タイフェスティバル2013大阪

2013/05/22

土曜日の午後、大阪城公園にトゥクトゥクの隊列。写真をとる人、電話する人、日陰でのんびりくつろぐ人。なんともまったりした時間の流れる空間♪




毎年楽しみにしているタイフェスが今年も大阪にやってきました!


昨年から会場がこの大阪城公園になってアクセスが良くなったせいかものすごい人手で、昨年は楽しみにしていたタイ料理屋台がどこもものすごい行列。おかげでタイ料理の昼食はあきらめて近くのビジネスパークのサブウェイでサンドイッチという寂しい昼食でした。これにこりてタイフェスでのランチはあきらめて軽く昼食をとってからやってきましたが、意外に人手も少なく失敗〜!


それでもチャンビア片手に気を取り直して場内をぐるりと一周。




そうこうしているうちにステージではタイ舞踊がはじまりました。いつもながら綺麗な衣装です。




今回の出し物ではタイの伝統的な衣装の着付けショーが特におもしろかったです。1枚の長い布がスカートになったりズボンになったりかわいい上着になる過程が興味深くて、着終わったら客席からも「かわいい〜」の声が上がっていました。




日タイ友好!


いつまでもいい関係でありますように〜♪




そして一番のお楽しみはタイのアーティストによるコンサート。

今年のタイフェス大阪での1番手はナット・サクダートーン。可愛い系男子ということでおばさんのファンが黄色い声を上げています(笑)安室奈美恵にあこがれて大学で日本語を専攻したと話していましたが、タイ語と日本語を交互におりまぜたコミカルで好感の持てるMCは楽しかった。彼の見た目だけでない可愛い人間性が良かったです。




そしてタイのアーティストといえばファンとの距離感が近いことに驚かされます。歌いながら客席のほうへと出てきてファンとの記念撮影にもにこやかに応対します。時にはファンの肩を抱いたり手を握ったりとサービス満点。しかも歌いながらだから恐れ入ります。その行為のどれもが商業主義の人気取りというよりも人間対人間の関係性、その距離感の近さと感じられます。

そういうことがごく自然に行われて、もう日本では考えられないなと。このナットの直前には日本のアイドルグループ「ベリーズ工房」とやらが前座で歌っていましたが、場内アナウンスではあれ禁止、これ禁止とうざったいこと。挙句の果てには「写真撮影禁止で見つけたらコンサート中止」とかのおどしが流れる始末......(^^;エライチガイヤナァ
そこまでしないといけないくらいファンの質がひどいのか? それもあるのかもしれませんが...... きっと見るほうにも見せるほうにもおおらかさと節度が足りないということなんでしょうか。


それに対してタイアーティストの時間になればこのおおらかさ(笑)お国柄と諸事情があるにせよこんなところにもタイという国のお国柄が感じられて、あの国にいるときになぜあんなにも心がリラックスできるのか、日本にいるとなぜこんなに心が窮屈なのかの理由が少し分かる感じがしました。




さて、2番手は一番楽しみにしていたパオワリー・ポンピモンです。(PAO-Paowalee Pornpimon พรพิมล เฟื่องฟุ้ง)
ルークトゥンというジャンルの音楽の歌手ですが、このルークトゥンは歌謡曲を演歌のようにこぶしを回して歌う独特のスタイルが魅力な音楽です。と言っても実際にはものすごく幅の広い音楽で、懐かしい昭和歌謡のような曲からポップなもの、また時には子守唄のようにゆったりしたものやディスコミュージックっぽいものまであります。もう何がルークトゥンでどこからがそうでないのかもうよく分からないのですが、タイ独特のメロディーのゆったりした曲なんかはほんとうに心に染み入ります。


そして今回は初めて生で聴いた”本物のルークトゥン”でもあります♪ もう最初から終わりまで、感動しっぱなしでした。いつかタイでルークトゥンやモーラムを心ゆくまで聴いてみたいものです。




元気いっぱいで表情豊かなパオワリーですが、オーディションからいきなり映画の主役を射止めたシンデレラガールなんだそうです。しかもその映画がルークトゥンの大スターであるプンプアンの生涯を描いたもので、もうルークトゥン界の後の世代の大スターへの道まっしぐらだとか。

ちょうど今日その映画のDVDがタイから届いたので、週末にゆっくり楽しんでみたいと思います♪ 映画の中で歌うパオワリーが楽しみです!




タイのアーティストはみんなそうですが、ファンに対して本当に気さくに接してくれます。




こんな風に接してしまったら、もうダメですね......

一発でファンになっちゃいますよ(笑)




僕も2日目のコンサートの後に、ほんの少しパオワリーと言葉を交わす機会に恵まれました。といってもCDにサインを求めただけなんですが......(^^;

でも、パオワリーはとっても気さくににこやかに応対してくれて、一緒に写真にも写ってくれました♪

もう感動でした〜(*^^*)




3番手はゲーム・ウィチャヤニー。(GAM-Wichayanee Pearklin,แก้ม-วิชญาณี เปียกลิ่น)

昔、日本にあったオーディション番組のスター誕生のタイ版みたいなTV番組「The Star」の第4期チャンピオンなんだそうです。この番組出身の歌手は名前の後ろに「The Star」の称号がつくそうで、このゲーム・ウィチャヤニーの場合は 「Gam The Star」ということになるようです。


このゲーム・ウィチャヤニーも歌が上手かったです。




もちろんファンサービスも充実です♪




最後はパラポン。2年前にもタイフェス大阪に来てくれました。さすがタイの大スターだけあって貫禄十分。ていうか、ちょっと太りましたね(笑)




もうさらりと淡白に歌っているようでもファンの盛り上がりは相当なものでした。ファンサービスも長くて半分以上は観客の目の前で歌ってたのでは?というくらい。




大阪城をバックにたくさんの観客が楽しみました。




そして日も暮れて、盛り上がりは最高潮に!




2日目の写真から、コンサートに見入る可愛い女の子。




最後には出演アーティスト全員でのパフォーマンス。




いちばんノリノリだったのは元気キャラ全開のパオでした♪




そんな1日目の興奮も覚めやらぬまま、2日目も見に行きました。この日は雨なので人手も少なくタイ料理にありつけました!もう着くなりビアシンとタイ料理でいい気分です♪




今回タイフェスの直前までは2日間とも雨の予報でした。それがずれて1日目は最高の天気だったので、この2日目はおまけみたいなもの。贅沢はいえません。2年前の台風の中でのタイフェス名古屋に比べればまったく問題なしです(笑)




雨でお客も少なめなためか、屋台のタイ人たちも余裕があります。頭にビアシンさしてるのが面白くて写真撮っていいか聞いたら、わざわざもう一人呼んでポーズを決めてくれました!




さて、夕方になってコンサートがはじまります。この雨の中見に来るお客はレインコート着て気合が入ってる人も多いです(笑)

写真はとなりにいたナットのファンの方。ミニ電光掲示板で応援とはすごい!夜にはアーティストからきれいに見えることでしょう。




そして今夜もパオワリーに注目です。

もう可愛いし歌うまいし性格いいし、まいったなぁ〜




この日は雨でカメラを持参しなかったのでiPhoneで撮影です。4Sは暗いところに弱いですねぇ......(^^;












コンサート終了後には、雨で中止になったサイン会の変わりにテントの下でファンサービスしてくれたアーティストたち。僕もパオにお願いしてCDにサインしてもらいました。名前まで書いてもらって感激です♪
もちろんその後はパオと家内と僕との3人で記念撮影。暗い中でiPhoneのインカメラで撮ったので画質が酷すぎて悲しかったけど、ほんとうにいい思い出になりました。


ありがとう、パオ!






さて、そんなタイフェスから数日が過ぎて、YouTubeに動画がいろいろアップされました。そんな動画を今見てみるとあのときの感動が蘇ってきて、家内と聞き入って反芻してしまいます。動画をアップされた方には本当に感謝です!

そして、タイ語が読めない僕はCD買っても曲名すら分かりませんが、「タイ式エンタテイメントの楽しみ方」さんで紹介されていたので転記させていただきました。なんにも知らずに聴いている僕ですが、こちらでは曲の内容とか紹介されていてとても楽しめました。(2013.5.28追記)




1.นักร้องบ้านนอก ナック・ローン・バーン・ノーク(田舎の歌手)

1曲目はもう出だしからその声量とこぶし回しにやられました。





2.กระแซะเข้ามาซิ クラッセ・カオ・マー・シ

いろんなアーティストがカバーしているこの曲はノリが最高で大好きな曲です。





3.กรุณาอยู่ในระยะของความคิดถึง カルナー・ユー・ナイ・ラヤ・コーン・クワーム・キットゥン

これが僕のパオに対するイメージが決まった曲。もう最高に好きな曲になりました。






4.สาวนาสั่งแฟน サーオ・ナー・サーン・フェーン

僕のイメージするルークトゥンとはこんな感じ。もうこぶしが命(笑)





5.ห่างหน่อยถอยนิด ハーン・ノイ・トーイ・ニット

ノリノリのこの曲は昭和っぽい〜





6.สมหวังนะจ๊ะ ソムワン・ナ・ヂャ

振り付けが最高に可愛く元気いっぱいでパオにぴったり♪





最後は4人で。楽しいい時間をありがとう〜




ここからは二日目のコンサート何度見てもいいなぁ〜




1.นักร้องบ้านนอก ナック・ローン・バーン・ノーク





2.กระแซะเข้ามาซิ クラッセ・カオ・マー・シ




3.ห่างหน่อยถอยนิด ハーン・ノイ・トーイ・ニット




4.สาวนาสั่งแฟน サーオ・ナー・サーン・フェーン 




5.กรุณาอยู่ในระยะของความคิดถึง カルナー・ユー・ナイ・ラヤ・コーン・クワーム・キットゥン 




6.สมหวังนะจ๊ะ ソムワン・ナ・ヂャ


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment Edit

管理者のみに表示
or