でした。そしてもう日も暮れて、いろいろあった1日を反芻しつつ、
僕も帰路につきました。



そんな帰りは途中まではフォルギエリさんの六ちゃんやちゅうじさんのスップリ君と走ることが出来、イベントが終わったあとの
寂しさも気持ちのいい余韻へと変わりました。



さらには途中で2台と分かれて、久々に芦屋のお気に入りパン屋さんの「ビゴの店」に寄り道です。



小腹が空いてきたので大好きなクロワッサンを1つ。



そしてしつこくゼッケンのついた愛車をぱちりと(笑)

こうして初参加のリエゾンクラシックカーラリーフェスティバルが終わりました。

参加された皆さん、また来年一緒に走りましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2011 リエゾンクラシックカー ラリーフェスティバル その2

2011/11/07

ラリーのタイム計測区間を走り終えて、神戸市立フルーツ・フラワーパークに到着です。

道中はしばらくのあいだ、このカルマンギアの後ろを走ってました。終了後にお話しする機会がありましたが、なんと昨年の
ラリー優勝者の方でした。

なかなかかわいいクルマの並びですね♪



そしてここでも昼食はほっといて、まずはミウラの追っかけです......(^^; ソンナニスキカ?

もうウットリです。



そしてカウンタックも。

遠くにカバ吉が見えます!



スーパーカーと言ったらこのデトマソ・パンテーラもスター選手の1台。

ほんといかついデザインで迫力満点。



カウンタックは子供の頃の万博公園での、東映主催のスーパーカーショーで助手席に乗せてもらって万博公園外周道路を
1週してもらった思い出があります。

またいつか乗ってみたいものです。そんな機会はもう二度とないだろうけど......



家内がすっかり気に入ったエラン。ほんといい色だなぁ。



ドリームカー・エリア。



ファニーカー・エリア(笑)


天気は1日微妙な感じでしたが、酷く降られることが無くてよかった。



となりのミジェットもファニーな顔立ち。この色とデザインのマッチングが最高。カバ吉との相性も補色関係でばっちり(笑)



いろいろクルマを見て回ってやっとお昼です。

ひさしぶりにじゅうじゅうっと焼きました。焼肉なんてどんだけぶりだろう......(^^; イガ..トシデスネ



今回楽しみにしていたことに、お城のようなこの広場にクルマを並べることでした。しかし、残念ながら今年はここに乗り上げる
ことが出来ませんでした。どうもイルミネーションのイベント中みたいで、いろんな電飾の飾りが張り巡らされていました。

残念〜



気をとりなおして午後の出発です。



トリコローレのチンクの方と示し合わせてランデブーランです。



後ろはあの綺麗なカラーリングのレビン♪




その後、なんでかトリコローレのチンクが路肩にストップしちゃって、いっしょに止まるまもなくさみしいさみしい単独走行に。

しかし、奇跡が起こりました。



もう夢中で追っかけます......(^^;



これは楽しい〜   楽しすぎる〜



なんという贅沢な景色。遠くにミウラも見えます♪

しかし......



ここはもしや下界?

あれ、ミスコースしてる?

ていうか走る予定の六甲の森林を抜けるコースや異人館は......



あっという間にゴールしちゃいました。なんと2番手ゴール(笑)

こんな感じで午後の部はあっという間にオワタ......(T.T)



ほんとうは朝と同じ位置にひっそりと駐車しようとしたんだけど、スタッフの方に前へ進むように即されて、気が付いたらこんなところに。
なぜかスーパーカーと並んだカバ吉号です。恐ろしく場違いでKYな感じで居心地悪いような(笑)
家内曰く、「貴族にまぎれた農民」だそうです......(T.T) ヒドイ せめて下町ボーイとかなんとか言えんかねぇ。



でも、せっかくの機会なので記念撮影おば(笑)

いい記念になりました。



つづく
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
« PREV | HOME | NEXT »