オイル交換と洗車と湯たんぽ

2009/12/15


気がつけば、前回のオイル交換からの走行が2000kmを超えていた。今日を逃がせば10日先まで休みが無いので、朝からがんばる。

そこで気がついたのが、前回からかなり車高が下がったという事実。前回のオイル交換までは、この廃油処理箱が先の方をちょっと曲げるだけでオイルパン下に入ったのに、今回はかなり箱をつぶさないと入らない。サスが一気にヘタッテきてる証拠かな.........(^^;



今回も激安オイルのシェブロンを入れた。前回はじめてコースクラシックから変更して、オイル交換したての滑らか感がないと思ってたんだけど、今日も同じ感想。

なんかなぁ......

エンジンに良くなさそうな気がするので、次回からは種類変えようかな。



洗車もしたし、新しい携帯を買ったので試し撮り。日陰だとちょっとカラーバランスがいまいちで青みが強くなるかな。いつものデジカメは赤みが強いけど、まあ補正すればいいしこんなもんかな。



プラグコードがノーマルに戻ったエンジン。早くウルトラコードが修理から帰ってこないかな。



ドーナツが食べたいという家内のリクエストで、ちょっと走って郊外のショッピングセンターへ。(うちも十分郊外なんだけど......)



ミスドはもっと近くにないわけじゃないけど、ここだと車がゆっくり停めれるからよく来ます。



透明バッグに閉じ込められた大きなピクルスを発見。
見てると情が移ってしまいます.....



で、結局お持ち帰りしてしまいました。



この子はなんと、湯たんぽぬいぐるみでした。



お湯を入れたらあったかぁー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

久々の有馬温泉

2009/12/10


昨日プラグコードがノーマルに戻ってウルトラシリコーンパワープラグコードとの違いを実感したところだけど、それでちょっと山道を走ったらどんなかなと、温泉行きついでに有馬の山道を走ってみた。



途中でちょっと前にroadkingさんにつれてってもらったインド料理の店「シムラン」で昼食。前回よりちょっとナンの焼きが浅かったものの、やっぱり安くておいしくてボリュームあるなぁ。



今日は私が¥700の日替わり、家内は豆カレーも食べたいとちょっと上等なDセット¥1200に挑戦。私は大好きなチキンを横取りして満足。さらに家内が食べきれないナンまで食べて、もうお腹がはちきれそう。

辛さは前回の中辛から大辛に挑戦。まだ食べれるレベルだけど、後半は汗かきました。本日の日替わりカレーはポークカレーで、けっこうコショーが効いていました。



箕面のお店から宝塚を抜けると、有馬街道の山道。
登りに入ると以前に増して苦しいチンク。これくらいなら4速のまま行けそうって感じの坂でもシフトダウン必須となってしまう。山道に入る前の平地走行でもやっぱり弱弱しさを感じてたけど、山道に入るとさらに顕著な違いを感じました。とにかくシフトアップのタイミングを以前より引っ張って遅らせないとキツイ。



あまり絶景って道ではぜんぜんないんだけど、それなりに気持ちのいいワインディングが続きます。



今日の天気は曇りだけど、ところどころ雨が降りました。ワイパーのキューキューいう音がひどくなってきたなぁ。ゴム替えないといかんかな?



到着しました、有馬温泉のみやげ物屋街。



雰囲気のある坂をほんの少し登れば......



金泉という茶褐色のお湯で有名な、有馬の金の湯に到着。



入口の飲泉。すこし味見したけど、超マズイ.......(^^;



温泉の後は、マッサージチェアーとこの足マッサージ機がなによりの楽しみ。そしてもちろん珈琲牛乳もね!



有馬のマンホールはもみじでした。



帰り道ではのどかな風景が。
物色する家内(笑)


今日一日走ってみて、やっぱりプラグコードの違いは大きいと実感。昨日修理に出したウルトラシリコーンパワープラグコード、早く帰ってこないかなぁ........
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

永井電子のウルトラシリコーンパワープラグコードの検証

2009/12/09


タイトルに検証とあるけどそんなたいそうな話でなく、要するにウルトラシリコーンパワープラグコードが破損したのでノーマルに戻してみたということでした.......(^^;

事件は今日の会社帰り(と言っても夜勤明けで昼間でした)、なんか急にエンジンがガクガクして加速しなくなり、あわててギアをニュートラルに入れて軽くアクセルをあおってみるも、ぜんぜんフケずに、でもしかし回転計の針は8000回転あたりで振りまくってて........ギアを入れて走るも3速で40km以上加速できない......

これは、1気筒死んでるっぽい.......プラグコード抜けたかな?

路肩に寄せて確認すると、コードがプラグから簡単に外れる。やっぱりなと、コードを取り付けるもうまくつかない。なんでかとコード側をよく見てみると、金属のプラグをつかむ部分が無くなってる。そしてプラグを見ると、その金属部分がプラグについたままに.....

折れたみたい.......(^^;

まだ買って半年だよ、永井電子さん(笑)

たまたまハズレを引いたのか、チンクのエンジンの振動がすごいということなのか? 多分後者なんだろうな.........
このあたりはオートマイスターさんでも耐久性を増した特別仕様のコードを扱われているそうな。ちょうどそのあたりのお話を先日お聞きしたところだった。

しかしそんなこと言っててもしょうがないので、以前ついてたノーマルのコードに交換して走る。ノーマルに戻した直後はなんかアイドリングがかなり不安定だし、息つきするしでこれはおかしいなと。コード先端を少しカシメ直して、内側を軽くサンドペーパーかけてしっかり差し込んだら良くなった。

そのまま先日の修理の明細をもらいにオートマイスターへ。カメロンパンさんはちょうど年季の入った黄色いチンクのオイル交換中でした。そのチンクのオーナーさんもいらして、いろいろ楽しいチンク談義ができました。今日は仕事用携帯しかもってなくて、それで写真撮ったんだけど仕事用携帯はmicroSDでなくてminiSD。アダプターが家に無くて画像が取り込めないよぉ......また今度貼ります。


さて、話をプラグコードに戻してと。まだ新しいし、もったいないので修理できないかなと思い、部品購入できないか永井電子さんにTEL。すると、なんと¥2000で修理対応しているとか。ヤフオクで¥5,660で買ったコードなので微妙だけど、とりあえず送って修理してもらって使ってまた壊れるのか、今回はたまたま壊れただけなのか試してみることに。本当はオートマイスター特別仕様のものを購入したいとこなんだけど、1本破損しただけで捨てるのもなんか忍びないし、なにより悔しいし、まだ半年だし.......(^^;シツコイ なによりも先日修理にお金使ったとこなんで懐がちょっと厳しいし。


さて、本題に。
そんなこんなで永井電子のウルトラシリコーンパワープラグコードを約半年使用してみたところでノーマルコードに戻すことに。
エンジンかけると、さっきまで安定していたアイドリング時の回転計の針がフラフラ・ピンピンと跳ねはじめた。いきなり違うなぁ。
そして走り出すと、音と振動がなんかおとなしくなった。これは弱弱しいとも言える。そして加速も弱弱しい。回転がある程度上がるまでがなんかか細い走り。これが低速トルクがないということかって感じ? 以前より回さないとパワー感がないよぉ。シフトダウン時の空ぶかしでも、いつもの感覚でアクセル踏んだだけじゃあいつものところまでフケない。レスポンスが悪い感じ。なんか感覚が狂って乗りにくいし、すごく気持ち悪い。人間、良くなるときはすぐ慣れちゃうけど、悪くなると我慢できないものですね(笑)
ウルトラシリコーンパワープラグコードを使い始めたときはあっという間にそれに慣れちゃって、その効果を実感できた期間も短かったけど、外してみてようやくその恩恵がけっこうあったんだと実感しました。

これでしばらくはノーマルコードで乗ることになるけど、またすぐその状態にも慣れちゃうことでしょう。そしてウルトラシリコーンパワープラグコードが修理から帰ってきたときに、また良くなる感が実感できるのかな? それはそれでまた楽しみではあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ブレーキ、いい感じ!

2009/12/08
3日前の土曜の夜に退院して今日で3日、おそらく120kmくらい走ったかな?
ブレーキの感じが少しづつ良くなってるのを感じます。少しづつなので、どのあたりからだったのかは分かりませんが、気が付けばすごくいい感じ。

どういいかって、以前ほどギューっと踏まなくてもかなり効くような感じ。もっとも以前の状態でも「旧車のドラムブレーキって強く踏みさえすれば十分効くやん!」と思ってたのですが、毎日チンクで通勤して毎日社用車(カローラフィルダー)乗って、ブレーキは習慣で別物として扱ってたと思います。

でも今日思ったのは、今の状態ならけっこう近い感覚で使えるなということです。この先どこまでよくなっていくのでしょうか? もう十分な感じです。
あとは、峠の下りとかでどんな感じか......攻めたりはしませんよ。そんな腕ないですから。怖いし(笑)

明日の帰路がまた楽しみな夜勤の夜でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

オートマイスターさんからの作業経過報告その3

2009/12/06


外されたドライブシャフトのジョイント。前に中のゴムが飛び出して、アクスルシャフトサポートとかいうタイヤ側の部品に擦ってたのをカッターで切ってさらに乗ってましたが、ついに......(^^;



ゴムが出ちゃってます.....


今回入れられた新品部品。カメロンパンさんの厳しい検品でOKとなったもの厳選だそうです。なんでも検品で不合格となった部品がかなり溜まってきてるとか......贅沢させていただいてます。



芯の出てるいいものを、さらに旋盤で裏のあたる面をまっすぐな面になるように加工してあるそうです。



その上で、されに防錆塗装されてます。



ここのボルトは強度のないものが使われていたのを、一番強度のあるSCM435キャップボルトとやらを使用していただいてるそうです。丈夫そうだぁ!そしてさらに防錆メッキしてから使用とか。凄すぎるー!



↑の安心パーツたちで組み付けられたドライブシャフトまわり。
シャフトとサスペンション側の歪みが心配されてましたが、現状では大きな狂いは無いそうでちょっと安心。芯の出てるパーツを使ってもらって、今までよりは長持ちが期待できます。 日々の点検で、スリーブのグリスに変化が出れば、また点検したほうが良いそうです。



しかし、現状はエンジンが大きく後ろへずらされた状態での話なので、なんかの機会にはエンジンをもう少し元に戻せる位置でアライメントを合わせれるようにしたほうが良いそうです。

次の機会はどんなときなんだろう?
エンジン・ミッションに問題出たときとかかな?
チンク貯金継続必須ですね(笑)



フロントナックルはグリスアップしていただけました。いつも自分でやるとしっかり隅々まで届いてるか心配だったので、たまにでもプロにやっていただけると安心です。



キャップの裏のボルトが当たるところにはスポンジを貼っていただけました。これでここの接触音が消えるそうです。確か、前に高野山行ったときにここの異音でびっくりして引き返そうかとあせったことがありました。こんなとこまで気遣ってもらえて、幸せです。



ホイールキャップのボルトはワッシャーがついてなかったのですが、ワッシャーとSPワッシャーを入れていただけました。



最近、ファンのあたりからわずかな異音を感じていたのでそのあたりも見ていただくようお願いしていましたが、どうもダイナモっぽいとのことでばらして点検してもらえました。

異音はブラシとダイナモの中のアーマチュアコイルのブラシが当たるところ(コンミュテータ部)の編摩耗によるブラシの踊りの音だそうです。あまりひどくなるとブラシの摩耗が著しくなるので、今後の経過が要チェックです。ブラシはまだ全然大丈夫だとか。



ここがコイルのブラシが当たるところですね。こんななってるんだ。はじめてみました。



残念ながらベアリングが正規より厚みの薄い、玉が1列にしか入っていない安いものが使用されていたそうです。なんかベアリングの手前にスペースが余ってしまってます。手に持ってるものが本来の玉が2列に一周並んでいてダブルになってるもので、値段も8倍くらいするとか。
ここはベルトを掛けるので耐久性が必要なので、玉が1列か2列の違いは圧倒的だそうです。しかし現状ガタもなく異音も全くないのでしばらくはこのままで。ここも今後要注意箇所ですね。



ハブを止めるナットがまたまた普通の鉄のナットで、高強度ナットに交換されました。



プーリーのナットも同様に。



交換された部品たち。ご苦労様でした。



ブレーキのあたりつけのため試運転していただいてます。

乗った感想をお聞きするのが楽しみだったのですが、うちの子は650としては低速の発進時のトルクが薄く、その後のフケはいいとのことでした。
もしかしたらフライホイールが軽量化されてる可能性も考えられるそうです。でも、基本的には元気だとか。

そうなんだぁ。なかなかいろんな車を知ってる方に乗っていただく機会もないので、興味深いです。



試運転先は、これまたお願いしていたタッチペイント用の塗料の調合。わざわざ足を運んで調合をお願いしていただけました。この1年半で、あちこち傷つけてしまってますからねぇ。

この色はなかなか手ごわかったそうで、10数回少しづつもう少し赤だなとかもう少し白かとか青からは想像もつかない色が混ぜられていたそうです。難しいものなんですね。



さあ、完成の図です。

本当にしっかり整備していただけてスッキリしました。もうすでにブレーキの感じも凄くいいのですが、これからさらなる変化が楽しみです。

さあ、明日からもガンガン乗るぞぉ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
« PREV | HOME | NEXT »