次から次へと、なかなか落ち着きません

2010/07/16


最近、なんかラーメンが食べたくて......
今日はコッテリスープを頼んだら、うまかったけどちょっと胃の調子が......(^^;

歳には勝てません。



今日は朝の涼しいうちからちょこっと作業。まずは最近スベリ気味のサイドブレーキの調整。ジャッキアップついでにキングピンのグリスアップ。
そして、下開きリアフードステーをつけたらフードの開き止めワイヤーが短くて届かなくなったので、別なワイヤーを継いで延長。



いい具合になりました。

夕方、数ヶ月ぶりの洗車をしてたら、雷と雨。雨に打たれながらも洗剤で車体をこする。軽くすすいで終了。日が暮れそうになった頃には雨が上がったので、薄暗い中車体にハンドワイパーかけて拭いて、ワコーズの簡単WAXもかけました。最後に近所を一周して細部に風を通して今日は終了。


あとはオイル交換したらすっきりと言いたいところだけど、ワイパーが壊れました。モーター音はしてるけど、アームは左右とも動きません。どういう構造かわからないけど、モーターとアームの連結が途切れてるみたい。明日にゆっくり見てみるとしよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

雨の散歩

2010/07/14


ひょこっと降って湧いた休日です。
今月は前半がほとんど休めなかったったので、明日出たらまた2日休みと、今週はゆったり出来そうです。それでも規定の日数は休めてないけど......(^^;

そんな休日の今日はもちろん朝から雨です。ひさしぶりに布団から出ずにグズグズと過ごし、HDに溜まってるドラマを見て、小腹が空いたらカバ吉の近所散歩です。



奥様タイムのフランシーズですが、なんとか端っこに駐車できました。久々のケーキです。



ここのケーキは味はともかく見た目がいつも新鮮です。行くたびに旬の果物をつかったきれいな目新しいケーキが眺めてても楽しいです。
そんな中から今日選んだのは、白桃のタルト。本当はもっとおフランス風なネーミングだったけど、忘れました(笑)

十分に熟れた甘さたっぷりの桃が最高でした。



家内が選んだのは、「深井の森」というロールケーキ上にフルーツを並べたもの。これも一瞬狙ったんだけど。



ここフランシーズは注文したケーキとお茶を楽しんだ後に、サービスでクッキーと玄米茶が振舞われます。この玄米茶がなんかゆったりした気分にしてくれます。



そんな時間を楽しんだ後、店を出るととなりにカングーがいました。



外ではカバ吉が雨に打たれてるわけですが、この下開きリアフード、ちょこっと中に雨が入るようです。カバ吉はマフラーに巻かれてるバンテージが濡れるともうもうと煙が出るので、そのあたりに水が入らなければいいのですが。



帰りに寄ったスタンドで。チンクはボンネット内も濡れます。ファンベルトの包装が濡れて乾いてを繰り返してもうヘロヘロです(笑)
ここに非常用の「FIAT500 ONLINE-MANUAL製本版」を入れてるのは失敗でした......(^^;



前から気になってたボンネットロックが引っかかる穴ですが、錆と擦れで削れてきてました。
ボンネットには工具や予備パーツなども入れてるので、給油以外にもけっこう開け閉めします。このままだとどんどん削れていつかまた走行中にボンネットが開きそうなので、つめのあたる部分を薄いステーで包みました。最初は穴あけてビス止めしようと思ってましたが、あまり強度がなさそうで穴なんかあけたら余計に弱くなってしまいそうなんで、いまは両面テープで軽くひっつけてます。これでもしっかりとロックされてるし、またいつか貼り替えもしやすいしでOKかな。



そんな雨のドライブですが、ダンパー閉めても温風が漏れ吹くチンクの車内ですから、人間二人乗ると今の気温でも蒸します。そこで活躍するのがリアにつけた扇風機。後ろから首元に風を送ってくれるので、かなり快適です。ただ、この扇風機の配線とエアークールシート2個の配線をセットにして同じ電源から取ってるので、扇風機を付けるとエアークールシートが止まってしまいます。

なんとかせねば......(^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

チンクに BOSE 101RDスピーカー

2010/07/12


たしか京都チンク会でだったかTSMでだったかで、チンクに載せるのはスペース的無理だと思っていたBOSEの101RDというスピーカーを積んでいる車体がありました。

一度は載せようかと思いつつも、まさかこんな位置に載せれるとは思わずにあきらめていたので、実際にチンクに積まれてるのを見てそのうちゲットするぞと安い出物を物色していましたが、ついに折り合いのつく値段で入手できました。



かなりすっきり載ってます。チンクに載せるにはかなり大きなものですが、思いのほか違和感を感じません。デザインがシンプルでスッキリしているせいでしょうか?



車内騒音車のチンクでカーステの音質を求めるのはナンセンスかもしれませんが、やはりちゃんと聞こえて欲しい。そしてできるなら高音も低音ももう少しバランスよくなって欲しい。そう思って最初はフロントは10cmのセパレートでウーハーをドアマウント&デッドニングとやらをしようかと考えましたが、うちの子はなぜか片方だけドア内側の前方のパネル穴に補強が入っていて絶望的でした。とはいえそこそこの箱型のスピーカーを治めるのは無理がありそう。そんなときにこの先細り型の101RDが候補に上がりましたが、とても大きさ的に無理だと思ってました。

実際に乗せて鳴らしてみて、かなり満足です。カーステのアンプで鳴らしても、以前に比べれば十分中低音がなってるし、音量上げても以前みたいにキンキンしない。騒音のせいで現代車で聞くようにはいかないけど、左右の窓を閉めればこだわりのゆるい私には十分な音です。

中高音のみだったところから、中低音まで鳴るようになりました。あとはいつかナジさんお勧めのSONYのサブウーハーと、適当なツイーターを載せてみたいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

下開きリアフードの効果と油温

2010/07/12


リアフードを下開きにしてから、熱的に少し楽になった感のあるカバ吉号ですが、昨日の京都行きでは高速を使って巡航したので、どのくらいの温度か楽しみにしていました。

しかし、針の刺す位置は最終的には以前と変わらずといった感じでした。しかし、なぜかオイルがへたった感がない。以前ならもう十分にパワーダウンしているはずなんですが、そのままノンストップで高雄まで走り、パークウェイを登っても、いつもみたいなヘロヘロ感はありませんでした。



さらに驚きなのは、以前だとここまで上がった油温は休憩でもしないかぎりはほとんど下がること無かったのに、高速降りて京都市内を抜ける間に少しづつ油温計の指示値は下がり、パークウェイ走行中にはここまで下がりました。
そして、TSM会場に着くなり油温を実測してみましたが、オイルパンの底の冷えてるところで85℃度くらい、バッフルプレート上の高いところでも94℃と、自宅から1時間半の走行後でも問題ない温度でした。

この結果をいろいろ想像してみるに、もしかしてもともとの状態でもオイルの温度に問題は無かったのかも? そして、パワーダウンの原因もオイルは関係なかったりして? そしてさらに想像するに、パワーダウンの原因はオイルでなく点火コイルの過熱だったりはしないだろうか?

今回のリアフードの下開きで一番恩恵を受けそうなのが、マフラーの側でいつもは過熱してそうな点火コイルでは? あんまり熱くなり過ぎると性能に影響が出るとも聞いたことあるし。もう1度もとのフードに戻して、点火コイルの位置を涼しいところに移して試してみたいなぁ。まぁ、冬までにはリアフードを戻すつもりなので、来年の春に実験してみるとしよう。

あ〜、でも気になるなぁ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

雨のTSMと、京都ランチツアー

2010/07/11


今日は8日ぶりの休み。TSMの日だけど雨だし、昨日はGeorge"bb"Sundayさんや高石チンクさんとダベリ会してリフレッシュできたしで、ゆっくり朝寝坊のつもりが6時半には目が覚めた。そしたらもう頭の中はチンクで一杯。今のところは雨も降ってないし、今からあれをこうしてその間に家内に身支度させてと妄想が広がり
、6時台から車弄りを始めた私......(^^;

予定の作業とオイル補充、空気圧チェック(今日はちょっと高めにしてみた)を終えて、汗を流して朝食とってさぁ出発。
なんだかんだで8時半になっちゃった......



家を出るとすぐに小ぶりの雨。うちの夫婦がそろってレジに並ぶとレジ紙が詰まり、外に出ると雨が降る。今日も5分ほど走ったら雨が降り始めました(笑)
でも道中はほとんどやんでいて、ルーフ開けて快適なドライブでした。高雄のパークウェイにはいってもまだ雨は大丈夫だったのに、高雄ゲートの会場に近づくあたりからポツポツと雨が......(^^;

どうもすみません。



そんなこんなで閑散とした、もとい、静かな時間の流れるTSMでした。



まずは白いFのIさんをみつけて駐車するも、カバ吉以外に旧2台、NEW2台.......だいぶ寂しい。



George"bb"Sundayさんの500はアルファの列の中に。



ジャルディニエラのSさんがこられて、ようやく旧は4台。
なんと今日はこのジャルディーを試乗させていただきました。

セダンタイプとはかなり乗り心地が違うとのことで、ぜひどうぞと。他の車に乗らせてもらうのはかなり緊張するので、まずは駐車場を小さく一回り。登りも体験してみてということで、恐々パークウェイを登ってみると、あれ、なんか違う。650なのでかパワー感とネバリがあるけど、重さを感じました。でも高雄口からの最初の登りは3速でほとんど登りましたから十分ではありますね。そして、Uターン出来るポイントまでクネクネとワインディングを走ると、またまたあれれ?なんかめっちゃ安定感がある。これはすごい驚きです。ちょろちょろと軽快というか落ち着きのない(ジャルディーと比べてだけど)セダンタイプのカバ吉とはコーナーのフィーリングがまるで別物でした。なんかセダンがチョロチョロって感じだとすると、ジャルディーはもっとしっとりとしてました。ホイールベースもそんなに大きな差ではないはずなんだけど、コレだけ違うとは、面白い体験をさせていただきました。でも、Uターンしてかえるころには少し感じになれて、やっぱり同じチンクだなと安心して運転できました。

Sさん、どうもありがとうございました。
今日は雨が酷くなってしまったけど、今度はうちのカバ吉にも乗って感想聞かせてくださいね。あっ、George"bb"Sundayさんにも乗ってもらって感じの違いをお聞きしてみたいです。



さてイタ車特集の今回、他のお仲間をみてみましょう。

まずは、ムルティプラの狼さんです。
たしかに、狼だー(笑)



前にも拝見したことのあるFIAT850。
いい色ですねぇ。



リアトランクを開けるとエンジンって、何度見ても新鮮な感じがします。



ふむふむ......



はじめて見た、FIAT ウーノターボ。



ウーノって、イタリア語で1でしたよね?



サソリ付きです。



ちょっと旧パンダに似てますね。



直線的でかえって新鮮かも。



ウーノのとなりはリトモだったかな?



家内が自分で乗るならコレ! という水色のビートル。



やっぱりこの形も好きだなぁ。



ほんとうに独特なスタイルで、現代車のNEWビートルでもひと目でビートルって分かるところがほっとします。現代車をサブに買うとしたら、今のところNEWビートルのカブリオレかNEW500Cがいいなぁ。



どこから見てもビートルだなぁ。この形、個性の塊ですね。
もしお金持ちになれたら家内に買ってあげるとしましょう......(^^;



何度見ても心躍るヨーロッパ。世代ですね(笑)



このペッタンコ加減が最高。



縁取りのラインがまたエレガント。
この角度、好きだなぁ。



なんとも頼りなさそうなリアの視界。
薄さのためならって感じで、その割り切り度がすごい。

そんな雨のTSMでした。



ここでまた羊毛カバと再会。

今日は羊毛ジオラマで羊毛ストラトスをブッチギリです!

製作された彩輪堂さんのブログでも先頭を走ります(笑)



今日は晴れてうちの家族となりましたー!



終盤は雨も酷くなり、テントに避難してのおしゃべりです。
まずは彩輪堂のSSPGさんと、さらなるミニカバの改修の話からいろいろとダベらせていただきました。かたづけ中に邪魔してしまいましたが、楽しかったです。ありがとうございました!



そして残るチンク仲間、ジャルディーのSさん夫妻とGeorge"bb"Sundayさん、そしてカメラ目線のブロンソンです(笑)
おとなしくいい子にしてましたねぇ。

相談してSさんお勧めのお店へ昼食ツーリングに。



羊毛カバもカバ吉に乗り込み、さあ出発です。



Sさんの先導で、走って楽しい京都観光ツーリングです。
なかなか雰囲気のいい道を選んで先導していただけたようで、車内から京都らしい景色が楽しめました。



前にジャルディー、後ろはGeorge"bb"Sundayさんの500です。
今日も前後をチンクに挟まれて幸せでした!



途中、突然路肩に止まるSさん。
なんでもいつもはものすごい行列で買う気のしない人気の和菓子屋が空いてるとのことで、お買い物タイムです。



出町ふたばというこのお店、豆餅で有名だそうで、それとさらにくず餅を買いました。

実は帰りの道中でおやつに食べちゃいました。塩味の効いた豆餅の豆、これがなんとも食感も味も最高でした。甘さ控えめな落ち着いた味で、これは繁盛するわけだと。くず餅もイケました。でも2つでもお腹膨れますねぇ。



さらに走って鴨川沿いに。
雨でもいい景色。



ちょっとだけ山道にかかって



遠くには霧のかかった山が幻想的に



その先に目的地がありました。

DOLFというこのお店、街自体がちょっとハイソな感じのすごく雰囲気のいいお店でした。



私が食べたのは煮込みハンバーグのランチですが、ソースもおいしくハンバーグは厚めのものが2個入りでした!
お手ごろ価格でボリューム感のある昼食は大満足でした。

そこからはいつものエンドレスなダベリ会です。
今日も粘りました〜(笑)



そんな楽しい時間もあっという間で、雨が小降りになったタイミングでそろそろ帰路へと。
Sさん、楽しいルートの先導に、お話にと、お付き合いいただきありがとうございました。また遊んでくださいね!



George"bb"Sundayさん、二日連チャンお疲れ様でした。
次回も楽しみにしてますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
« PREV | HOME | NEXT »