カバ吉の入院

2010/11/06


さ〜て、今日はカバ吉の入院です。
走り出して10分もしたらランプが2つ点灯します。



家からオートマイスター病院までは25分の道のり。もう少しで到着という大和川を渡る頃には、2000回転まで回さないと油圧警告ランプが消えません。そして今日は、到着までジェネレーターランプが点灯しっぱなしでした......(^^;ジュウデンシトイテヨカッタ



ひやひやしながらも何とか到着。これでまずは一安心です。

しかし、エンジンの油圧の件でいろいろ考えられる原因についてレクチャーしていただいてると、やはりかなりの重症な気配。もう予算に合わせて優先順位をお任せでお預けするしかなさそうです。マフラーどころではなさそう......(^^;

なによりまずはリアのサス取り付け位置修正&補強がうまくいくか? これが第一関門です。これはどのチンクも多かれ少なかれ持ってる症状で、うちの子がこの処置の第一号として施術されます。後ろへズレたがるサスペンション取り付け位置を、補強材を溶接して前に引っぱって正しい位置に矯正し、その後のズレがないように固定するという方法ですが、オートマイスターさんとしても初の試みとか。はたしてうまくいくか?

これがうまくいって、ドライブシャフト周りを一新した後は、エンジンの油圧の問題がどの程度の手術で回復できるか? それもうまくいって、さらにジェネレーターの問題も解決したらサス廻り。前後ブッシュとショックの交換。予算内でここまでいけたらありがたいのですが。

カバ吉、元気になって帰ってくるんだよ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

マラヴォワとチンクの入院

2010/11/03


若い頃、このマラヴォワというバンドのCDを聞いてものすごい衝撃を受けたのを思い出します。そのアルバムの1曲目がこの曲でした。南の島の暑さを感じつつも、その汗をさわやかに乾かしてくれるような音楽にすぐに夢中になりました。あれ以来、このマラヴォワの新しいCDが出るのを楽しみに、アメリカ村の輸入CD屋を定期巡回したのが思い出されます。



このバンド、収録した時期によって、また曲によってボーカルが変わりますが、その中で特にお気に入りなのがこのラルフ・タマール。
そんなラルフ・タマールのボーカル満載の1986年のパリでのライブCDは、観客の歓声やミストーンの細かなところまで鮮明に憶えるくらい聴き込んだ超お気に入りCDです。そのライブの映像がビデオ化されて発売されているのを知ったのはずっと後のこと。それ以来ずっと見たくていろんなショップを捜し歩きましたが結局見つけることは出来ず、それは私にとって夢のミュージックビデオとなりました。

ところがそんな映像がヤフオクで出品されているのを見つけたのは数年前のこと。しかもレーザーディスクで。なにはともあれ落札したものの、レーザーディスクの再生機なんて持ってないし、このソフト1枚のためだけに買うのもためらわれました。そして何より見れないメディアとは言え、ちゃんとソフトを入手出来たという「いつかは見れる」という安心感からそのままになっていたのが、最近になってレーザーディスクをDVD化してくれるサービスを知って、今日、やっと見ることが出来ました......という長い話でした......(^^;



そのマラヴォワのライブ、最高でした。長年、頭の中で思い描いて想像していたのとはちょっと違った感じでしたが、それでもものすごく満足でした。



そんなマラヴォワですが、バンドの結成は1969年と、うちのカバ吉号の生まれと同じなんです。

今日、映像を見ることが出来て、もしかして? とYouTubeで検索してみたらいくつかの動画があり、そしてまた新作をリリースしていたということを知り、もううれしくって。思わずAmazonで探してポチッとしちゃいました。
そして↑の新作CDのCM動画、だいぶメンバーが変わってるものの、一度は抜けてプロに転向(マラヴォワは元々?今でも?アマチュアバンドなんです)したボーカルのラルフ・タマールが歌ってます。もうかなりおじいさんのようになってはいるけど、その声がいまだに魅力的なのが分かってものすごくうれしくなりました。



今日ポチっとしたCDに収録されているであろう新曲、もう今から楽しみで待ち遠しくて、無意味に動画を貼りまくってしまいました。




さて、ここからが短い本題です......(^^;

土曜日にオートマイスターさんへの入院が決まったカバ吉号。その治療メニューはこんな感じ。

・サスペンション取付位置矯正及び補強
・ドライブシャフト交換およびスプライン交換
・前後サス廻りブッシュ類交換
・前後ショック交換
・右三角窓増し締め
・油圧警告灯点灯関係点検・対策
・ジェネレーター警告灯点灯関係点検・対策

けっこうなボリュームですねぇ......(^^;

下の2項目が当初の予定にプラスして必要となった部分です(T.T)
この部分がなるべく軽症ですんでくれればありがたいのですが。そしたらパタパタ音のする細身2本出しマフラーもいっちゃおうかな? なんて妄想も現実化できるかもなんですが。

どれくらいの期間が必要なのか、想像もつきませんが、もし、新年をカバ吉と迎えられたら幸せだなぁ......
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

3週間ぶりに

2010/11/02


カバ吉を走らせました。

週末からの雨でカバーの中で湿気がこもってそうなので、カバー外して陰干し。風を通すためにちょっと走らせようとエンジンかけるとセルが弱弱しく回ること......(^^;トマリソウ



ちょっと近所を走ったあとは、バッテリーの充電です。
急速充電で1時間ほど回復させてから.......



向かった先は、自宅から一番近いケーキ屋さん。

しかしチンクの運転、わずかな時間でもなんて癒されるんでしょう。入院待ちで乗らないようにしてから今日まで、ほんとに楽しくない毎日でした。なんか大げさだけど人生まで楽しめないような......
せっかくの休みでも、どこにも行く気がしません。

でも、今日はほんと楽しかった。
ひさしぶりに乗ったので、現代車になれちゃった感覚のせいか最初にブレーキ踏んだ瞬間はあれって感じ? 少し走れば、あぁ、こんな感じだったねぇって。とにかくチンクの車内、居心地よくて、家内と二人で「カバの中が一番落ち着くねぇ」って(笑)

そんなカバ吉の調子は、ジェネレーターランプの消えるのが遅いことと、しばらく走ってオイルがすこしでも温まるとオイルランプがつくこと以外は特に問題も感じず。この2点は入院時にお願いする項目に追加しなければなんだけど、本来の入院メニューに加えてなので、入院が長引く予感......(^^;

それでも入院が待ち遠しいのでした。



考えてみたら、ケーキ食べるのもずいぶん久しぶり。

今日は、「ショコラショコラ」だったかな?
久々に満足でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
« PREV | HOME |