またまたジェネレーターですか......

2012/04/17

本日の通勤路。

アイドリングは900回転ちょいだろうか。この状態でジェネレーター警告灯が点灯するのは正常
です。ここからアクセルをほんの少し踏むと、だいたい1000回転ちょいで完全に消灯します。



ところが走行中にもこの状態に......

たまに消えたりもするけど、また点灯してと......(^^;マタカイナ



昼休みにチェック。

まずはダイナモの上部の太い方の端子とアース間の抵抗(ブラシ〜アーマチュアコイル〜
アース間)は0〜数十ΩならOKだそうですが、計ってみると0.4Ωでした。これはOKです。



そして問題のダイナモの上部の細い方の端子とアース間(フィールドコイル〜本体ケース間)
の抵抗はだいたい8Ωくらいだそうですが、計ってみるとアウトオブレンジ......(^^;

やはり断線しているようです。


こないだの修理でも、中古のケース(ケース内側にフィールドコイルがへばりついているので、
フィールドコイル=ケース)を使って直してもらってましたが、やっぱり本来のこの車の用途
以外の激しい使用による振動でか、どうしても古いコイルだと配線がもう劣化しきってて断線
させやすいようです。いっそオルタネータに交換したいけど、資金的にも厳しいし、自分で
メンテできなくなるのも困るし......

難しいけどフィールドコイル単体で入手して交換してみようかな?


とりあえずは今度の休みにジェネレーター外して修理に挑戦してみるとします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ユーロカップ2012 第2戦 エキサイティングラン

2012/04/15

早朝のコンビニに集結した3匹の......なんだろう......(^^;



目的地はここ、セントラルサーキットです。
そう、今日は楽しみにしていたユーロカップ2012第2戦のエキサイティングランを走ってきました。

今回の目標は、昨年はじめてこのセントラルサーキットを走った前回(ユーロカップ2011第5戦 エキサイティングラン)のベスト
LAPの2分19秒513を上回ること......なんていう謙虚な気持は表向きで、何の根拠もなく2分15秒切りを目標に据えてい
ました。そしてそれが達成できたら経済的にも愛車にも厳しいサーキット走行に一区切りつけたいなと。

それは前回のベストLAPから4.5秒以上も一気にタイムを縮めようという、サーキット初心者としては無謀な目標なのかもしれません。
でも、最近のカバ吉の調子や若干の改善などから路面コンディションがよくてまあまあなクリアラップさえ作れれば、感覚的に
いけそうな気がしてました。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そんな根拠の無い自信というかやる気というか愛車への信頼というか、そんなものを胸に秘めて、想定外の朝一の走行枠で
いきなり走ります。もちろん目標達成できなかった場合の2回目走行を念頭においてということです。しかしゲートオープンから
そんなに遅れていない時間に到着したものの、エントリーして荷物を下ろして、スピーカーやウーハー、後部座席なんかも
段取り悪く現場で取り外すという横着ぶりから時間がギリギリで、出走直前に朝から走ることを決めて、慌ててコースに飛び出し
ました......(^^;

当然、前回立てた「1番にコースインしてクリアラップを作る」という作戦は無理(笑)

頭を整理する間も、ましてや前回みたいに入念にイメトレする間もありません。それでも路面コンディションも前回より格段に
いいことだし、とにかくコーナリングスピードだけはなるべく上げようと攻めてみました。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そんなんでは当然綺麗な走りが出来るはずも無くライン取りがめちゃめちゃでした。でも、前回で思ったことの一部は思い出して
ある程度試せたり、完全に忘れたまま終わったり......(^^;

写真はこのコースで僕が一番怖い立体交差をくぐるコーナー。下りながらスピードに乗せて曲がる、なんとも恐ろしいコーナー
です。このコーナーの2つ手前のヘアピン立ち上がりからは、侵入のきっかけ以外になるべくアクセルを戻したくはなかったのに、
やっぱり怖くて戻してしまった。下って加速の勢いに乗りながら抜けていくので、カバ吉のポジキャンのリアが他のコーナーより
もさらにガクンガクンと悲鳴を上げて......ちょっと怖いです。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そんな恐ろしいこのコーナーですが、立ち上がりでは毎回「なんや、もっと全開でいけたやんっ!」って......(^^;

結局1回も満足行くスピードとラインで走れませんでした。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

最終コーナーを回るカバ吉。けっこうロールしてますねぇ。もうズリンズリン・ガクンガクンって感じで、このコーナーはどう
回るのが良いのか分かりません。



走行後の右リアタイヤ。なぜか内側の溝が無い......しかも、溝の無くなった部分のエッジが立ってるし......(^^;アトドレクライツカエル?

ポジキャンのカバ吉では、おそらく普段の日常走りではつかうことの無さそうな部分でしょうか。


で、結果は......


2分15秒切りまであと1.1秒......惜しい!
前回から3.5秒縮まりました。


あれだけラインめちゃめちゃで、ブレーキングポイントも毎回適当で、まだまだもっと踏めるはずなのに踏めてないところだらけ
な状態で。


またまた根拠のない計算ではじき出したカバ吉の予想(妄想)ポテンシャルは、一気に2分10秒台近くまでアップしました。
もちろん僕が乗ったのではそんなタイムはぜんぜん無理だろうけど、目標の2分15秒切りならば僕でもすぐそこに見えてます。

プロのレーサーがカバ吉で走ったら、今の仕様でいったいどれくらいで走れるんだろうと、妄想が膨らみます。走れたからなんだ?
っていったらなんの意味もないんだけど、なるべく車体はノーマルに近い外観・構成のままの”普通のチンク”のままで、どこ
まで走れるものなのか、そんなところにロマンを感じてしまいます。



1回目走行を終えたら昼からの2回目までの長〜いまったりタイム。車のチェックしたり、椅子ならべてダベって写真撮って、
気になる車があったらウロウロしたり(笑)この間がなかなかいいもんです。

走行を終えたカバ吉はオイルパンに雫が多数......
あちこち覗いてみてもどこからか分からずで新たにたれてくることも無く、ちょっとパッキンがゆるい感じでガタガタしてきた
オイルレベルゲージから吹いたのかも? というとりあえずの安易な希望的結論に(笑)



気温も上がってきて気持の良いまったりタイム。そんな和やかな空気の中、向かいには本気のロータス。こんなので走ったらもう
最高だろうなぁ。



ベストラップの出た最後の周回で、なんかリアからいままで経験のないガクンガクンした挙動が出たのが気になったのと、
オイル漏れとで2回目は止めようと思ってたのに、なぜか助手席まで外したカバ吉がいます(笑)

あのリアのへんな挙動はなんかエンジンミッションのあたりがヤバイ感じな印象を一瞬もったけど、後になって考えればあの時は
エンジンが吹き上がって頭打ちのガクンガクンと、コーナーの立ち上がりでリアの足がヘナっとなったガクンガクンが共振したの
かなと。そんなことがあって悪いと思ってたあのラップがベストラップだったというのも不思議だけど、それだけ攻めてたのと
その後は壊しそうで怖くなって丁寧に走ったのが逆によかったのかも?

まあ、そういう理屈は抜きにして、受付で2回目のエントリーをするroadkingさんの背中を見て我慢できずに僕もエントリー
しちゃったのでした......(^^;



突然の、バタバタの出走はばらばらの出陣だったけど、2回目は3台そろってエキサイティングランの直前の決勝レースがはじ
まると同時に入り口に並んで出走を待ち構えました......(^^;ハヤスギルヤン

このタイミングは受付でちゃんと確認したし、悪いことではないんだけど、その決勝レースの1週目で2台がクラッシュし、
飛び散った部品の回収やコース清掃でレースはいったん休止。かなり時間がかかってようやく再スタート。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そしてレースが終わってピットロードに並んでからがまた長かった。事故車2台のレッカー回収。熱いしじれるし、ちょっと
やな感じ。でもその時間を利用して前回の反省点や今回の攻め方を少しイメトレできました。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

さて、ようやくコースインです。ウォーミングアップの1週目最初の1コーナーで、いきなり「しまった......」って。
ついたままだった1回目から今回外した助手席シートですが、あの10kg前後くらい?の違いがこんなに影響あるなんて......

「右コーナーがものすごく不安定!」

ちょっとでもさらに軽くしてあと1.1秒を楽に縮めてという作戦は裏目に出ました。もうコーナリング中の挙動が何倍もシビア
になって、かなり集中力がいる感じです。もう右側の加重が足り無すぎて、自然と身体がハングオンしてしまいます(笑)

しかもセントラルサーキットは主要なコーナーはすべて右コーナーなんです。良く考えてみたら左は楽なコーナーばっかり(笑)
「外すんじゃなかった〜 ていうか、今度は右に重り乗せて走ろう!」とか考えながら走ります......(^^;モウジカイノハナシカ


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そんなウォーミングアップの最終コーナー、なんか白煙吹いてません?


                                                                   [Photo by なゃおえ]

タイム計測の始まった2週目、おっ、F105LさんのFIAT850とのランデブーです♪


                                                                   [Photo by なゃおえ]

おいおい、カバ吉どこへ行く???



あれれ?もう終わりですか?



こういうことでした......(^^;

なんか2週目あたりから車内が臭い。これはもしやカバ吉の匂い?とバックミラーを注視してみたら、やっぱり白煙が上がって
いました。

ジ・エンド......

というよりカバ吉、大丈夫か?

しかしスローダウンして白煙は吹けどエンジンの回り方に変化はまったく感じられないし、エンジン壊した系じゃないような....
と、思いっきり希望的分析をしながらコースの外へ。ピットロードで停止してスタッフに白煙吹いてるから降りてエンジンを
チェックしたい旨を伝え、車外に出てエンジンリームを確認すると......ボタボタとお漏らししてました。

これは即リタイア決定です。



漏れ箇所をチェックしても止まった状態では新たに出てくる気配もなく、いったんオイルで汚れたところを綺麗に拭いて様子を
みると、オイルパンの上は新たに漏れることなく、されどオイルパンに伝ってたれてくる。

これは......

で、オイルパンをよーく見てみると、あるはずのものが無い......(^^;
そしてあってもすべて目で分かるくらい緩みまくってる......(T.T)

この原因を見つけた瞬間、小躍りしたい気分でした。世界が明るくなったような(笑) カバ吉のエンジンは無事だった♪
2回目は1回もタイム計測できず、無駄にお金だけ使ったけども価値はあった。この原因が分かったことと、助手席側の軽量化は
まずいということがわかったことと。これはこれで成果はある(笑)


でも......15秒切りたかった〜


こんなことが言えるのも愛車が無事だったから。それがなによりな今回のサーキット走行でした。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

今回ご一緒させていただいた、F105LさんのFIAT850。止まってる姿もうっとりだけど、やっぱりスポーツカーは走っている姿が
一番美しい!

一緒に走れたときにはすでにカバ吉は白煙吹いてましたね(笑)動くシケインしてしまってごめんなさい。リタイア後はカバ吉が
心配でFIAT850の雄姿は見れませんでしたが、家内ががんばって写真撮ってますので、なにかの手段でお渡ししますね。


                                                                   [Photo by なゃおえ]

そして見事にコースと自分におとしまえをつけることが出来たroadkingさん。リベンジおめでとうございます。これで晴れて気分
スッキリ、本当の意味での再スタートが切れますね!


お二人とも、楽しい1日をご一緒できて幸せでした。また、きっと一緒にはしりましょう!



そしてカバ吉よ、ごくろうさんだったな。お前は今のままでも、もっともっと速く走れる。
今日はそれが分かって嬉しかったよ!もうサーキットは控えようかとも思ったけど、
まだまだぜんぜん納得いってないよな?

よしよし、きっとまたサーキットに戻ってきて今日のリベンジしような!



その後はオイルパンの残ったボルトを締めて、みんなと別れて高速
には乗らずに一般道をなるべくゆっくり、というか普通に走って帰りました。

サーキットからチェックしていたカフェに向かう道中、いつものように「往路と同じ道は
走りたくない」とばかりにナビに逆らって反対向いて走り出すと、途中の景色が素晴ら
しくて素晴らしくて。もうこのあたり、山を背景にあちこち桜が満開で最高でした。
そんな景色の中で偶然見つけたカフェの看板に、吸い寄せられるようにわき道に入ります。
(お腹が空きすぎてたとも言う......)

これが大正解の素晴らしいカフェで、そのあたりの話はまた後日にでも。



そんなカフェでたっぷりまったりすごして、時々オイル漏れのチェックをしつつ、さらに寄り道フォト
ストップの旅を続けました。いやぁ、セントラルからの帰り、一般道ありですよ。宝塚手前までは渋滞
しらずの快走路だし、景色が素晴らしいし、高速乗るのがもったいないようないい道でした。次回には
この途中のカフェをチェックして寄ってみたいな。


そして無事に自走帰宅。充実した1日でした。



本日の走行距離:272km
燃費:17.15km/L (サーキット走行25分とかなりの渋滞含む)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

明日はセントラル・サーキット

2012/04/14

明日はユーロカップ2012第2戦のエキサイティングランにエントリーしてます。久しぶりのセント
ラルサーキット。前回の走行からタイムを少しでも、いやいや、ぐぐっと縮めるべくがんばって走
ってきます。

そんなわけで、昼休みにちょこっとメンテです。暗い地下駐車場でひっそりとポイントとデスビ
キャップやローターの接点を磨きました。



そして試運転♪

先週交換してもらったミッションオイルのヌメっとした感触が感じられるシフトフィールが気持ちいい!
そしてエンジンオイルも交換したて♪
仕事の合間とはいえわずか10分程度の走行でも楽しい楽しい!



楽しくって記念撮影なんかもしちゃったり......(^^;

エンジン温まって、点火時期の確認。そこは仕事帰りに調整して万全です。

さて明日は早いので、風呂入ってとっとと寝るかな♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

周山街道沿いの熱々PIZZAのおいしいCafe SAVA

2012/04/10

先日の高雄から丹波ワインへの道中でのランチ。

チェックしていたカフェにふられて、そのまま周山街道を適当に走ってると帽子をかぶった石窯
を発見! Uターンして入ってみました。



中に入ると自然光が気持ちいい店内。

ここはカモノセログという建築屋さんのモデルハウスCafeだそうです。



スッキリしていて落ち着くインテリアですね。



中は鉄の薪ストーブに火が入ってて、まだポカポカしてました。



そして店の外の石窯に期待が膨らみます。



いただいたのはピザのランチ。熱々で火傷しそう♪

2つ頼んだけど出てきたのは1枚。確認してみると、熱々が食べれるように1枚目を食べ終わる頃に
ちょうど焼きあがった2枚目を出していただけるとか。

なんといううれしい気遣いでしょう!

そして、2枚目もアチチっとおいしくいただくことが出来ました。



そんなお店のマスターは車好きらしくて、カバ吉の写真をとっておられました。帰りには「音を聞かせてもらいます」と
お見送りいただきました♪
気持の良いドライブコースなこの立地、きっと車好きのお客さんがよく立ち寄られることでしょう。

そして帰宅後、家内がネットで調べるとマスターはどうやら911乗り?らしい??
今度行ったら911の話でも聞かせてもらえたら楽しいだろうな。




Cafe SAVA
京都市右京区京北五本松町上八面田6-7
075-852-1169
AM9:00〜PM5:00
定休日:月曜(祭日の場合は営業)
石釜ピザ:土、日、祭日の昼のみ(予約歓迎)
*前日に予約があれば平日もピザが食べられます
ペット同伴 外のウッドデッキにてOK! 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

チンクのお医者さんに行ってみると......

2012/04/09

最近、シフトを入れる際の感触が少し抵抗ある感じ。ミッションオイルのぬるっとした感触も薄く、
特に昨日の長距離走行ではエンジンの熱をもらってミッションもだいぶ熱くなってたのかちょっと
ゴリゴリ感が。考えてみたら昨年の3月以来、約1年と16000kmの走行でミッションオイルも替え
時な感じ。

来週にはセントラルサーキットを走ることだし、行けるうちに交換にとオートマイスターさんを
訪れました。

オイルは前回と同じ銘柄の固めのもので。このオイルはいい感触が長く続いてすごくいいオイル
でした。



中ではムル狼さんのDAPさんが治療中。あのステアリングフィールの硬さや違和感にもいろいろ原因が
あった模様で、仕上がりの変化が今から楽しみですね。

仕上がったらまた乗らせてくださいね>ムル狼さん



そんな感じでミッションオイルの交換をしてもらってダベってると、なにやら元気な音が近づいてきます。
あれっ、何でroadkingさんが?

僕と目を合わせるなり気まずそうにバックしてく......(^^;シゴトハドウシタンデスカ?

なんでもアクセルの戻り賀悪いそうで、仕事をサボって?見てもらいにきたようです......(^^;マッタクアナタトイウヒトハ



と、そこにさらに元気な音が。

なんと、アバルトなチンクが登場です。



どこかで見たこの個体、実は2月のカフェ巡りの時の奈良ですれ違った車でした。

迫力のスタイリングです!



4台並んで記念撮影。なんて豪華な偶然でしょう!



このチンクのエンジンカバー、カレーイエローでしたっけ?
オーナー様がご自分で塗装されたそうですが、なんとも微妙ないい色ですね。



なんでもうちの近所の堺市の鉄砲町で6月にカレー屋さんをOPENされる予定とか。

これは楽しみですね! オープンしたらチンク乗りみんなで押しかけようではありませんか!!



たっぷりダベって楽しい時間を過ごさせていただき、帰宅してエンジンオイルも交換しました。

こんな日常が凄く楽しい。 今日もまた幸せな1日でした♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
« PREV | HOME | NEXT »