信貴山で走り納め

2011/12/30

夏以来になるんだろうか? 久しぶりに信貴山を走ってきました。



というのもお昼にここに集まるというroadkingさんの書き込みを見て、お昼ならそこそこ暖かいかと出かけてみたのでした。

阪奈の手前では一瞬ポツポツと降ってきたものの、山の上はお日様が顔を出してポカポカ陽気。寒いけど気持ちよかった。



まずはroadkingさんの白蛇ちゃんに注目です。



う〜ん、男前! いやいやベッピンさん(笑)

完全ではないとのことだけど、これだけ表情が戻れば直した甲斐があるというものですね。 ほんとよかった♪ なんかカバ吉も
うれしそうです(笑)



魅惑のヒップライン。

今日一番よく撮れたと思うこの一枚は、若い頃むっちゃ欲しかったPIAZZAです。前半は単焦点縛りとばかりに、お気に入りなのに
出番の多くない旧ソ連製レンズ MIR-24H 35mm/f2.0で。



ヒップは最高だけど、この顔もいい!



6月の信貴スカでご一緒してたもののお話しできていなかった stelvioさんの愛車ですが、今日はこのPIAZZAをいろいろ見せて
いただいて、解説していただいてと楽しくお話しできました。

しかしPIAZZAのボンネット、スーパーカー開きだったとは......知らなかった。



当時はデザイナーが誰かなんて知らずに、それでも好きだった。



比較的新しい部類の車の中ではそのラインの美しさに「やはりイタ車はデザインが命」と思わせられるクルクルさんの156。
趣味性と実用性とデザインの絶妙なバランスに思えます。

しかしシルバーボディーは写すのが難しい......



ジュリアでご一緒するのは久しぶり? なケロさん。

なんか車内がよりスパルタンになったような......(^^;



相変わらずいい音してました。

最後の1本でジュリアの音が近づいてきて、なんとかズームレンズに交換してかまえてと間に合ったこのカット。

なかなかええんではないでしょうか? と、自画自賛(笑)






roadkingさん曰く「ALFAに魂を売り渡した」ケロさんのこの背中(笑)









そしてサーキット以外ではドラシャをいたわると決めた僕も......カバ吉、ごめん......(^^;






今年一年、いろんなことがありましたが、愛車と仲間とほんとに楽しく過ごすことができて幸せな年でした。そんななか、
短い間でもチンク同士でものすごく濃い〜ぃ時間を共有させていただいたroadkingさんのリスタート。車種は変わっても
こうして一緒に楽しめるのはうれしいことです。


あちこちでご一緒させていただいた皆さん、本当にお世話になりました。楽しい時間を共有させていただけて幸せでした。
どうぞよいお年をお迎えください。そして、来年もまたいろんなシーンでご一緒できるのを楽しみにしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

月ヶ瀬ツーリング 「がんばれ、スーパーカバ吉」

2011/10/10

3連休初日の土曜日、仕事を終えて激安夜行バス(笑)にて東京へ。着いたその足で趣味の競技会に参戦し、また試合後の
その足で夜行バスに飛び乗り大阪へ戻りました。車中2連泊でしかも大阪−東京片道3920円の4列シートバス(T.T)
我ながら遊びに関してはなかなかタフだなぁと......(^^;アソビダケ

そんな今日は、おかんの頭の頭さんが奈良方面に遊びに来られるということで、heyさんのブログで月ヶ瀬ツーリングの呼びかけが
あったその日。3日ぶりの布団が恋しくもあるけど、帰宅したらまだ7時過ぎなので集合時間の10時までにちょっと休んで風呂
入って身支度してと時間も問題なし。これは行くっきゃないでしょう!

そんな感じでFacebookでHeyさんにチャットで行きます宣言したら、とたんに眠気も覚めて俄然気分がノリノリになってきました(笑)

いつもの信貴生駒スカイラインと違って今日はトイレの心配も無いので、家内も乗せて集合場所のコンビニを目指します。
奈良公園近くなんだけど、西名阪自動車道の入り口が比較的近いおかげで40分くらいで到着。そしてぞくぞくと車好きが集まって
くること。想像していたよりはるかにすごい台数になって、コンビニの駐車場を占領......(^^;
ここでは8月17日の柳生・月ヶ瀬ツーリングでお会いした水色FIAT500のhirapさんのバルケッタに見入ってて写真撮るのも
忘れてました......(^^;サイキンソウイウノオオイナ


走り出すと、前には仲間の車列が列なって超楽しい風景。今日は助手席の家内がなんとか車列を写真にとらえようとがんばって
ました。しかしセンサーの小さいコンデジでは遠近感が誇張されすぎて、前のほうの車が米粒みたいにちっちゃく写ってしまい
ますねぇ。1眼レフを使えばマシなんだろうけど、そっちは電池を入れ忘れて......(^^;ソウイウノモサイキンオオイ

しかし今日もなかなかハイペースなツーリング......(^^;チンクハカバダケ
足腰がしっかりして心臓もジェットが決まって最近すこぶる元気なスーパーカバ吉が目一杯がんばったおかげで、登りのたんびに
離されながらもなんとかはぐれずについていけました。アルファとかだと気持ちよく流すペースでも、チンクならけっこうなスポーツ走行
として全開で楽しめます。これはこれで結構な利点?かもかも??

車列が途中でちぎれたりでも要所で待っていただいてたりで助かりました。
どうもありがとうございました!


前回に続いて今回もしんがりを買って出てくれたhirapさんのバルケッタ。FIATの車はほんと個性的ですね。この黄色のバルケッタ、
別な固体ですが朝の通勤である場所でよくすれ違うんです。そのたびに見入ってしまうのですが、今日は初めて近くで見れて。
シートに座らせていただいたら、フロントガラスが小さく前方に取り付けられてる感じで空の開放感がすごく広かった。その分
前方視界が若干慣れが必要な感じにも見えましたが、そこよりも開放感を優先しているところが最高に気に入ってしまいました。
やっぱりこういう五感に気持ちよく訴える部分を大事にしている車が好きだなぁ。


映像の魔術師、あにいさんのロードスター。気持ち良さそう♪
フルオープンの車って、今からしばらくの間が暑くも寒くもなくて最高に気持ちいいシーズンですね。うしろから見てると
やっぱりフルオープンな車にも憧れます。帰宅後のroadkingさんとの電話でも「スパイダーSr2が似合うんじゃない?」とか
言われて、いつか2台目を維持できるような日が来るならそれもいいなぁとか妄想してます(笑)

そうそう、ロードスターのリアとウインドウに貼ってあるコニーのステッカー、これうちの子にも貼らなきゃ。なかなか
おしゃれで可愛いステッカーですね。



そんな、あにいさんのロードスターはいつも撮影する側ですが、今回はうちのビデオに少し写りました。
なかなか自ら走る姿が見れないでしょうから、なんの小技もない動画ですが貼っておきます。
後半はかわいいバルケッタの独演会です(笑)

ちょっと今回はカメラのマウントがいまいちで、映像がよく揺れるのが残念。
露出もマイナス補正しとけばよかったなぁ......


フォトストップでの車列。 12台ですか、すごい眺め♪

遠近感のマジックでカバ吉が見劣りしない大きさに写ってますねぇ(笑)


そんな休憩時間にせっせとなにかを拾う家内。


ちっちゃい栗でした。もう秋だなぁ。


お頭さんはご開帳してセッティング変更? しかしレーシーでかっこいいなぁ。


さらにワインディングを楽しんだ後は足湯でのんびりと。このコース、うまくできてますねぇ。


そして地場野菜の直販もやってて、家内もご機嫌です(笑)


801sさんのジュリアスプリントGTVと、F105Lさんのランチャテーマ8.32。


落ち着いた中にもきらりと光る個性のデザイン、そしてゴージャスでラグジュアリーなのに
コクピットはなぜかスポーティー。そしてボンネットを開けると......


フェラーリ308クワトロバルボーレと同じ心臓がそこに......(^^;

外観・内装のエレガントさとのギャップに驚きです。


お馴染み904nさんのガオガオ号と、 grungeさんのスパイダーSr2。

まさに美女と野獣(笑)


僕は間に数台はさんで走っていても音と匂いで存在の分かる”野獣のガオガオ号”が大好きなんですが、このスパイダーの
エレガントさもまたどんどん好きになっていってます。


このライトの丸みがそのままサイドに流れてリアに続く流麗なラインにはぞくぞくします。


そして単にスポーティーなだけでない、宝石箱を開いたようなコクピット。


heyさんの1300ジュニア、TさんのアルピナB6、s800さんの1750GTV。


t−gtv6さんのアルフィエッタGTV6、お頭の2000GTV。


あにいさんのロードスター、hirapさんのバルケッタ、そしてうちのカバ吉号です。

いやぁ〜、よりどりみどりですねぇ(笑)


そしてheyさんのあのムービーのとおりの動きが展開されました(笑)

カバ吉が「早くアルファになりたい〜」って言ってるみたいと家内が言ってます(笑) ならんでもええよ......(^^;ムリヤシ


そうこうしてるうちにもうお昼をまわってて、山を下ってハーブクラブへランチに向かいます。

う〜ん、いい眺め!


連休の最終日で天気もいいのでハーブクラブもかつて無いほどの満員状態でした。駐車場に入れないので路肩に路駐です。


他のお客さんから注目を浴びる一団。なんの集まりかと聞かれました(笑)


カバ吉なら奥に停めれるスペースあるよってことで、ガオガオ号と並んで。

小さいことは、いいことだ(笑)

そしてお待ちの間も、ランチの間も楽しいトークが続きます。みなさんほんと楽しい1日をありがとうございました。
また一緒に走ってダベって遊んでくださいね!



そんな今日の楽しいツーリングも、またまたあにいさんが素晴らしい動画にまとめられました。楽しい1日を過ごして、
ブログに描いて思い出して、そしてあにいさんの動画で繰り返し楽しんで......もう最高です!



さてハーブクラブでの解散後は、途中見かけたとある空き地のような駐車場へ。なんとここに兄弟がいました。


この子はカバ吉を買ったショップで僕が最初に見積もりもらった子なんです。この色は購入を考え始めた当時の一番の理想色
限りなく近くて、ショップでは見積もりもらって「ハンドルは白がいい、ホイールはR用がついてるけどF用がいい」などと言ってたら、
次に行ったときにはそのとおりになってて......でも買ったのはいつも屋根の無い外に展示されてたかわいそうなカバ吉だったり
して......(^^;ゴメンナサイ


そんな縁の深い子なので、やっぱり縁があったのかどこにお嫁に行ったのかもあとで偶然分かったりしたのですが、
今回やっとこの子自身にも会えたので家内も僕も感無量でした。


二人で散々眺め回して、写真も撮りまくってと怪しい人全開でした......(^^;

いつかいっしょに走ろうねぇ〜

そんな楽しい1日でしたがまだ終わりません。この後、さらに寄り道して帰りました。

続きは次回(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

カバ吉、足のテスト 信貴山にて

2011/09/25



ラヴォイタ以降、信貴生駒スカイラインを走りたくて仕方なかった。

ノーマルバネのままながらもコニーのショックが入り、リフレッシュしたカバ吉の足回り。
ラヴォイタでのサーキット走行では、以前とはまったく違うそのしっかり踏ん張る足のおかげで
安心して思い切り走ることが出来た。せっかくコニーを入れたのだからと硬めに調整して
いただけたおかげかショック吸収の動きが早く、ロールがかなり去勢された感じでスポーツ走行
がものすごく楽により速く安心して走れる状態になった。

もううれしくてうれしくて、早くその足を信貴生駒スカイラインで試してみたかった。

ラヴォイタで走った名阪スポーツランドは初めてだったので、以前の足との比較も出来なかった
わけだけど、今日、信貴生駒スカイラインを走ってみて、以前の足で走ったときとは比べ物に
ならないくらいの走りやすさ。気が付いたら以前では考えられないスピードで走ってるのに
安心感があって、もう怖いくらい......(^^;イミフメイ

足回りの整備効果だけでなく、サーキット走行でカバ吉の限界を肌で感じた効果もあるの
かもしれない。

そんな自分の走りをチェックしようと動画を撮ったものの、なんとSDカード入れ忘れ......(^^;コレデハウツラン
途中で気づいたので↑の帰りにみんなで走った動画は無事だったのが救い(笑)
なんの細工も無い動画ですが.....途中で前がつかえたのでたくさんの車が写るようにと最後尾に回ってみたけど、
考えてみたらカメラ後ろに向けて撮ればよかったなぁ。


いつもほぼ無編集でだだっと写しただけの僕の動画に比べて、このあにいさんの動画の素晴らしいこと。
美しいだけでなく、お洒落に仕上がっただけでなく、センスが素晴らしい。はめ込む動画のタイミングと中身、
もうほんとうに大ファンです。


そうしてチンク4台、アルファ、ロードスター、VWシロッコの7台で山を下って向かったのは
アルファロメオのスペシャルショップ、AUTOPARCOさんです。

実は、オイル交換に行くheyさんにみんなで付いて行っちゃったのでした(笑)


そこでオイル交換中に販売中の車両を見せてもらうことに。暑いのに車内からなかなか出てこない
人がいますが(笑)


roadkingさんでした......(^^;ヤッパリ


よどにお気に入りようで......


それも無理ありません。このカッコよさ!
店主の方から熱心に車両の状態を説明してもらってます。


そして、近所をぐるりと試乗......それはマズイんじゃ?


もう、買っちゃいますか?

しかし、このカラーリングはすごくroadkingさんに似合ってますね。


その後ガレージで冷たいコーヒーをいただきながらのアルファレクチャー。
いや、楽しかったですねぇ。

AUTOPARCOさん、突然大勢で押しかけてすみませんでした。
でも、とっても楽しかったです! ありがとうございました。


そんなかんじですっかり長居しちゃいまして、信貴山の方に戻ってカキ氷の予定が、もうお昼を大きく
まわってます。そこで、大阪市内にランチに向かいます。

休日の中心街を爆音をばらまくガオガオ号の後ろを小さなチンクが続きます(笑)


後ろはケロさんのNewCarのVWシロッコ。
子供の頃に母の友人が乗っていて、乗せてもらった記憶のあるあのシロッコとはずいぶんイメージが変わって
かなりスポーティーな車でした。

写真ちゃんと撮っておけばよかったなぁ。そういえば、めずらしく信貴山では1枚も写真を撮ってなかったような。


職場の近所を車仲間と走る。なんか違和感(笑)


着いたお店は肥後橋のサンタルチア


お昼のパスタランチはなかなかリーズナブルですね。


お洒落な2Fの窓には......(^^;タケサン、オチャメ!


薪を使った釜で焼かれたピザがおいしいそうです。


パスタランチの前菜。なかなかいろんな味が楽しめます。


前菜がそこそこのボリュームがある分、パスタは少なめ。
でもけっこうお腹膨れました。


そして、お楽しみのピザ。


残り3枚分しかないとのことで......


みんなで3種類頼んで、どれも7等分(って難しくない?)にカットしてもらいました。

どれもめちゃウマー!

今日も充実した1日でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

クワトロポルテのお別れ会

2011/08/27

久しぶりの早朝の信貴スカ。

まだ暗いうちに出発して久しぶりに浴びた早朝の空気は涼しくて気持ちよくて、ちょっと肌寒いくらい。


そして例によって霧の出た幻想的な森を駆け抜けて。


今日もたくさんの車好きが集まりました。


そんな今日のテーマは、近々手放されるケロさんのマセラティ・クワトロポルテのお別れ撮影会です。

麓から阪奈を登ろうとする手前で後ろにケロさんのクワトロポルテ。登り始めるといなくなったと思ったら、アニイさん、roadkingさん
と合流されて、集合場所までの間で走る姿を撮影されてたとのこと。映像の魔術師アニイさんがどんな風に編集されるのか、今から楽しみです♪

今回も素晴らしいあにいさんの動画

そのメイキング映像のようでもあるheyさんの動画

どちらも最高の出来ですので、ぜひご覧ください!

ピニンファリーナのデザインにフェラーリF430と同じ4.2L/400馬力のV8・DOHC32バルブを搭載したスーパースポーツサルーン。
と、ウィキベディアに書いてありました......(^^;
これをケロさんはものすごいスピードで走らせるとか。いやはや、豪快ですねぇ(笑)


このあいだの柳生・月ヶ瀬ツーリングでその雄叫びをはじめて聞いた904nさんのガオガオ号。ネーミングがぴったりで最高じゃないですか(笑)そんなガオガオ号と隣同士になったので、記念にカバ吉号とのツーショットを。

今日はこのガオガオ号に乗せて走っていただきました。外で聞いてるとものすごい音でガオガオといってるのがなんとも
心地よかったのですが、実際に車内で聞く音はさらにすごかったです。音だけでもすでにこんなに興奮させられるなんて、
アルファという車はなんとノセ上手なんでしょう(笑)

そして復路はハンドルを握らせていただきました。チンク以外の車を運転する機会は社用車くらいなものなのでかなり緊張しましたが、
やっぱりものすごい興奮体験でした。車体の大きさや操作系の違い、右ハンドルというのに戸惑いつつそろりそろりと走ってみました
が、たまに回転上げれたときのあの音はもう最高に官能的でした。これに慣れてもっとガオガオと雄叫びを上げさせながら走れたら
最高なんだろうなと。車の感じを味わう余裕があんまりなかったのは残念でした......(^^;キンチョー

roadkingさんの理想のチンクとジュリアの2台体制、これはアリですね。

904nさん、どうもありがとうございました!


バンパーなしでレーシーかつスパルタンな印象のガオガオ号に対して、その対極にいるかのように
エレガントで落ち着いた佇まいを見せるheyさんのジュリア。ほんとどちらも魅力的です。

緑をバックにするとものすごく映える色とデザインが素敵ですね。


白鼠さんのレーシーなチンク。こちらもなんと運転させていただきました。

ローダウンで足を固めたチンクでワインディングを走るのは初めての経験でしたが、なんと普通にスーっ
とコーナーをクリアするんでしょう。ある程度綺麗な路面では十分な乗り心地を確保しながらも、
コーナーではロールが抑制されて、そして小径ホイールの効果なのかなんともクイックなハンドリング。
リアシートをはじめ余計なものが外されて軽量なせいもあるかも知れませんが、ハンドリングが
軽快で気持ちいい。

これは、ヤバイです......(^^;コンナノデアソンダラタノシスギルデショウ!

でもノーマル足のうちの子だと、どのくらいから自分にとって危ない領域なのかとかの情報がロールや
その他の挙動から伝わりやすいし、滑っても一気に行く感じがないしその時の速度もたいしたことない
のですが、このクイックさとしっかりした足でがんばっちゃった日にはもうヤバイですね。
まだまだいけそうでいきたくなる、そんなところが逆に怖かった。

ほんとこちらも濃い〜ぃ体験をさせていただきました。白鼠さん、どうもありがとうございました!



さらにはその後、カメロンパンさんの操るコルサ号のナビシートに乗せていただいて1本。白鼠号
よりもさらにというか、かなりガチガチの足で、そしてものすごいパワー。もう出足の登りの加速と
音に仰天でした。これはもううちの子と比べてここがこうとか比べることも出来ません......(^^;マジスゴイッス

登りのコーナーを加速しながら駆け抜ける感覚は、もうこれチンクじゃないでしょう?って感じでした。

そしてこのコルサ号、コーナーを信じられないスピードと角度でギュンっっと曲がります。そんなのアリ?
って感じで(笑) このスピード域でズルっといったらものすごく怖いことになるだろうなと......(^^; 

roadkingさんの理想のFIAT500、コルサ号。

こんなの乗りこなすのは僕には絶対無理でしょうね〜


さて、うちのかば吉号。今日も助手席からの眺めを楽しめました!

まずはケロさんにハンドルを握っていただいて。楽しんでもらえたようで満足です!


そして次には904nさん。
白鼠号に乗った後にノーマル足のうちの子で乗り味比較です。

ノンシンクロでシフトダウンに難がありますが、これがダブルクラッチですっと決まったらもうそれだけで気持ちいいんですよ!
また乗ってみてくださいね!


チンクの楽しさを広めようと布教活動にいそしむroadking教祖(笑)の呼びかけで、そのうちチンク試乗ミーティングがあるかも?
この面白さを共感してもらえる仲間が増えるといいですね♪


roadkingさんの ”奥様の” Newチンク。

カーズの目玉サンシェードが似合ってますね! 
roadkingさん、かわいくてぜんぜんアリじゃないですか♪


早朝からの楽しい時間も終わって帰路に。
自分で3本、うちの子のナビシートで2本、ガオガオ号と白鼠号でそれぞれ1本、コルサ号のナビシートで1本。

今日もよく走りました!

帰りは2台のレーシーなチンクの後姿を眺めながら♪


帰りの川沿いは気持ちいい道なんだけど、すでにお昼をまわって暑いこと......(^^;


集まられたみなさん、楽しい1日をありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

柳生・月ヶ瀬ツーリング

2011/08/17

昨日今日と後ろにずれた盆休み。
早朝から奈良のとあるコンビニで集合して、柳生・月ヶ瀬ツーリングに行ってきました。


ひたすら気持ちのいい景色の中を、チンクにとってはなかなかのハイスピードツーリング。

コンデジを忘れてったので道中写真はありませんが、ほんと気持ちよかった〜


今回初めてお会いしたhirapさんと愛車の水色号(愛称はあるのかな?)。


チンクに乗るようになって、ほんと関西中のたくさんの500乗りさんたちにお会いすることが出来ましたが、まだまだお会いしたことの
ない方、見たことのないチンクがたくさんあるはず。そんなチンクたちとの新たな出会いがいつも楽しみです。

hirapさんのご好意でこの水色号のハンドルを握らせていただきましたが、これは正真正銘の500ccということです。
500cc初体験の私でしたが、勾配のないところではゆっくりながらもスムーズに加速し、想像以上によく走ります。
そしてなんとも静かなこと。アイドリングではエンジンかかってるのか分からないというか、吹かしてないとエンスト
させたかのように錯覚してしまいます......(^^;

それから、ブレーキ、すごく手前から効きました。ほんとすごくよく効く。そう感じると言うことは、うちの子のブレーキ、
やっぱりかなり甘くなってるようです。

登りはさすがにつらいようですが、街乗りなんかで500ccのポテンシャルを目いっぱい使って走ったら楽しいだろうなぁと、ちょっと
妄想しながら走りました......(^^;

650ccにボアアップされた状態のカバ吉を買った私としては、今となっては貴重なオリジナル状態の車体に乗れたのはうれしい体験
でした。

hirapさん、ありがとうございました!


そんな水色号、目を引くのがオーダーカラーのシートカバー。どうりでみたことのない色なはずです。


そんな今回の参加車両の中では一番非力な水色号ですが、ツーリング中は道を知っているということで最後尾を走られましたが、
けっこうな快走ペースにもかかわらず登りではすぐにバックミラーから消えても下りですぐに追いついてるのかまたバックミラーに復活してるというなかなか元気ぶりでした。


F105LさんのFIAT850。

エレガントですねぇ。


FIAT850はボディーデザインにいろんなバリエーションがあるようで、見るたびに違ったラインを楽しめます。


こんな低いドアに肘かけて、フロントガラス以外に視界と風をさえぎるものがない車にあこがれます。


オリジナル500ccを体験した後は、今度は大阪髭親父さんの500Dでも走らせていただきました。こちらは600ccノーマルの
エンジンが載せてあるとのことですが、やはりノーマルマフラーの排気音の静かさに驚いてしまいます。

走り出すと、おっ、これはカバ吉号にかなり近いフィーリング。高回転こそハイカムの入ったうちの子より若干重めに感じたものの、
低速から中速が軽く回って十分なトルクで、そしてなんともレスポンスがすごくいい感じ。うちの子のレスポンスが悪いとはぜんぜん
思わないんだけど、アクセルの踏み具合をほんのちょっと動かした時に、もうまったくタイムラグなしでエンジンが反応している
ような感触を感じました。これはなんなんでしょう?


そして、シフトやステアリング、足、その他、人間との間のインタフェースすべてがものすごく気持ちいい。もう乗っていてすべての
操作感が気持ちいい車体でした。ハンドルがうちのと同じくノーマルというのも違和感ない一因かもですが。

やっぱり他のチンクと自分のとを乗り比べると、自分の車のいいとこ、悪いとこがよくわかりますね。うちの子はやっぱり
ブレーキがだいぶ甘くなってるようです。そしてショックもほんのちょっとフワフワしている感じ。9月にはブレーキ整備とショック
の交換を予定しているので、もう今から楽しみです。

大阪髭親父さん、ありがとうございました!


こんどは大阪髭親父さんにカバ吉号を運転していただきました。自分の車の助手席から見る景色、なんとも新鮮で楽しい!
外から見るのももちろんですが、たまにはこうやって違った視点から愛車を堪能してみるのもいいもんですね。


そんな道中、突然路肩に停止して車を降りた大阪髭親父さんが拾ってきたのは......(^^;ミオボエアルカタチ


roadkingさんのチョンマゲ540の落し物です(笑)


ここについてたはずの......


今日は朝からの懸念材料として、roadkingさんのチョンマゲ540のマフラーステーが折れてて太鼓とパイプの接合部に亀裂が
入ってるというのがありました。その亀裂は帰り際にはかなり大きくなってて、後ろから見てるとエンジン=オイルパンとは
まったく別なゆれ方をしていました......(^^;

なんとかマフラー落とさずに帰宅できたようで良かった良かった。
うまく直してもらえるといいのですが......


904nさんのジュニア。


このニョロニョロマークがアルファらしくて......


なんとも芸術品のようなこのデザイン。


なんとも個性的なコックピット。


このスタイリング。

そんなにアルファに関心のなかった私も、ケロさんのアルファに乗せていただいてあのサウンドを背中に感じてから、そしてこの
スタイリングを見るたびに、なんだか頭に中にこの絵がこびりついて......(^^;ロードキングサンノセンノウモアリ?

魅惑的すぎます。


マフラーの角度、いいっ!


でも、なんと言っても走ってる姿と爆音が最高!

乗ってるお二人、めっちゃ顔笑ってますやん......ほんとに楽しそう!


笑いっぱなしで走るroadkingさん......(^^;


そして、まるでオーナーのようなポーズのroadkingさん(笑)

いや、気持ちはよ〜く分かりますよ!


そんな904nさんのジュニアをかこんで子供に戻るおじさんたち(笑)


ツーリングの後のダベリ会、試乗会を切り上げて、場所を移動。


なんとも気持ちのいい景色の中を。


やってきたのは


久しぶりのここです。


なんか絵になる


こちらも


昼前まで楽しくダベリ会した後は解散です。
みなさん、楽しい1日をありがとうございました!

さて、まだ時間も早いしまっすぐ帰るのはもったいない。
まだまだ走り足りません(笑)


ということで大宇陀のほうにでもと思いましたが、飛鳥の棚田とランチをもう一度ということで向かいました。


飛鳥の農道。

なんて気持ちいい!

そんな飛鳥ですが、あてにしていたお店はどこもかしこも定休日......(^^;クイッパグレタ-


おいしいランチを求めて走り続けているうちに、竹内街道まで来てしまいました。そして峠を過ぎたあたりにこのお店を発見。
もう3時前でお腹ペコペコだし、迷わず飛び込みました(笑)


ログハウス風の建物で、山歩きの基地になってる風の店内。


¥750(¥100プラスでコーヒーまで付いて)の日替わりランチを頼んで出てきてびっくり!

何だ、このCPの高さは? いろんな味をちょっとづつ楽しめて、そしてどれもおいしいー!

これは大あたりで大満足です。いやー、すきっ腹に染み入るなぁ〜


お腹いっぱいになって、ゆっくり体冷やしてくつろいで、またまた自宅をスルーしていつものリカリカで生ジェラート。

今日は私はレモンと桃のダブル、家内は桃のシングルにサービスのオレンジ付き。このオレンジがこれまた最高!
もちろん桃もなんとも風味が良くて、もうこの店、病み付きです。


いやぁ、ほんとに朝から夕方までたっぷり充電できた1日でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
« PREV | HOME | NEXT »